Content ID に関する申し立てに対して異議申し立てを行う

自分の動画に対して Content ID による申し立てを受け、それが誤りであると思われる場合は、異議申し立てを行うことができます。Content ID による申し立てに対して異議申し立てを行うと、著作権者に 30 日間の回答期限付きで通知が送られます。

著作権侵害の警告を受けた場合は、この記事に記載された手順ではなく、著作権侵害の警告に関する基礎知識に記載された手順で対応してください。

システムによる誤認のために自分の動画が Content ID に関する申し立てを受けていると思われる場合、または著作権で保護された該当コンテンツを使用する権利をすべて所有している場合には、異議申し立てを行うことができます。

異議申し立てを行う

異議申し立てを行う前に知っておくべきこと: フェアユースまたはパブリック ドメインのいずれかの理由で異議申し立てを行う場合は、事前にこれらの仕組みをよく理解しておいてください。お客様が異議申し立ての是非について判断するうえで、YouTube が助言することはできません。判断がつかない場合は、お客様ご自身で法律の専門家にご相談ください。

異議申し立てを行うことができるのは、動画でコンテンツを使用するために必要な権利をすべて所有している場合のみです。異議申し立てを繰り返し行ったり、不正に行ったりすると、ペナルティが科される場合があります。

動画の収益化が有効になっている場合で、かつ Content ID の申立人も同様に動画の収益化を希望する場合、異議申し立ての手続きがすべて解決するまで、YouTube では引き続き動画に広告を掲載します。詳細については、Content ID に関する異議申し立て中の収益化をご覧ください。
異議申し立てを行う方法
  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューで [動画] を選択します。
  3. [収益化] 列が表示されている場合は、この列の下に表示されている各動画の横にある [著作権侵害の申し立て] をクリックします。この列が表示されていない場合は、[公開設定] 列の下にこのオプションがあります。
  4. [著作権侵害申し立ての詳細を表示] をクリックします。
  5. [動画の著作権情報] ページに移動します。このページでは、動画の中のどの要素に対して誰が申し立てをしているのかを確認できます。
  6. [操作を選択] の下の [異議申し立て] をクリックします。

従来のクリエイター ツールの手順

  1. YouTube にログインします。
  2. 右上のアカウント アイコンをクリックします。
  3. [クリエイター ツール] > [動画の管理] > [著作権情報] をクリックします。
  4. 異議申し立てを行う動画の横にある著作権記号 をクリックすると、動画の中のどの要素に対して誰から申し立てを受けたのか確認できる情報が表示されます。
  5. [異議を申し立てる] をクリックし、該当する項目に記入して異議申し立てを提出します。
異議申し立てを行った場合の経過

異議申し立てを提出すると、著作権者には 30 日間の回答期限が与えられます。異議申し立てを受けた著作権者は、次のような対応をすることができます。

  • 申し立てを取りやめる: 著作権者が異議申し立てに同意する場合は、元の申し立てを取りやめることができます。対象の動画を収益化していた場合は、申し立てが取りやめられると自動的に収益化の設定が復元されます。
  • 元の申し立てを維持する: 著作権者がそれでも申し立てが有効だと考える場合は、元の申し立てを維持できます。誤った判断で申し立てが維持されていると思われる場合は、著作権者の決定に対し再審査請求を行うことができます。
  • 動画を削除する: 著作権者は、動画を YouTube から削除するようリクエストを送信できます。削除が決定された場合は、お客様のアカウントに対し著作権侵害の警告が発行されます。
  • 何もせず、申し立てが期限切れになるまで待つ: 著作権者から 30 日以内に回答がない場合は、動画に対する申し立てが期限切れとなります。その際にお客様側でなんらかの手続きが必要になることはありません。

申し立てを受けた動画に広告が掲載されている場合は、Content ID に関する異議申し立て中の収益化についてもご覧ください。

ポリシーがブロック(YouTube での動画視聴を禁止する)または追跡(広告なしで動画の視聴を許可する)に設定されている場合、異議申し立てが解決するまでこれらのポリシーは一時的に解除されることがあります。詳細については、ポリシーと申し立ての基本をご覧ください。この期間中、お客様の動画は収益化の対象にはなりません。

異議申し立てが拒否された場合の再審査請求

Content ID に関する申し立てに対してすでに異議申し立てを行っている場合で、かつ著作権者が誤って申し立てを続けていると思われる場合は、その決定に対して再審査を請求できます。

拒否された申し立てについて再審査を請求する方法

YouTube Studio の動画の著作権情報ページで異議申し立てを送信したときと同じ場所に、再審査を請求するオプションが表示されます。

従来のクリエイター ツールの手順

[動画の管理] で異議申し立てを送信したときと同じ場所に、再審査を請求するオプションが表示されます。

 アカウントの使用年数などの制限事項により再審査を請求できない場合があります。また、まだアカウントの確認が完了していない場合は、確認を行う必要もあります。拒否された異議申し立ての再審査を請求する機能を使用できるかどうかは、アカウントの機能一覧のページでご確認ください。

再審査請求を行った場合の経過

拒否された異議申し立てに対する再審査請求を行うと、著作権者には 30 日間の回答期限が与えられます。再審査請求を受けた著作権者は、次のような対応をすることができます。

  • 何もせず、申し立てが期限切れになるまで待つ: 著作権者から 30 日以内に回答がない場合は、動画に対する申し立てが期限切れとなります。その際にお客様側でなんらかの手続きが必要になることはありません。
  • 申し立てを取りやめる: 著作権者がお客様の再審査請求に同意する場合は、元の申し立てを取りやめることができます。お客様は何もする必要がありません。
  • 動画を直ちに削除するようリクエストする: 著作権者がそれでも元の申し立てが有効だと考える場合は、動画を YouTube から削除するリクエストを送信できます。この場合はお客様のアカウントに対し著作権侵害の警告が発行されます。それでもご自身がコンテンツに対する権利を所有していると思われる場合は、この時点で異議申し立て通知を提出できます。
  • 動画を削除する時期を指定する: 削除を行う時期を指定した削除リクエストを著作権者が発行した場合は、7 日以内に再審査請求を撤回すれば、お客様の動画は削除されず、動画に対する申し立ては有効なままになります。

再審査請求を提出した後に取りやめることもできます。その場合は異議申し立てを行ったページで [再審査請求を撤回する] をクリックします。再審査請求を撤回すると、もう一度異議申し立てを行うことはできなくなりますのでご注意ください。

Content ID に関するその他の情報

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。