@TeamYouTubeツイッターアカウントから最新情報をツイートしています。日本語でのお問い合わせも受け付けています。

YouTube ショートを作成する

YouTube ショート

YouTube ショートは、誰もが自分のアイデアをチャンスに変えて、世界中の新しい視聴者と出会える動画フォーマットです。必要なのは、スマートフォンと YouTube アプリに組み込まれた YouTube ショートカメラだけです。

最新の YouTube ショート作成ツールにより、YouTube での動画制作をすばやく楽しく簡単に行えます。

YouTube アプリ内の YouTube ショートカメラは、現在のところタブレットではご利用いただけません。
外出先でショート動画を作成するには、スマートフォンに最新の YouTube アプリをダウンロードしてください。

ショート動画を作成する

YouTube の短編動画作成ツールを使用してショート動画を作成すると、最大 60 秒までのクリップ(複数可)を録画できます。YouTube ショートカメラを使用する場合、録画中の画面上部に表示される進行状況バーで録画のセグメント数やそれぞれの長さを確認できます。

YouTube でショート動画を作成するには:

  1. YouTube アプリにログインします。
  2. [作成] 次の操作 [ショート動画を作成] をタップします。
  3. 15 秒を超えるショート動画を作成する場合は、録画ボタンの上にある [15] をタップすると 60 秒までの録画が可能になります(表示が [60] に切り替わります)。
    注: YouTube のライブラリの音楽または他の動画のオリジナル音声を使用する場合、録画は 15 秒までに制限されます。
  4. クリップを録画するには、撮影ボタン を長押しします。または撮影ボタンをタップして録画を開始し、もう一度タップして録画を終了します。
  5. [元に戻す] をタップすると録画した動画クリップを削除できます。[やり直し] をタップすると削除した動画クリップを再び追加できます。
  6. 閉じるアイコン をタップ 次の操作 [やり直す] または [下書き保存] を選択してカメラを終了します。
  7. [完了] " " をタップして動画をプレビューし、必要に応じて加工します。
  8. 戻るアイコン をタップして録画画面に戻ります。編集した後にエディタを終了するには、戻るアイコン をタップして、[編集内容を破棄] または [下書き保存] を選択します。[下書き保存] を選択すると、編集内容が保存されます。
  9. [次へ] をタップして動画に詳細を追加します。この画面で、タイトル(最大 100 文字)を追加し、設定(動画のプライバシーなど)を選択します。
    注: 13~17 歳のクリエイターの場合、動画のデフォルトのプライバシー設定は非公開です。18 歳以上のクリエイターの場合、動画のデフォルトのプライバシー設定は公開になっています。すべてのクリエイターは、この設定を変更して、動画を公開非公開、または限定公開にすることができます。
  10. [視聴者を選択] 次の操作 [はい、子ども向けです] または [いいえ、子ども向けではありません] を選択します。詳しくは、子ども向けに制作されたコンテンツについての記事をご覧ください。
  11. [アップロード] をタップし、ショート動画を公開します。
YouTube ショート作成ツールがない場合
 
[ショート動画を作成] が表示されない場合は、使用している YouTube アプリが最新バージョンかどうかをご確認ください。詳しくは、YouTube アプリの更新方法をご覧ください。

録画時にショート動画にさまざまな効果を加える

音楽やその他の音声を追加する

YouTube ショートでは、音楽やその他の音声クリップを使用できます。YouTube のライブラリに収録されている音楽やサウンドは無料で使用できますが、適切なライセンスを取得している場合を除き、個人的な非営利目的での使用に限定されます。

録画を開始する準備ができたら、 [サウンドを追加] をタップしてオーディオ ライブラリにアクセスします。曲や音声を選択して、最大 15 秒のクリップを録画します。

