通知

@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

YouTube ショートの収益化ポリシー

YouTube ショートの収益分配は 2023 年 2 月 1 日から開始されました。詳しくは、YouTube パートナー プログラム規定の新しい変更点をご確認ください。

収益化を行っているパートナーは、ショート フィードの動画間に表示される広告から収益を得ることができます。この新しい収益分配モデルは、YouTube ショート ファンドに代わるものです。

YouTube ショートの収益化に適用されるポリシー

YouTube で収益化を行う場合、YouTube のチャンネル収益化ポリシーコンテンツの繰り返しや再利用に関するポリシーを含む)に準拠することが重要です。これには、YouTube のコミュニティ ガイドライン利用規約著作権AdSense プログラム ポリシーも含まれます。

YouTube ショートの広告収益分配を有効にする

YouTube ショートの広告収益分配を開始するにあたり、収益化を行っているクリエイターの皆様に、ショート フィードの広告と YouTube Premium から収益を得るための規約である「ショート動画収益化モジュール」に同意していただく必要があります。YouTube ショートの広告収益分配は、お客様が同意した日から、チャンネルの有効な YouTube ショート動画の視聴回数に適用されます。ショート動画収益化モジュールに同意する前に獲得したショート動画の視聴回数は、YouTube ショートの広告収益分配の対象になりません。

広告に適したコンテンツ

広告で収益化するコンテンツはすべて、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠している必要があります。YouTube ショートでは、広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠しているコンテンツの視聴回数のみが収益分配の対象になります。

対象外となるショート動画の視聴回数

対象にならないショート動画の視聴回数は、お支払いの算出時に除外されます。対象外となるショート動画の視聴回数の例: 

  • オリジナルではないショート動画(他者が制作した映画やテレビ番組の未編集のクリップ、YouTube または他のプラットフォームから他のクリエイターのコンテンツを再アップロードしたもの、オリジナル コンテンツが追加されていないコンピレーションなど)
  • 自動クリック bot やスクロール bot などにより人為的または不正に操作された、ショート動画の視聴回数
  • 広告掲載に適したコンテンツのガイドラインに準拠していないショート動画の視聴回数

YouTube ショートの収益分配対象となる広告フォーマット

最新情報: YouTube ショートの広告収入、YouTube パートナー プログラムの新たな参加基準、ショート動画向け Super Thanks など

収益は、ショート フィードの動画間で視聴された広告から分配されます。ショート フィードからの広告収益(動画再生ページでの長尺動画の収益とは別)は、ショート動画の視聴回数だけに基づいて分配されます。

YouTube ショートの広告収益分配の仕組み

新着動画: YouTube ショート広告の収益分配

ショート動画収益化モジュールに同意した収益化パートナーのみが、YouTube ショートから広告収益を得ることができます。

YouTube ショートの広告収益分配は、次の 4 つのステップで行われます。

  1. ショート フィード広告収益をプールする。 ショート フィードで動画間に表示される広告による収益は月ごとに合算され、クリエイターへの報酬と音楽ライセンスの費用の両方に充てられます。 
     
  2. クリエイター プールを計算する。 ショート フィード広告収益は、収益化を行っているクリエイターがアップロードしたショート動画の視聴回数と音楽の使用状況に基づいてクリエイター プールに割り当てられます。 
    • 収益化を行っているクリエイターが音楽なしのショート動画をアップロードした場合、その視聴回数に関連する収益はすべてクリエイター プールに割り当てられます。
    • 収益化を行っているクリエイターが音楽を含むショート動画をアップロードした場合、その視聴回数に関連する収益は、使用されている音楽トラックの数に基づいてクリエイター プールと音楽パートナーの間で分配されます。
たとえば、収益化を行っているクリエイターが 1 つのトラックを含むショート動画をアップロードすると、視聴回数に関連する収益の半分がクリエイター プールに割り当てられ、残りの半分は音楽ライセンスの費用に割り当てられます。ショート動画に 2 つの音楽トラックが使用されている場合、その視聴回数に関連する収益の 3 分の 1 がクリエイター プールに割り当てられ、残りの 3 分の 2 は音楽ライセンスの費用に割り当てられます。
  1. クリエイター プールを割り当てる。 収益は、クリエイター プールの総収益から、収益化を行っている各国クリエイターのショート動画の総視聴回数に占める割合に基づいて、収益化を行っているクリエイターに分配されます。たとえば、収益化を行っているクリエイターがアップロードした収益化対象となるショート動画全体の視聴回数の 5% が、あるクリエイターに属する場合、クリエイター プールの収益の 5% がそのクリエイターに割り当てられます。
     
  2. 収益分配率が適用される。 音楽が使用されているかどうかにかかわらず、収益化を行っているクリエイターに、割り当てられた収益の 45% が分配されます。

クリエイター プールに含まれないもの:

