効果的な動画広告を作成するためのヒント

Google 広告で使用できる動画広告のフォーマットはいくつかあり、それぞれ独自の方法でユーザーを引き付けるクリエイティブなメッセージを作成することができます。このため、対象ユーザーについてよく把握し、アピールする最良の方法を検討することが重要です。ここでは、動画広告全般に共通する基本的なパーツであるコンテンツとテキストについていくつかのヒントを紹介します。

どんな場合でも常に大切なのは、魅力的なコンテンツを用意することです。また、手持ちの関連動画(または動画広告に特に関連するウェブサイト上のコンテンツ)にトラフィックを誘導することができれば、コンテンツを気に入ったユーザーにリピーターになってもらうことができます。

効果的で関連性の高い広告を作成するためのヒントを、以下、広告フォーマット別に説明します。

  • TrueView インストリーム動画広告
  • TrueView ディスカバリー広告

TrueView インストリーム動画広告

インストリーム動画広告キャンペーンを調整する

インストリーム動画広告では、他の動画コンテンツの最初または途中に広告を挿入することができます。この手法はブランディング メディアとして優れていますが、コンバージョン率は往々にして他のオンライン フォーマットより低くなります。キャンペーンから最大限の効果を引き出すための方法をいくつかご紹介します。

  • 広告からのトラフィックを、別の動画コンテンツを含むブランドの YouTube チャンネルやウェブサイトに誘導します。ユーザーを引き続き動画に誘導することで、ユーザーのエンゲージメントを高める効果を見込めます。
  • ランディング ページは広告のコンテンツと関連性の高いものにします。YouTube のランディング ページの場合、Google 広告のリマーケティング コードでタグ付けされたページやブランド チャンネルにユーザーを誘導することを検討してください。ブランドの露出を増やし、ユーザーにメッセージを表示する頻度を高めることができます。
  • 広告には行動を促す明確なフレーズを含め、ブランドに合った色やフォントを選びます。
  • 広告の表示回数が著しく制限されるため、キーワード ターゲットは使用しないでください。
インストリーム動画広告のコンテンツをクリエイティブなものにする

ユーザーは 5 秒経つと視聴をいつでもやめることができるため、ユーザーの目を引きつけて離さない魅力的な動画を作成しましょう。最後までユーザーに視聴してもらうために、次のヒントをお試しください。

  • 短くて効果的な動画を心がけます。最も重要なメッセージは、ユーザーが途中で視聴をやめても伝わるよう、動画の早い段階に含めます。再生率は 45 秒を超えると急激に低下します。
  • 動画がサイトのユーザーへの唯一の情報伝達手段であるため、商品やサービスの内容を明確に伝えるようにします。
  • 動画の視聴を終えたユーザーが取るべき次のステップを明確に提示します。次のステップとは、たとえば商品の購入、ウェブサイトや店舗の訪問などです。

TrueView ディスカバリー広告

YouTube はウェブ上の動画コンテンツを通して新しいユーザーを獲得する有効な手段であると同時に、有益なコンテンツの提供やコミュニティへの参加(ユーザー同士の交流や話題の共有)に価値を置く、コミュニティ主導のソーシャル メディア ネットワークでもあります。YouTube から最大限の効果を引き出すためには、YouTube ユーザーとの信頼関係を築くような動画コンテンツを作成する必要があります。これは従来的な広告主とユーザーの関係を超えるものです。広告のみが含まれる動画コンテンツのプロモーションは、ブランドに対するユーザーのエンゲージメントを強化する上で逆効果となることさえあります。

ここでは、YouTube コミュニティに相応しく効果的な TrueView プロモーションの作成ガイドラインを説明します。関連性の高いキーワードや広告テキストを使用すると、手頃な費用でユーザーに動画コンテンツを表示することができます。目標を達成するためには、複数のキーワードやプロモーション テキストをテストすると効果的です。

プロモーションの対象

プロモーションを作成する際は、事前に YouTube の広告ポリシーをご確認ください。TrueView 動画広告では、「一般向け」のコンテンツのみプロモーションが許可されます。現実的なストーリーで魅力的なコンテンツを提供しましょう。コマーシャルでしかない動画では、ユーザーを継続的に満足させ、リピーターとなってもらうことは期待できません。

広告文
  • 広告テキストに一般的なテーマを使うことは避け、プロモーションを見たユーザーがクリックしてコンテンツを再生するメリットを示すようなテキストを心がけます。たとえば、映画の予告編とテレビ広告でどのような表現が使用されているか比較すると、映画の予告編では、ユーザーがストーリーに興味を持ち、続きを見たくなるようなキャッチフレーズや言い回しが使われています。商品やサービスの販売に重点を置くのではなく、ユーザーが動画を再生しようと思うようなテキストにしてください。
  • ユーザーに何らかのアクションを起こしてほしい場合は、YouTube 上で可能な操作、たとえばチャンネル登録、再生、動画レスポンスの録画、コメントなどを行ってもらいます。
  • ユーザーが関連するコンテンツについてどのようにコメントしているかマーケット調査を行い、同様の動画やチャンネル ページに対するユーザーのコメントを確認します。
  • YouTube アナリティクスを使用して、動画のどの部分がユーザーの関心を引き付けているかを把握すると、新しいアイデアの参考にすることができます。
動画を象徴する静止画像

TrueView ディスカバリー広告を作成する際は、動画を象徴する静止画像(サムネイル画像)がいくつか表示され、その中から使用するものを選ぶことができます。これらの静止画像は、プロモーションをクリックする前に YouTube ユーザーがまず目にするものです。コンテンツを最もよく表す画像を使用し、広告文やキーワードもこの静止画像に合ったものにします。

たとえば、サーフィンをしている人の動画であれば、実際にサーフィンをしているタイミングを捉えた静止画像を選択し、サーフィンという語を使用して広告文とキーワードを作成します。これにより、サーフィン関連の動画を検索するユーザーにプロモート動画を表示し、効果的な宣伝活動を行うことができます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。