管理しているデバイスとネットワークのセーフサーチ設定をロックする

学校や職場のネットワーク、ホーム ネットワークの管理者は、セーフサーチを使用して Google の検索結果から露骨な表現を含む不適切なコンテンツを除外できます。

個人アカウントで検索結果から露骨な表現を含むコンテンツを除外する場合は、個人の Google アカウントにセーフサーチを適用する方法をご覧ください。

管理しているデバイスでセーフサーチをオンの状態に維持する

お子様のデバイスを管理している場合

ファミリー リンクを使用して、管理対象のモバイル デバイスやパソコンを使用するお子様のアカウントに対し、セーフサーチをオンの状態に維持できます。ファミリー リンク アプリを使用したお子様の Google アカウントと検索の管理についてはこちらをご覧ください。

Chromebook を管理している場合

Chrome のユーザー ポリシーに従って、デバイス単位でセーフサーチを設定します。

Mac、Windows、Linux を管理している場合

その他のデバイス(PC や MacBook など)でセーフサーチをオンの状態に維持するには、Google のドメインを forcesafesearch.google.com にマッピングします。

これは、関連する技術的知識がある方におすすめする方法です。

forcesafesearch.google.com の仕組み

この方法は、セーフサーチ VIP を利用して、ネットワーク上のすべてのユーザーに Google 検索でセーフサーチを使用するよう強制するものです(この場合も安全な HTTPS 接続を利用できます)。「セーフサーチ VIP」の「VIP」とは、複数の Google サーバーへ内部的にルーティングされる仮想 IP アドレスのことです。この VIP 宛てのリクエスト(Google 検索、画像検索、動画検索など)に対しては、すべてセーフサーチの結果が表示されます。

この機能はデバイス上のすべてのブラウザで有効となり、元に戻せるのはデバイスの管理者ユーザーのみです。この変更を行う手順は次のとおりです。

Windows の場合
  1. Windows キーを押して「Notepad」と入力します。
  2. [メモ帳] を右クリックし、[管理者として実行] を選択します。
  3. このアプリによる変更を許可するかどうかの確認メッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  4. メモ帳で hosts ファイルを開きます。Windows が一般的な方法でインストールされている場合、このファイルは C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts に置かれています。
  5. Windows キーを押し、「cmd」と入力して Enter キーを押します。これにより、コマンド プロンプトが開きます。
  6. ping forcesafesearch.google.com コマンドを入力し、表示された IP アドレスを書き留めます。IP アドレスとは、「216.239.38.120」のようなものです。
  7. hosts ファイルの最後に、書き留めた IP アドレスのエントリを追加します。例: 216.239.38.120 www.google.com #forcesafesearch
    • 重要: ユーザーが他の国の Google ドメイン(www.google.co.uk など)を使用する可能性がある場合は、上記の行をコピーしてその国用のエントリも作成します。
  8. hosts ファイルを保存します。

セーフサーチがオンになったことを確認するには、google.com にアクセスし、セーフサーチがデフォルトでオンになっていること、およびオフにできないことを確認します。

注: Windows が通常とは異なる場所にインストールされている場合は、コマンド プロンプトで cd /d %systemroot%\system32\drivers\etc と入力することにより、hosts ファイルのディレクトリに移動できます。

macOS の場合
  1. ターミナルを開きます。
  2. ping forcesafesearch.google.com コマンドを入力し、表示された IP アドレスを書き留めます。IP アドレスとは、「216.239.38.120」のようなものです。
  3. sudo nano /private/etc/hosts コマンドを入力します。
  4. hosts ファイルの最後に、書き留めた IP アドレスのエントリを追加します。例: 216.239.38.120 www.google.com #forcesafesearch
    • 重要: ユーザーが他の国の Google ドメイン(www.google.co.uk など)を使用する可能性がある場合は、上記の行をコピーしてその国用のエントリも作成します。
  5. hosts ファイルを保存します。

セーフサーチがオンになったことを確認するには、google.com にアクセスし、セーフサーチがデフォルトでオンになっていること、およびオフにできないことを確認します。

Linux の場合
  1. ターミナルを開きます。
  2. ping forcesafesearch.google.com コマンドを入力し、表示された IP アドレスを書き留めます。IP アドレスとは、「216.239.38.120」のようなものです。
  3. sudo nano /etc/hosts コマンドを入力します。
  4. hosts ファイルの最後に、書き留めた IP アドレスのエントリを追加します。例: 216.239.38.120 www.google.com #forcesafesearch
    • 重要: ユーザーが他の国の Google ドメイン(www.google.co.uk など)を使用する可能性がある場合は、上記の行をコピーしてその国用のエントリも作成します。
  5. hosts ファイルを保存します。

セーフサーチがオンになったことを確認するには、google.com にアクセスし、セーフサーチがデフォルトでオンになっていること、およびオフにできないことを確認します。

学校、職場、ホーム ネットワークでセーフサーチをオンの状態に維持する

学校や職場のネットワーク、ホーム ネットワークの管理者は、管理しているネットワーク上のすべてのブラウザとデバイスでセーフサーチの使用を強制するよう設定できます。この方法では、設定に含めたすべての Google ドメインにセーフサーチの仮想 IP アドレスが適用され、ブラウザレベルで元に戻すことはできません。

ネットワークにセーフサーチを強制的に適用するには、DNS 設定を更新する必要があります。www.google.com(およびユーザーが使用するその他の国の Google ドメイン)の DNS エントリを forcesafesearch.google.com の CNAME として設定します。

不適切なコンテンツを報告する

セーフサーチがオンであるにもかかわらず露骨な表現のコンテンツが表示される場合は、そのコンテンツを報告できます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。