録画速度を調整する

[速度] をタップすると、録画速度を速くしたり遅くしたりできます。

タイマーを使用する

[タイマー] をタップすると、カウントダウンを設定してハンズフリーで録画したり、自動的に録画を停止するタイミングを設定したりできます。

フィルタを適用する

[フィルタ] をタップすると、クリエイティブなフィルタやコントラストを強調するフィルタを適用でき、ショート動画の雰囲気を変えることができます。

録画中にセグメントごとに異なるフィルタを追加できます。録画後に編集画面でフィルタを適用することもできます。今後 1 年でさらに多くのフィルタや効果を追加していく予定です。

フレームを配置する

[位置合わせ] をタップすると、前回キャプチャしたフレームを半透明のオーバーレイとして使用し、次のクリップに配置できます。

録画後にテキストとサウンドを追加する

サウンドを追加する

YouTube ショートでは、音楽やその他の音声クリップを使用できます。YouTube のライブラリに収録されている音楽やサウンドは無料で使用できますが、適切なライセンスを取得している場合を除き、個人的な非営利目的での使用に限定されます。

録画後に曲やその他のサウンドを追加するには、 [サウンド] をタップします。曲や音声を選択して、最大 15 秒のクリップを録画します。

テキストを追加する

録画した後でテキストを追加するには、[テキスト] をタップします。動画に複数のメッセージを配置したり、画面上での色、スタイル、配置を変更したりできます。

[タイミング] を使用して、さらに細かく調整することもできます。

タイミングを調整する

[タイミング] をタップすると、ショート動画にテキストが表示されるタイミングを編集できます。

テキスト クリップの開始点と停止点をドラッグして、ショート動画にいつテキストが表示され、いつ非表示になるかをコントロールできます。この機能を使用して、動画内でさまざまなメッセージを異なるタイミングで表示できます。

テキスト クリップを並べ替えるには、クリップを長押しします。クリップを上から下に移動してテキストの表示順序をコントロールできます。

ショート動画をアップロードする

作成したショート動画は、YouTube のショート動画作成ツールを使用しなくてもアップロードできます。

ショート動画をデバイスからアップロードするには:

  1. [作成] 次の操作 [動画のアップロード] をタップします。
  2. アスペクト比が正方形または縦長の動画を選択します。
    1. 長さが 60 秒以下の動画にはカットエディタが表示されます。バーの端をドラッグして、動画の開始時間と終了時間を調整します。ボックスの中に入っていない部分は、ショート動画に表示されません。
    2. 60 秒を超える動画の場合は、[YouTube ショートとして編集] をタップすると 60 秒以下にカットできます。
  3. [次へ] をタップすると編集画面が表示され、ショート動画にテキスト、フィルタ、音楽、その他の音声を追加できます。
    注: YouTube のライブラリから音声を選択できるのは、15 秒以下のクリップに限定されています。
  4. [次へ] をタップすると、タイトル(最大 100 文字)、動画の説明、プライバシー設定を追加できます。注: 13~17 歳のクリエイターの場合、動画のデフォルトのプライバシー設定は非公開です。18 歳以上のクリエイターの場合、動画のデフォルトのプライバシー設定は公開になっています。すべてのクリエイターは、この設定を変更して、動画を公開非公開、または限定公開にすることができます。
  5. [視聴者を選択] をタップし、[はい、子ども向けです] または [いいえ、子ども向けではありません] を選択します。詳しくは、子ども向けに制作されたコンテンツについての記事をご覧ください。
  6. [アップロード] をタップし、ショート動画を公開します。
他のツールで作成したショート動画をアップロードする場合、動画内に含まれる著作権で保護された素材に関して、YouTube での使用が許可されていることを確認してください。著作権で保護された素材を使用すると、Content ID の申し立てを受ける場合があります。また、お客様のショート動画に対して、著作権者が有効かつ完全な著作権侵害による削除通知を送信すると、動画が削除され、著作権侵害の警告を受ける可能性があります。

YouTube ショートを始めるためのヒントをさらにお探しの場合
YouTube ショート スタートガイドをダウンロードしてください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
59
false