概要

Android 5.0 Lollipop 以降のデバイスには、モバイル デバイスで組織に接続する従業員をサポートするエンタープライズ機能が組み込まれています。エンタープライズ ソリューション プロバイダでは、こうした機能を組織が管理するための機能(通常は管理コンソール)が提供されています。組織や従業員は、適切なソリューション プロバイダを選択することで、次のようなさまざまなエンタープライズ機能* を利用できます。

  • 柔軟なデバイス設定: BYOD(個人所有デバイスの業務使用)、COBO(会社所有デバイス、業務使用のみ)、COPE(会社所有デバイス、個人利用も可能)の導入をサポートします。
  • 仕事用プロファイルを利用したデータ分割: 仕事用プロファイルを使用して、仕事用のアプリやデータを個人での使用と区別して保護します。BYOD や COPE の導入に最適です。
  • 組み込みの多層セキュリティ: Google Play プロテクトを使用します。パスワードの最小要件の設定、デバイスのリモートロック、紛失や盗難時のワイプが行えます。
  • アプリの配信: Google Play により、ユーザーのデバイス上の一般公開アプリと限定公開アプリをリモートで管理します。

* 管理ソリューションと Android のバージョンにより、利用できる機能は異なります。

組織で Android を使用する場合は、Android Enterprise スタートガイドにある手順ガイドをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。