@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

アップロードに関するよくあるエラー

動画のアップロードに関する問題が発生する場合は、表示されているエラー メッセージを選択し、トラブルシューティングの手順に沿って問題を解決してください。

「予期しない問題が発生しました」

数分後にもう一度アップロードしてください。

「サーバーがファイルを拒否しました」

このエラーは、無効な形式のファイルをアップロードしている場合に発生します。サポートされているファイル形式を使用していることを確認してください。

「ネットワーク上でデータを送信中にエラーが発生しました」

このエラーは、ブラウザを最新バージョンに更新する必要がある場合に発生します。動画のアップロードにおすすめのブラウザを、下記にいくつかご紹介します。
ブラウザを更新したら、もう一度アップロードしてください。

「処理を中止しました」

このエラー メッセージは、アップロードしたファイルが短く切り詰められている場合や無効な場合に発生することがあります。また、アップロード速度が遅い場合にも発生することがあります。お使いのデバイスで動画を再生し、動画がサポートされているファイル形式であることを確認してから、再度アップロードをお試しください。それでも問題が解決しない場合は、別のプラットフォームから動画をアップロードしてみてください。

「ネットワーク エラーが発生しました」

このエラーは、ブラウザを最新バージョンに更新する必要がある場合に発生します。動画のアップロードにおすすめのブラウザを、下記にいくつかご紹介します。
ブラウザを更新したら、もう一度アップロードしてください。
「アップロードできません。現時点では、チャンネルのステータスまたはアカウント設定でアップロードがサポートされていません。」
このエラーは、以下のような場合に発生します。

「セキュリティ エラーが発生しました」

このエラーは、ブラウザのセキュリティが通常と異なる設定になっている場合に発生します。この設定は、ファイアウォール、ウイルス対策、スパイウェア対策などのソフトウェアが原因の可能性があります。こうしたセキュリティ設定を一時的に無効にして、もう一度アップロードしてみることをおすすめします。

「失敗しました(ファイルが小さすぎます)」

このエラーは、2 KB 未満のファイルをアップロードしようとした場合に発生します。動画ファイルが 2 KB 以上であることを確認して、もう一度アップロードしてください。

「失敗しました(空の .mov ファイル)」

このエラーは、QuickTime ムービーがリファレンス ムービーとして保存された場合に発生します。動画を正常に変換するためには、[独立再生形式のムービーとして保存] を選択して、もう一度アップロードしてください。

「1 日のアップロード上限に達しました。24 時間後に再び動画をアップロードできます。」

YouTube の安全性を確保するために、チャンネルが 24 時間以内にアップロードできる動画数には上限が設けられています。
上限は、国 / 地域やチャンネル履歴によって異なることがあります。著作権侵害の警告もチャンネル履歴の適格性に影響を与える場合があります。コミュニティ ガイドラインの違反警告はアップロードできる動画数に影響を与えます。
YouTube に動画をアップロードしようとした際に「1 日のアップロード上限に達しました」というエラーが表示された場合は、24 時間後に再度お試しください。

その他

無効な形式のファイルをアップロードすると、エラー メッセージが表示される場合があります。サポートされているファイル形式になっていることをご確認ください。コーデックを変更したり、別の編集ソフトウェアを使用したりするとエラーが解消される場合もあります。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false