  • ショート動画収益化モジュールにまだ同意していないクリエイターや、ショート動画の収益化の対象にまだなっていないクリエイターによってアップロードされたショート動画の視聴回数に関連する収益。この収益は、音楽ライセンスの費用に充てられるか、YouTube によって保持されます(またはその両方)。
  • 音楽パートナーがアップロードしたショート動画の視聴回数に関連する収益。
  • 対象外と判断されるショート動画の視聴回数に関連する収益。
  • ショート動画が視聴される前に、ショート フィードを開いた時に表示される広告の収益(YouTube ショート マストヘッドなど)。
  • YouTube ショート プレーヤーのナビゲーション ページに表示される広告に関連する収益。

例による説明

仕組みについてより深く理解するため、架空の例を取り上げます。

架空の例

収益化を行っているクリエイターが、1 つの音楽トラックを使用するショート動画をアップロードしたとします。A 国における今月のショート動画での収益の計算方法は次のとおりです。

  • A 国では、ショート動画の総視聴回数が 1 億回に達しています。すべての視聴回数は、収益化を行っているクリエイターがアップロードしたショート動画から発生しました。
  • ショート フィードのショート動画間で再生される広告から、10 万ドルの収益が生み出されました。
  • これらのショート動画の 20% が 1 つの音楽トラックを使用しているため、仮に音楽ライセンスの費用の支払いに 1 万ドルが使用されるとすると、クリエイター プールは 9 万ドルになります。
  • あるショート動画が 100 万回視聴された場合、そのクリエイターにクリエイター プールの 1%(900 ドル)が割り当てられます。そのショート動画が音楽トラックを使用していても、クリエイター プールからの割り当てでさらに差し引かれることはありません。
  • そしてその割り当てに 45% の収益分配率が適用され、A 国におけるそのクリエイターのショート動画の視聴回数に対して 405 ドルが支払われます。

ショート動画での第三者のコンテンツの使用

ショート動画に第三者のコンテンツまたはリミックス コンテンツが使用されている特定の状況では、クリエイター プール、および収益化を行っているクリエイターへの収益分配を計算する目的で、そのショート動画に割り当てられた視聴回数はアップロードしたユーザーと第三者の権利者(ショート動画で使用されている他のコンテンツの所有者)に分配されます。この処理方法については、以下のポリシーで説明されています。YouTube はこれらのポリシーを更新する場合があり、変更があった場合はお知らせします。

  • 第三者のコンテンツの使用がクリエイター プールに与える影響。クリエイター プールの金額を計算する際は、YouTube の音楽業界のパートナーが提供する、または Dream Track によって生成された音楽コンテンツのみがショート動画に貢献していると見なされます。つまり、ショート動画で音楽コンテンツが使用された場合にのみ、視聴回数とそれに関連するクリエイター プールに割り当てられる収益が減少することになります。現時点では、Content ID の収益化ポリシーがそのコンテンツに設定されていても、他のカテゴリの第三者のコンテンツがショート動画に貢献したと見なされることはありません。ただし、YouTube は現在、他のカテゴリのコンテンツに対する収益化モデルの開発を開始しています。 
    • 上の例は、音楽コンテンツがショート動画に使用された場合に、視聴回数とそれに関連する収益をどのように分割してクリエイター プールを計算するかを示しています。
  • 第三者のコンテンツの使用が、クリエイター プールからの割り当てに与える影響。収益化を行っているクリエイターにクリエイター プールから分配収益が支払われる際、収益化を行っている各クリエイターに、対象のショート動画で音楽(Dream Track で生成された音楽を含む)が使用されているかどうかにかかわらず、そのショート動画の合計視聴回数の 100% が割り当てられます。そのため、ショート動画で音楽を使用しても、クリエイター プールからのクリエイターへの割り当てや収益分配率に影響することはありません。

ショート動画に対する YouTube Premium のサブスクリプション収益の分配

YouTube Premium は、広告なしのコンテンツ、バックグラウンド再生、オフライン再生、YouTube Music アプリへのプレミアム アクセスを楽しめる有料チャンネル登録オプションです。このサービスは、ショート動画の視聴にも適用されます。

YouTube は、収益化を行っているショート動画のクリエイターに割り当てられた YouTube Premium からの純収益の 45% を支払います。YouTube Premium の収益の一部は、音楽ライセンスの費用の支払いに割り当てられます。各クリエイターへの支払いは、各国でのチャンネル登録によるショート動画の視聴回数に占める、そのクリエイターの割合に基づいて行われます。

ショート フィード広告収益を確認する方法

YouTube アナリティクスでは、使用可能な場合、または YouTube ショート広告の収益化を開始した日から、ショート フィード広告の 1 日の推定収益が、その他のパフォーマンス指標とともに表示されるようになります。YouTube の収益の確認方法については、こちらをご覧ください。

