Google 検索のブラウザ設定を変更する

Chrome や Firefox などのブラウザを使って検索する際に、Google 検索の設定を変更することができます。変更できる設定には、セーフサーチ、動画の自動再生、現在地情報などがあります。

Google アプリの設定は、ブラウザを使用する検索の設定とは異なります。Google アプリの設定を変更する方法をご確認ください

検索設定を変更する

設定を保存したときに Google アカウントにログインしている場合は、ログインしているすべてのブラウザで同じ設定が反映されます。

  1. [検索の設定] ページにアクセスします。
  2. Google アカウントにログインしていることを確認します。
    ヒント: 右上の青い [ログイン] ボタンが表示されている場合は、ログインしていません。
  3. 検索設定を選択します。
  4. ページの下部にある [保存] をクリックします。

変更できる設定

表示される設定は、パソコン、タブレット、スマートフォンのいずれを使用しているかによって異なります。

  • セーフサーチ フィルタ
  • オートコンプリートを使用した検索
  • ページあたりの表示件数
  • 音声での回答
  • 検索結果が表示される場所: [選択された各結果を新しいブラウザ ウィンドウで開く] チェックボックスをオンにしている場合でも、Google 画像検索の検索結果は常に新しいタブで開きます。
  • 検索履歴
  • 言語
  • 現在地
  • 手書き入力
  • 動画: 動画は音声なしで自動的に再生される場合があります。こうした動画プレビューの自動再生は、オンまたはオフにできます。また、Wi-Fi やモバイルデータ ネットワークに接続している場合など、自動再生をオンにする条件を選択することもできます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。