仕事用プロファイルのロック

Android 7.0 Nougat 以降の端末では、仕事用プロファイルをロックすることができます。仕事用プロファイルをロックすると、仕事用アプリを開くときにパスコードの入力を求められます。

管理者がロックを必須としている場合は、Android 搭載端末を設定するときに、ロックを設定するよう求めるメッセージが表示されます。画面ロックに使用しているパスコードが仕事用プロファイルのロックの要件も満たす場合は、両方に同じパスコードを設定できます。その場合は、別のパスコードを入力しなくても仕事用アプリを開くことができます。Android 9.0 Pie 以降の端末では、管理者はロック画面に 2 つの異なるパスコードを使用する必要があります

管理者は、パスコードの長さや安全度といったセキュリティ上の制限や、無効なパスコードの試行回数の上限を設定できます。上限を超えると、仕事用プロファイルと関連データが端末から削除されます。

端末によっては、ここに記載されている情報の一部が当てはまらない可能性があります。

仕事用プロファイルのロックを設定、変更する

  1. 端末で [設定] 次に [セキュリティ] 次に [仕事用プロファイルのセキュリティ] に移動します。
  2. 使用するロックのタイプをタップし、手順に沿って設定します(下記の各ロック方法をご覧ください)。
  3. (省略可)仕事用プロファイルのロックを変更する場合は、入力を求められた際にパターン、PIN、またはパスワードを入力します。
  4. 必要に応じて、端末がロックされているときの仕事用通知の表示方法を選択します。
    注: 仕事用通知の設定の変更はいつでも行えます。
  5. [完了] をタップします。

仕事用プロファイルのロック方法

なし

仕事用プロファイルをロックしません。

パターン

指で簡単なパターンを描くことで、仕事用プロファイルのロックを解除できます。

PIN

4 文字以上の数字を使って仕事用プロファイルのロックを解除します。PIN が長いほど安全性が高くなります。

パスワード

4 文字以上の英数字を使用って仕事用プロファイルのロックを解除します。これは、強固なパスワードを設定している限り最も安全な方法です。

指紋

端末に指紋認証センサーが内蔵されている場合は、指紋を使って仕事用プロファイルのロックを解除できます。ただし、まずはパターン、PIN、またはパスワードを設定してセキュリティを強化する必要があります。端末を再起動すると、追加のロックを入力して仕事用プロファイルを開くよう求められます。また、端末に少なくとも 1 つの指紋を登録する必要があります。

注: Android Smart Lock は、端末画面のロックにのみ対応しているため、仕事用プロファイルのロックにはご利用いただけません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。