既存のお支払い基準額のタイムラインとその他の YouTube 向け AdSense の詳細が適用されます。YouTube 向け AdSense の詳細をご確認ください。

Studio コンテンツ マネージャー

音楽パートナーを除き、YouTube Studio コンテンツ マネージャーのユーザーは、2023 年 3 月中旬までにダウンロード可能なレポートを利用できるようになります。このレポートには、該当するパートナーがアップロードした収益化対象のショート動画に関する、日付と国 / 地域でセグメント化された収益の詳細が含まれます。

ショート動画のパフォーマンスについて詳しくは、YouTube アナリティクスのクリエイター向けのヒントをご確認ください。

YouTube ショートの収益化の詳細 

YouTube ショートの広告収益がプールされる理由を教えてください。

YouTube ショートには、通常の長尺動画とは異なる広告フォーマットが使用されるため、独自の収益分配アプローチを採用する必要がありました。収益をプールし、視聴回数のシェアに基づいて分配することで、収益化を行っているクリエイターのうち、動画に広告を表示しているクリエイターだけでなく、YouTube ショートを支えているすべてのクリエイターにも報酬を提供することを目指しています。また、音楽ライセンスの複雑さを軽減し、クリエイターが音楽の使用による収益の減少を心配せずにクリエイティブなビジョンを達成できるようにする狙いもあります。

実際に YouTube ショート収益の 45% を受け取れるのですか?

毎月、ショート フィードで動画の間に表示される広告からの収益はプールされ、YouTube ショート クリエイターへの支払いに使用されるとともに、音楽ライセンスの費用を賄うために使用されます。クリエイターに割り当てられた合計金額(クリエイター プールとも呼ばれます)から、ショート動画で音楽を使用しているかどうかにかかわらず、収益の 45% がクリエイターに支払われます。

「音楽」とは具体的にどういう意味ですか?

YouTube ショートにおける「音楽」とは、YouTube の音楽業界のパートナーによって利用可能にされた、または申し立てを受けたコンテンツを指します。これには、実際の音楽の音声やトラック、ミュージック ビデオ、アーティストのインタビューといったその他の音楽コンテンツが含まれる場合があります。これには Dream Track で生成された音楽コンテンツも含まれます。

YouTube ショート ファンドで引き続き収益を得ることはできますか?
いいえ。2023 年 2 月 1 日に YouTube ショートの広告収益分配が開始されてから、YouTube ショート ファンドから収益を得ることはできません。YouTube ショート ファンドを現在受け取っているクリエイターの大半が、新しい収益分配モデルで収益が増えると見込まれています。新モデルは YouTube ショート ファンドを引き継ぐ形になります。YouTube ショート ファンドの最後の招待状(1 月アクティビティ分)は 2023 年 2 月中旬に届き、お支払いは 3 月に行われます(YouTube のお支払い基準額と要件が適用されます)。

私のショート動画はショート フィードに表示されていますが、収益が発生していません。YouTube パートナー プログラムに参加しなくても、それらの広告から収益を得られますか?

いいえ。ショート動画収益化モジュールに同意した収益化パートナーのみが、ショート動画から広告と YouTube Premium の収益を得られます。残りの収益は、音楽ライセンスの費用に充てられるか、YouTube によって保持されます。
ショート動画で広告収益が発生しているかどうかを確認するにはどうすればよいですか?YouTube ショートの広告収益の受け取りを停止するにはどうすればよいですか?

ショート動画収益化モジュールに同意した日から、チャンネルのショート動画の視聴回数が、YouTube ショートの広告収益分配の対象になります。また、2023 年 2 月 1 日以降にアップロードされたショート動画の視聴回数も、自動的に YouTube ショートの広告収益分配の対象になります。長尺動画とは異なり、ショート動画のアップロード時に収益化を有効にする必要はありません。ショート動画収益化モジュールに同意する前に獲得したショート動画の視聴回数は、YouTube ショートの広告収益分配の対象になりません。

アップロードしたショート動画の収益化ステータスは、YouTube Studio の [コンテンツ] セクションで確認できます。視聴回数が YouTube ショートの広告収益分配の対象になっているショート動画には、緑色または黄色の収益化アイコンが表示されます。各アイコンについて詳しくは、収益化アイコンに関するガイドをご確認ください。

YouTube アナリティクスでは、YouTube ショート広告の収益化を開始した日から、ショート フィード広告の 1 日の推定収益が、その他のパフォーマンス指標とともに表示されるようになります。YouTube の収益の確認方法については、こちらをご覧ください。

チャンネルのショート動画の視聴回数を収益化の対象にしたくない場合は、クリエイター サポートに連絡してショート動画収益化モジュールを無効にすることができます。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
8478780881407309033
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
59