不当な削除方針が示されているサイトにある私個人に関するコンテンツを Google から削除する

個人に関するコンテンツを他の人によってウェブサイトに投稿されることは、被害者にとって苦痛である可能性があることを Google は認識しています。さらに、そうしたコンテンツの削除を依頼する際に、サイト運営者やその他の代理人から料金の支払いを求められたとなれば、不安はいっそう深まることでしょう。

状況によっては、そのようなコンテンツへのリンクを Google の検索結果から削除できる場合があります。削除リクエストを送る際は、Google において検討するために必要な以下の要件を満たしていることをご確認ください。

  • 送信した URL のコンテンツで言及されている本人である
  • ウェブサイトはビジネス レビュー サイトではない
  • ウェブサイトの削除方針により、コンテンツの削除に料金の支払いが必要となる

こうしたコンテンツを Google 検索結果から削除するようリクエストする場合は、こちらのフォームをご利用ください。正式な代理人にフォームの記入を依頼することもできます。代理人の方は、あなたに代わって代理権を行使できることを説明する必要があります。

Google の検索結果から特定のページを削除しても、そのページ自体がウェブから削除されるわけではありません。Google が削除したとしても、コンテンツをホストしているウェブページはまだ存在し、他の検索エンジンなどを介してアクセスできる場合があります。

フォームに記入する際のヒント

  1. 削除をリクエストするコンテンツのタイプとして、[不当な削除方針が示されているサイトにある私個人に関わるコンテンツ] を選択してください。
  2. 削除するには、次の情報をご入力ください。
    • あなたの氏名
    • 連絡先メールアドレス
    • 問題のコンテンツが公開されている場所の URL(該当する場合)
    • 問題のコンテンツが表示される Google 検索結果のサンプル URL
    • 問題のコンテンツのスクリーンショット(リクエスト対象の結果を間違いなく削除するため)。スクリーンショットに露骨な性描写が含まれる場合は、画像編集ソフトウェアを使ってその部分を隠すことをおすすめしますが、削除を希望される具体的なコンテンツを特定できるようにしてください。
    • サイトの削除方針が不当であると思われる理由の説明
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。