@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

Content ID に関する申し立てに対して異議申し立てを行う

動画が Content ID の申し立てを受けていて、次のような正当な理由がある場合は、異議を申し立てることができます。

  • 動画でコンテンツを使用するために必要な権利をすべて所有している。
  • 著作権の例外に該当する方法(フェアユースなど)でコンテンツを使用している。
  • 動画が誤認識された、またはエラーが発生したと思われる。
著作権侵害の警告は Content ID の申し立てとは異なります。チャンネルが著作権侵害の警告を受けた場合は、著作権侵害の警告に関する記事で詳細をご確認ください。

Content ID の申し立てに対して異議申し立てを行うと、動画に申し立てを行ったユーザー(申立人)に通知が送られます。申立人には 30 日間の回答期限が与えられます。

異議申し立てを行う前に

Content ID の申し立てに対して異議申し立てを行う前に、パブリック ドメインや、フェアユースまたはフェア ディーリングなどの著作権の例外に関する詳細を確認することをおすすめします。以下は、異議申し立てを行う正当な理由に該当しないことにご注意ください。

異議を申し立てない場合、申し立てを受けたコンテンツを動画から削除するなど、その他の方法で Content ID の申し立てを解決することができます。

最終的には、異議申し立ての是非について YouTube は判断できません。判断がつかない場合は、異議申し立てを行う前に法律の専門家にご相談することをおすすめします。

申し立てが行われたコンテンツを使用するために必要な権利をすべて所有していると確信している場合のみ、異議申し立てを行うようにしてください。異議申し立てを繰り返し行ったり、不正に行ったりすると、ペナルティが科される場合があります。

異議申し立てを送信する

Content ID の申し立てに対して異議申し立てを行うには:

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューから [コンテンツ] を選択します。
  3. [動画] タブで、異議申し立てを行う動画を探します。
    • フィルタバー 次の操作 [著作権の申し立て] をクリックすると、動画を簡単に見つけることができます。
  4. [制限] 列の [著作権の申し立て] にカーソルを合わせます。
  5. [詳細を表示] をクリックします。
  6. [この動画で特定されたコンテンツ] セクションにアクセスし、関連する申し立てを見つけて [アクション] Three-dot menu vertical次の操作 [異議申し立て] をクリックしてください。
: 動画をブロックする Content ID の申し立てに対しては、再審査請求にエスカレーションするオプションを使用することもできます。この場合、初回の異議申し立て手続きが省略され、再審査請求の異議申し立て手続きが開始されます。詳しくは、再審査請求にエスカレーションするオプションに関する記事をご覧ください。

異議申し立てを行った後

異議申し立てを提出すると、動画に申し立てを行ったユーザー(申立人)に 30 日間の回答期限が与えられます。

申立人の取れる対応
  • 元の申し立てを取りやめる: 申立人がお客様の異議申し立てに同意する場合は、元の申し立てを取りやめることができます。対象の動画を収益化していた場合は、申し立てが取りやめられると自動的に収益化の設定が復元されます。詳しくは、Content ID に関する異議申し立て中の収益化をご覧ください。
  • 申し立てを復活させる: 申立人がそれでも申し立てが妥当だと考える場合は、申し立てを復活させることができます。これは、お客様の異議申し立てが却下され、動画に対する申し立てが維持されることを意味します。お客様はこの決定に対して再審査を請求することができます。
  • 削除通知を送信する: 申立人がそれでも元の申し立てが妥当だと考える場合は、著作権侵害による削除通知を送信できます。削除通知が妥当な場合、動画は YouTube から削除され、チャンネルは著作権侵害の警告を受けます。詳しくは、著作権侵害の警告を解決する方法に関する記事をご覧ください。
  • 申し立てが期限切れになるまで待つ: 申立人から 30 日以内に回答がない場合は、動画に対する申し立てが期限切れとなり、取り下げられます。

 

異議申し立ての手続きについて詳しくは、この動画の「Content ID への異議申し立てプロセス」をご覧ください。

Content ID の申し立てと異議申し立てのプロセス: Studio での申し立ての管理と対応

 

よくある質問(FAQ)

異議申し立てが却下されるとどうなりますか?
異議申し立てが却下された場合、動画に対する申し立ては維持されます。それでも申し立てが無効だと考える場合、その決定に対して再審査を請求できます。詳しくは、Content ID の申し立てに対する再審査請求に関する記事をご覧ください。
異議申し立て中にいつでも、申立人は著作権侵害による削除通知を送信できます。送信された削除通知が妥当な場合、動画は YouTube から削除され、チャンネルは著作権侵害の警告を受けます。
申立人が最初の異議申し立てと再審査請求の両方を審査するのはなぜですか?

YouTube は所有権の有無を判断できないため、申立人が最初の異議申し立てと再審査請求の審査を行います。YouTube は、どのコンテンツにライセンスが適切に付与されているかを把握しておらず、どのコンテンツがフェアユースやフェア ディーリングなどの著作権の例外に該当するかも判断できません。

再審査請求の手続きでは、申立人による徹底した動画の審査が行われます。これは、申立人が申し立てを復活させる場合、動画の削除を維持するために著作権侵害による削除通知(法的手続き)を提出する必要があるためです。その後、お客様が異議申し立て通知の提出を決定した場合、申立人は、動画の削除を維持するために訴訟を提起する必要があります。

「異議申し立て」と「再審査請求にエスカレーションする」オプションの違いは何ですか?

最初の異議申し立てオプションでは、申立人に、異議申し立てに対する最大 30 日間の回答期限が与えられます。申立人が異議申し立てを却下した場合、お客様はその決定に対して再審査を請求できる場合があります。この場合、申立人には、再審査請求に対する 7 日間の回答期限が与えられます。

「再審査請求にエスカレーションする」オプションは、動画のブロックを請求する Content ID の申し立てにのみ使用できます。このオプションでは、申立人に 30 日間の回答期限を与える最初の異議申し立て手続きが省略され、再審査請求手続きが開始されます。手続きをより迅速に解決できるように、申立人には 7 日間の回答期限しか与えられません。

申立人が再審査請求を却下した場合、申立人は著作権侵害による削除通知を送信できます。削除通知が有効な場合、動画は YouTube から削除され、チャンネルは著作権侵害の警告を受けます。削除通知が無効であるという確信がある場合は、異議申し立て通知を送信できます。

1 つの動画に対して Content ID の申し立てが複数回行われることはありますか?
はい、1 つの動画に対して Content ID の申し立てが複数回行われることがあります。また、1 つの動画に対して削除通知が複数回行われることもあります。ただし、著作権侵害の警告が発せられるのは一度に 1 回だけです。
Content ID の申し立てに対して異議を申し立てない場合、どのように解決すればよいですか?
異議を申し立てない場合、申し立てを受けたコンテンツを動画から削除するなど、その他の方法で Content ID の申し立てを解決できます。
異議申し立てを提出した後に取り消せますか?
いいえ、一度提出された異議申し立てを取り消すことはできません。
 

詳細

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
59
false
false