Discover の検索パフォーマンス レポート

Discover の検索パフォーマンス レポートには、Discover でのサイト パフォーマンスに関する重要な指標が表示されます。このレポートは、プロパティが Discover でのインプレッション数の最小しきい値に達した場合にのみ表示されます。

 

Discover の検索パフォーマンス レポートを開く

レポートが表示されない理由
Discover の検索パフォーマンス レポートは、プロパティが過去 16 か月間に Discover のインプレッション数のしきい値に達した場合にのみ表示されます。

レポートを構成する

レポートのデフォルト ビューには、プロパティのクリック数、インプレッション数、平均クリック率(CTR)が表示されます。

  • 表示する指標を選択する: グラフの上にある目的の指標を選択します。指標とは、クリック数やインプレッション数、CTR を指します。
  • 表示するディメンションを選択する: 表中のデータグループ タブを選択します。ディメンションとは、データをグループ化する基準を指します。Discover は、ページ、見え方によるグループ化をサポートしています。
  • (任意)データを絞り込む: フィルタを追加または変更します。
  • (任意)ディメンション グループを比較する: たとえば、ブラジルと中国の結果を比較できます。

すべてのページ指標は、ユーザーが Discover の結果をクリックしたときに表示されるページではなく、正規 URL に割り当てられます。つまり、ページに AMP 版と PC 版がある場合、すべての指標が PC のプロパティに反映されて表示されます(通常はこちらが正規プロパティです)。

グラフの読み方

選択した指標に応じて、プロパティの合計クリック数、合計インプレッション数、平均 CTR がグラフに表示されます。すべてのデータはページ単位で集計されます。指標の種類と集計方法の詳細については、こちらをご覧ください。

各指標の合計がグラフに表示されます。データがゼロの日がある場合は、各日の合計がグラフに表示された合計よりも少なくなる可能性があります(以下に説明)。

データがゼロの日がある場合
ある 1 日におけるプロパティのインプレッション数が 50 未満の場合、グラフではその日のインプレッション数は 0 として表示されます。ただし、1 日あたり 50 未満でも、グラフに表示される合計インプレッション数にはカウントされます。

表の読み方

表には、選択したディメンション(ページまたは国)ごとにグループ化されたデータが表示されます。

指標について

レポート上でタブを切り替えることにより、表示する指標を選択します。Discover の指標の種類と集計方法の詳細については、こちらをご覧ください。

すべてのデータはページレベルで集計されます。つまり、1 つのサイトが 1 回のユーザー セッションで Discover の結果を複数提示する場合、それぞれの結果は、指定しているページを含むプロパティではなく、そのページの URL に反映されます。

データを絞り込む

日付、ページ、国別にデータを絞り込むことができます。

フィルタを追加する

  • ページ内の既存の検索タイプフィルタと期間フィルタの横にある [+ 新規] ラベルをクリックします。

フィルタを削除する

  • 既存のフィルタの横にある をクリックします。日付フィルタを削除することはできません。

フィルタを変更する

  • フィルタをクリックし、値をリセットします。

データを比較する

1 つのグループ ディメンション内の 2 つの値を比較できます。グループ ディメンションは、現在選択しているグループでも別のグループでも構いません。たとえば国でグループ化している状態で、先週と今週のクリック数を比較したり、米国とフランスのクリック数を比較したりできます。1 つの指標の値を比較すると、表に各行の値のを示す列が表示されます。

データを比較するには:

  1. クリックして新しいフィルタを追加するか、既存のフィルタを変更します。
  2. フィルタのプロパティ ダイアログ ボックスで、[比較] を選択します。
  3. 比較するディメンションまたは時間を追加し、[適用] をクリックします。
一度に比較できるのは、1 つのディメンション内(日付、国など)のデータのみです。別のグループ ディメンションの新しい比較を追加すると、既存の比較は削除されます。たとえば、先週と今週(日付)でクリック数を比較し、その後で米国と日本(国)の比較を追加すると、日付は既定値にリセットされます。

データの不一致

Search Console のデータは、他のツールに表示されるデータとは若干異なる場合があります。理由としては以下が挙げられます。

  • 数値が計算されてからその計算結果が表示されるまでに時間差が生じる場合がある。 データの公開に間隔がありますが、収集は常に行われています。収集されたデータは通常、2~3 日以内に利用可能になります。
  • タイムゾーンが異なる。 検索パフォーマンス レポートでは、データにカリフォルニア州の現地時間に基づいたラベル付けがされていれば、日ごとのデータをカリフォルニア州の現地時間に基づいてトラッキングします。他のシステムで別のタイムゾーンを使用している場合、1 日あたりのデータが一致しないことがあります。たとえば Google アナリティクスでは、ウェブマスターのローカル タイムゾーンに基づいてデータが表示されます。
  • データが使用できない、または数値ではない場合の、ダウンロードしたレポートでの表示方法が異なる。レポートのデータをダウンロードした場合、レポートで「~」または「-」(データが存在しない、数値ではない)として表示される項目は、ダウンロードしたデータでは「0」と表示されます。
  • 日次の合計がグラフの合計より少ない場合がある。 ある 1 日におけるプロパティのインプレッション数が 50 未満の場合、グラフではその日のインプレッション数は 0 として表示されます。ただし、1 日あたり 50 未満でも、表示される合計インプレッション数にはカウントされます。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。