Device Policy Controller とは

企業向けモバイル管理(EMM)の Device Policy Controller アプリケーションを使用すると、IT 管理者はサポートされている Android 5.0 以降の端末で企業のアプリやデータへのアクセスを個別に管理できます。

Device Policy Controller アプリ:

  • EMM ソフトウェアと通信して、プロファイルや端末の制限事項と設定を適用する。
  • アプリケーションの制限事項を実装し、端末が EMM のポリシーに準拠しているかどうかを確認する。

会社で Android for Work をご使用の場合は、ユーザーの個人用端末に仕事用プロファイルをプロビジョニングする際に Device Policy Controller が使用されます。IT 管理者は、会社の EMM プロバイダが提供するソフトウェアでポリシーを設定します。EMM ソフトウェアは、端末の Device Policy Controller と通信します。一方、Device Policy Controller は、端末の仕事用プロファイルの設定や動作を管理します。

会社でサードパーティの EMM プロバイダをご利用の場合は、Device Policy Controller のインストールと端末での Android for Work の設定の詳細については、管理者にお問い合わせください。

EMM プロバイダとして G Suite をご利用の場合は、Google Apps Device Policy をインストールして端末で Android for Work を設定できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。