アルコールの広告

YouTube では、アルコールのブランディングと販売を促進する広告を掲載することができます。ただし、いくつかの制限事項があります(以下で詳しく説明します)。キャンペーンのターゲットとする国は、該当する法律や規則でアルコールの広告が許されている国に限定するとともに、すべての広告が地域で定める規制に合致していなければなりません。

アルコールの宣伝が許可されるには、次の条件を満たしていることが必要です。

  • 掲載対象に設定している各地域で適用されるすべての法規制や業界基準に準拠している。
  • 掲載対象を、法律で飲酒が認められる年齢未満のユーザーに設定していない。
  • 飲酒により社会的、性的、職業的、学問的、またはアスリートとしての立場が向上するかのような表現を含んでいない。
  • 飲酒が健康や病気の治療に効果があるかのような表現を含んでいない。
  • 過度の飲酒を正しい行為として描写したり、暴飲や飲み比べ競争の様子を描写したりしていない。
  • 車種を問わず車両の運転中や、機械の操作中、または慎重さや緻密さが求められるあらゆる作業の実行中に飲酒している様子を掲載していない。
  • 暴力的行為、または品位を落とすような行為をしている様子を掲載していない。

アルコールの度数に関係なく、アルコール飲料と同じように市販されている商品は、アルコールに関するポリシーの対象となりますのでご注意ください。これには、低アルコールやノンアルコールのビール、ワインのほか、低アルコールやノンアルコールのカクテルなども該当します。

アルコール関連の広告主のホームページ、ブランド チャンネル、または動画で年齢制限機能を使用する場合は、Google の年齢制限ポリシーを遵守してください。

詳しくは、Google 広告のアルコールに関するポリシーをご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。