組織の YouTube 設定を管理する

この記事は、Google Workspace と G Suite での YouTube の設定に関するものです。個人の Google アカウントで制限付きモードを有効にする方法については、制限付きモードをオンまたはオフにするをご覧ください。

管理者は、YouTube の制限付きモード設定を使用して、ログイン中のユーザーが視聴できる YouTube 動画を組織内とネットワーク上で制限することができます。この設定は、ユーザーが視聴できる動画を制限する場合に役立ちます。

注: アルゴリズムがうまく機能しないケースもあるため、不適切だと思われるコンテンツを発見された場合はご報告ください。報告されたコンテンツが自動的に削除されることはありませんが、YouTube コミュニティ ガイドラインに沿って審査が行われます。

この記事では、ログイン中のユーザーに制限を適用する方法について説明します。ログインしていないユーザーにも制限を適用するには、ネットワーク上または管理対象デバイス上の YouTube のコンテンツを制限するの手順に沿ってネットワークの設定を更新してください。YouTube 制限付きモードは、視聴可能な多数の動画の中から成人向けの可能性があるコンテンツのみ除外する機能で、任意に設定できます。

視聴できるコンテンツを追加する場合は、管理者が承認者(「動画を承認できる」ユーザー)を指定します。承認者は対象となる動画を検索、承認し、ログイン中の組織内のユーザーが視聴できるようにすることができます。詳しくは、組織で視聴できる YouTube 動画を承認するをご覧ください。

Google Workspace または G Suite の任意のバージョンで制限付きモードが有効になっている場合:

  • ユーザーは視聴中の動画のコメントを表示したり、YouTube に動画をアップロードしたりすることはできません。
  • 広告のカスタマイズ設定は変更されません。

制限レベル

管理コンソールの [権限] には次の 4 つの設定があります。

  • YouTube アクセス制限(高) - 最も厳格な設定ですが、すべての動画がブロックされるわけではありません自動システムに基づいて多数の動画が除外されるものの、残りの動画は引き続き視聴できます。
  • YouTube アクセス制限(中) - YouTube アクセス制限(高)と似ていますが、視聴できる動画の本数がはるかに多くなります。
  • YouTube を無制限に利用できる - アクセス制限(高)とアクセス制限(中)の両方の制限付きモードが無効になります。組織内のユーザーに YouTube へのアクセスを無制限に許可する場合にのみ適用してください。

    : この設定を有効にすると、ネットワーク レベルの制限を設定している場合でも、ログイン中のユーザーが YouTube のすべてのコンテンツをブラウジングできます。

  • 動画を承認できる - 動画を承認できるユーザーまたは組織部門を管理者が指定できます。承認された動画は、ログイン中の組織内のユーザーが視聴できるようになります。承認者に指定されたユーザーが動画またはチャンネルを手動で承認しても、YouTube の検索結果、ホームページ、おすすめには表示されないため、承認者がリンクを使用してそれらのコンテンツを共有する必要があります。詳しくは、組織の YouTube 動画の承認者を追加するをご覧ください。

ユーザーまたはグループごとに異なる設定を適用する

ユーザーまたは Chrome デバイスのグループごとに異なる設定を適用するには、設定を適用するグループを固有の組織部門として配置し、YouTube 制限付きモード(アクセス制限(高)または(中))などの設定をそのグループにのみ適用するようにします。詳しくは、組織構造の仕組みをご覧ください。

制限はおすすめの動画、関連動画、検索にも適用されますか?

はい。おすすめの動画、関連動画、検索可能な動画のすべてに制限が適用されます。

制限付きのネットワーク上のユーザーが承認されていない動画を視聴しようとするとどうなりますか?
  • YouTube を無制限に利用できる権限を管理者が付与していない場合、ユーザーには動画を視聴できないことを知らせるメッセージが表示されます。
  • 無制限に利用できる権限が付与されていて、Google Workspace アカウントにログイン中のユーザーは、YouTube 上のすべての動画を視聴できます。
  • 承認者に指定されていて、Google Workspace アカウントにログイン中のユーザーに対しては、動画を承認するオプションが動画プレーヤーの下に表示されます。
  • 無制限に利用できる権限と動画を承認する権限がないユーザーは、承認されていない動画を視聴することも、承認することもできません。このようなユーザーは、ドメイン管理者に連絡してその動画を承認してもらうか、動画の承認者にしてもらう必要があります。 

詳しくは、組織の YouTube 動画の承認者を追加する一部のユーザーに YouTube の無制限利用を許可するをご覧ください。

管理コンソールで設定した YouTube の設定と、ネットワークまたはデバイスの設定に違いがある場合はどうなりますか?

ログイン中のユーザーについては、管理コンソールの設定がネットワークまたはデバイスの設定より優先されます。たとえば、使用しているネットワークに YouTube アクセス制限(高)が適用されている一方、所属している組織部門には YouTube アクセス制限(中)が適用されている場合、そのユーザーには YouTube アクセス制限(中)が適用されます。

ログアウトしているユーザーには、管理コンソールの設定は適用されません。

制限付きモードを設定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [その他の Google サービス] 次に [YouTube] にアクセスします。
  3. [コンテンツの設定] をクリックします。
  4. [ログインしている組織内ユーザーは制限付きおよび承認済みの動画を視聴できる] の設定を確認します。
  5. (省略可)組織が承認した動画を確認するには、[承認済みの動画を表示] をクリックします。
  6. (省略可) 確認済みの Classroom の教師が YouTube 動画を承認できるようにするには、[確認済みの Google Classroom の教師は動画を承認できる] をオンにします。
  7. [YouTube の [権限] 設定] をクリックします。
  8. 権限レベルをクリックして選択します。
  9. (省略可)組織ごとに権限レベルを設定します。

 

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。