@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

リミックス コンテンツを使用した YouTube ショートの作成

YouTube のショート動画作成ツールを利用して、お気に入りのコンテンツを自分らしく表現しましょう。リミックス オプションを活用して音声をリミックスしたり、YouTube の動画から動画セグメントを追加したりすれば、創造の幅が広がります。

リミックス コンテンツを使用して作成されたショート動画は、オリジナルの著作物に帰属するため、新しい視聴者にあなたのコンテンツを見つけてもらえる絶好のチャンスになります。

""

リミックスに使用した音源は、サウンド ライブラリのページにクレジット表示されます(上記の例を参照)。

YouTube ショート プレーヤーのサウンド アイコン "" をタップすると、同じ音声を使用している他のショート動画とともに、元の動画へのリンクが表示されます。

リミックスに使用した動画は、YouTube ショート プレーヤーにリンク付きでクレジット表示されます(上記の例を参照)。
近日中に Android で動画のリミックスができるようになります。

リミックス音声を使用してショート動画を作成する

YouTube ショート プレーヤーの場合

別のショート動画からリミックスするには:

  1. モバイルで YouTube アプリにログインします。
  2. サンプリングするショート動画に移動します。
  3. 右下にあるサウンド アイコン "" をタップし、同じ音声が使用された他のショート動画を表示します。
  4. "" [このサウンドを使用する] をタップしてショート動画を作成します。

動画再生ページの場合

長尺動画から音声をリミックスするには:

  1. モバイルで YouTube アプリにログインします。
  2. サンプリングする動画に移動します。
  3. 動画プレーヤーの下にあるリミックス アイコン  次に サウンド アイコン  をタップします。
他のツールで作成したショート動画をアップロードする場合、動画内に含まれる著作権で保護された素材に関して、YouTube での使用が許可されていることを確認してください。著作権で保護された素材を使用すると、Content ID の申し立てを受ける場合があります。また、お客様のショート動画に対して、著作権者が有効かつ完全な著作権侵害による削除通知を送信すると、動画が削除され、著作権侵害の警告を受ける可能性があります。

コンテンツのサンプリングについての詳細

ショート動画の作成に使用できるのはどのようなコンテンツですか?

以下のコンテンツを使用して、YouTube でショート動画を作成できます。

  • YouTube のライブラリの曲。
  • 他のさまざまな YouTube ショート動画や長尺動画のオリジナル音声。
  • YouTube のさまざまな動画から抽出された動画セグメント。

ただし、適用されているプライバシー設定や著作権所有者の意向によっては利用できない動画もあります。たとえば、非公開動画や、ショート動画でコンテンツを利用することを許可していない第三者の著作権者によって申し立てが行われている動画などがこれに該当します。また、クリエイターはいつでも、自分の長尺動画がリミックスされることに制限をかけたり、リミックスに使用された元のコンテンツを削除したりすることができます。YouTube Studio コンテンツ マネージャを使用しているパブリッシャーやパートナーは、ショート動画のリミックスを制限することもできます。

YouTube の作成ツールを使わずに作成したショート動画に、著作権で保護されたコンテンツが含まれている場合、Content ID の申し立てを受けたり、著作権侵害による削除通知に基づいて動画が削除されたりする可能性があります。

自分のコンテンツがリミックスされたことは、どのように確認できますか?

自分の動画がリミックスされると、通知が届きます。概要通知が 1 日に 1 回、週 3 回を上限に送信されます。そのため、1 日に複数のクリエイターによって動画がリミックスされた場合でも、その日に受け取る通知は 1 件です。

自分のコンテンツが他のショート動画で使用されるのを制限するにはどうすればよいですか?

ショート動画を作成すると、自動的に YouTube でのリミックスを許可したことになります。現時点でオプトアウトできるのは、YouTube Studio コンテンツ マネージャへのアクセス権があるパートナーのみです。

自分のチャンネルの長尺動画がリミックスされるのを制限するには、以下の手順を行います。

  1. YouTube Studio にログインします。
  2. 左側のメニューで [コンテンツ] をクリックします。
  3. 動画のタイトルまたはサムネイルをクリックします。
  4. 下方向にスクロール 次に [すべて表示] をクリックします。
  5. [ショート動画のサンプリング] までスクロール 次に サンプリングを許可するかどうかを選択します。
  6. [保存] をクリックします。

[ショート動画のサンプリング] の設定は、複数の動画に対して一括で行うことができます。また、パソコンから動画をアップロードするときにこの設定を行うこともできます。

YouTube Studio コンテンツ マネージャを使用している場合、自分のコンテンツのリミックスを管理するにはどうすればよいですか?

