Google Discover とウェブサイト

Google Discover では、ウェブとアプリのアクティビティに基づいて、ユーザーの興味や関心に関連するコンテンツが表示されます。

 

Discover と検索の違い

検索の場合、ユーザーが検索キーワードを入力して検索キーワードに関連する有用な情報を検索しますが、Discover の手法は異なります。Discover では、検索キーワードに応じて検索結果を表示するのではなく、主に Google の自動システムがユーザーの興味や関心によく合っていると判断する内容に基づいて、コンテンツが表示されます。Discover のコンテンツは、新しく公開されたウェブ コンテンツやユーザーの興味や関心の広がりに基づいて、定期的に変更されます。

このような Discover の偶発的な要素を考慮すると、Discover からのトラフィックは検索と比べて予測可能性や信頼性が低く、検索トラフィックの補完的なものとと考える必要があります。つまり、検索エンジン トラフィックの特定の検索ニーズを満たすようにコンテンツを作成、最適化することはできますが、Discover での興味や関心との一致を明示的にターゲットとするコンテンツを作成する方法はありません。

Discover にコンテンツが表示される仕組み

コンテンツが Google にインデックス登録されており、Discover のコンテンツ ポリシーを満たしていれば、そのコンテンツは自動的に Discover の表示対象になります。特別なタグや構造化データは必要ありません。なお、Discover の表示対象になっていても、必ず表示されるとは限りませんのでご注意ください。

うまく表示される可能性を高めるには、ユーザーの関心を引くと思われる魅力的で優れたコンテンツを投稿するようにします。特に次の点を検討してください。

  • コンテンツの本質を捉えたページタイトルを、クリックベイト以外の方法で作成する。
  • プレビュー コンテンツ(タイトル、スニペット、画像)に誤解を招くような内容や誇張した内容を入れて注目を集めたり、コンテンツの内容を理解するうえで必要な重要情報を伏せたりして、人為的にエンゲージメントを高める手法は避ける。
  • 病的な好奇心を掻き立てたり、刺激的な内容や怒りをあおる内容で注目を集めるような手法は避ける。
  • 時々の興味や関心をふまえたコンテンツ、ストーリーをうまく伝えるコンテンツ、独自の情報や考察を提供するコンテンツを作成する。
  • 日付を明確にし、署名を付け、各種の情報(著者、出版物、サイト運営者、関連する会社やネットワーク、連絡先)を提供することで、透明性を高めてサイト訪問者との信頼関係を適切に築く。
  • 魅力的な高画質の画像、特に Discover からのアクセスが発生する可能性の高いサイズの大きい画像をコンテンツに含める。サイズの大きい画像は、幅が 1,200 ピクセル以上で、max-image-preview:large の設定、または AMP を使用して有効にする必要があります。サイトのロゴを画像として使用しないでください。

Google の自動システムは、専門性が高く(E)、権威があり(A)、信頼できる(T)ページが多くあるサイトのコンテンツを Discover に表示します。この E-A-T を改善したい場合は、検索に関してサイト所有者に考慮するよう推奨されている項目と、同じ内容を検討してください。検索と Discover は異なるサービスですが、それらのコンテンツに適用される E-A-T に関する原則はほぼ同じです。

Discover のパフォーマンスのモニタリング

Discover にコンテンツがある場合は、Discover のパフォーマンス レポートを使用してパフォーマンスをモニタリングできます。データのインプレッション数が最小しきい値に達している場合、このレポートには過去 16 か月間に Discover に表示されたコンテンツのインプレッション数、クリック数、クリック率が表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。