これらの機能をご利用いただけるのは、YouTube Studio コンテンツ マネージャを使用しているパートナーに限られます。

これらの機能をご利用いただけるのは、YouTube Studio コンテンツ マネージャを使用しているパートナーに限られます。

YouTube のライセンス条件では、他のクリエイターがショート動画を作成する際にあなたのコンテンツをリミックスすることが許可されています。ただし、あなたが対象コンテンツのオプトアウトを選択をした場合はこの限りではありません。オプトアウトを選択していないすべてのコンテンツは、デフォルトでサンプリングが許可されます。これには新しくアップロードされるコンテンツも含まれます。オプトアウトしたコンテンツは、オプトアウトされたままになります。

YouTube のライセンス条件では、他のクリエイターがショート動画を作成する際にあなたのコンテンツをリミックスすることが許可されています。ただし、あなたが対象コンテンツのオプトアウトを選択をした場合はこの限りではありません。オプトアウトを選択していないすべてのコンテンツは、デフォルトでサンプリングが許可されます。これには新しくアップロードされるコンテンツも含まれます。オプトアウトしたコンテンツは、オプトアウトされたままになります。

ショート動画や長尺動画などのコンテンツは、デフォルトでリミックスできるようになっています。コンテンツのリミックスを許可することで、YouTube 全体の創作意欲を刺激し、新しい視聴者にリーチを拡大できる可能性があります。

YouTube Studio コンテンツ マネージャをご利用の場合は、管理対象コンテンツのリミックスをいつでも制限することができます。リミックスを制限するには:

  1. Studio コンテンツ マネージャにログインします。
  2. 左側のメニューから [設定] を選択します。
  3. [概要] タブで [YouTube ショート リミックス] を探し、チェック ボックスをオフにします。この設定をオフにすると、管理対象コンテンツから作成された既存のリミックスはすべてミュートされます。
  4. [保存] をクリックします。

[ショート動画のサンプリング] の設定は、複数の動画に対して一括で行うことができます。また、パソコンから動画をアップロードするときにこの設定を行うこともできます。

リミックスに使用したコンテンツが制限、編集、削除されるとどうなりますか?

まず、作成した音声リミックスがミュートされて、限定公開に設定されます。続いて、元の動画のクリエイターが作品を削除するか、作品のサンプリングを制限してから 30 日後に、動画が削除されるようにスケジュールされます。この変更はメールで通知されるので、削除される前にサンプリングした音声抜きの動画を YouTube Studio からダウンロードできます。その後、別の音声を使用して再度動画をアップロードできます。

作成した動画リミックスは、元の動画のクリエイターが動画を削除するか、動画の使用を制限した後に削除されます。その場合はメールでお知らせいたします。最初のリミックス動画を使用したショート動画を YouTube に再アップロードすることが許可されない場合がありますが、そのショート動画の視聴回数は全期間の視聴回数にカウントされます。

YouTube Studio でリミックスの制限や、動画の削除、編集を行うとどうなりますか?

YouTube Studio でリミックスの制限や動画の削除、または動画のぼかしカットを行うと、リミックスを行ったクリエイターに次のような通知が届きます。

動画のリミックスを制限するか、動画を削除すると、以後のリミックスの作成にも使われなくなります。

ショート動画がミュートされているのはなぜですか?

リミックス音声を使用して作成したリミックスがミュートされるのは、リミックス元のクリエイターが作品のサンプリングを制限もしくは作品を削除した場合、または YouTube Studio でぼかしカットを使用して動画を編集した場合です。このような状況が発生した場合は、メールが届き、ショート動画が以下のようになったことが通知されます。

動画が削除される前に、リミックスした音声抜きの動画を YouTube Studio でダウンロードできます。その後、再度動画をアップロードできます。ただし、元のリミックス音声の使用が許可されていない可能性があるため、別のサウンド トラックを使用してください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
59
false
false