Google 検索でサイトが危険とラベル付けされるのはなぜですか?

このページは、Google または Chrome ブラウザによってブロックされているウェブサイトの所有者で、通知が表示されている方を対象としています。

はじめに

ウェブサイトの所有者ですか?

  • いいえ、ウェブサイトの所有者ではありません
  • はい、ウェブサイトの所有者です
    • 特定のページが Google 検索の検索結果またはブラウザに警告とともに表示される場合は、引き続きこのページをお読みください。

サイトがラベル付けまたはブロックされている場合の表示

サイトが危険性やスパム行為のあるダウンロードをホストしている、ユーザーに悪影響や危険をもたらす活動に関わっている、第三者によってハッキングされているといった疑いがある場合、Google 検索結果またはブラウザ(あるいはその両方)に警告が表示されます。

  • Google 検索結果には、[このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります]、[このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります] といったラベルがサイトの横に表示される場合があります。
  • Google 検索結果または他の任意の場所にあるリンクからページを開こうとすると、ブラウザにインタースティシャル ページが表示される場合があります。
  • サイトが第三者によってハッキングされている、または訪問者にとって有害なコンテンツがサイトに含まれている疑いがある場合、Search Console の確認済みのサイト所有者に Search Console から警告メールが送られます。また、サイトの [セキュリティの問題] レポートでも警告を確認できます。
[このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。] というラベルが付けられた Google 検索結果の例 Interstitial malware warning in the browser.
Interstitial hacked website warning in the browser.

ブラウザに表示される警告の例

 

表示される可能性があるその他のラベルや警告

サイトがマルウェアに感染しています。

マルウェアとは、パソコンやネットワークに被害を与えるために設計された悪意のあるソフトウェアのことです。マルウェアには、ウイルス、ワーム、スパイウェア、トロイの木馬など、さまざまな種類があります。サイトやパソコンがマルウェアに感染すると、フィッシング サイト(ユーザーから個人情報やクレジット カード情報を不正に引き出すためのサイト)などの悪質なコンテンツのホストに利用される場合があります。ハッキングされたサイトは、ハッカーに勝手に操作されてしまう場合もあります。

サイトが感染するのは、通常は、ハッカーにサイトを制御されてしまう脆弱性が原因です。ハッカーはサイトのコンテンツを変更(スパムの追加など)したり、サイトにページを追加したりすることがあります(たいていはフィッシングが目的)。また、ハッカーは悪質なコード(マルウェア)を挿入することがあります。たとえば、別のウェブサイトからコンテンツを取り込むスクリプトや iframe を挿入し、そのコンテンツで、ページを表示するパソコンを攻撃しようとします。詳しくは、Google によるマルウェアと望ましくないソフトウェアの定義方法をご覧ください。

このサイトは第三者によってハッキングされている可能性があります。

ハッキングされたコンテンツとは、サイトにセキュリティ上の脆弱性があるために、ウェブマスターの許可なくサイト上に置かれたコンテンツのことです。Google では、ユーザーを保護し、検索結果の信頼性を維持するため、ハッキングされたコンテンツが検索結果に含まれないように最善を尽くしています。ハッキングされたコンテンツは低品質であることが多く、ユーザーに誤解を与えたり、パソコンやデバイスにマルウェアを感染させたりするように設計されている可能性があります。サイトのセキュリティを維持し、ハッキングされたコンテンツを見つけたときはクリーンアップすることをおすすめします。

 

こうした問題に対処するには、下の対処方法をご覧ください。

Chrome のマルウェアに関する警告の詳細をご確認ください。

サイトがラベル付けまたはブロックされる理由

Google はページをチェックして、悪意のあるスクリプトやダウンロード、コンテンツ違反、ポリシー違反、およびユーザーに影響を及ぼす可能性があるその他のさまざまな品質や法律関連の問題があるページをインデックスに登録します。Google はブロックする必要があるコンテンツを検出すると、以下の処置を講ずることがあります。

  • 通知なしで検索結果を非表示にする。
  • 危険なサイトとして検索結果にラベルを付けるか、特定の目的のために除外する。
  • 危険なサイトのセーフ ブラウジング リストにページを追加する。このリストは主要なブラウザのほとんどで使用されています。それらのブラウザでは通常、ユーザーが該当ページにアクセスする前になんらかの方法で警告します。

ページやサイト上の素材は、意図しているかどうかにかかわらず、Google のポリシーに違反する可能性があります。

  • コンテンツや検索パフォーマンスの管理のために雇った担当者が、検索ランキングを上げるためにリンクを購入するなど、Google のスパムに関するポリシーに違反する行為をしたことはないでしょうか。
  • お金やその他の不正な目的のために悪習に手を染めたプロフェッショナルによって、知らないうちにサイトがハッキングされていたことはないでしょうか。

ラベル付けまたはブロックされる可能性がある素材

Google のポリシーに違反する素材、法律に違反する素材、またはその他のなんらかの理由で禁止されている素材は、ラベル付けされるか、Google 検索に表示されないようにブロックされることがあります。

コンテンツがラベル付けまたは削除される一般的な理由

理由 説明 検索結果からの除外 ラベルが付けられた検索結果 ブラウザによるページの警告
スパムページまたは低品質のページ ページやサイトが Google の品質に関するガイドラインに違反する行為に関わっていると考えられる場合、そのページは Google の検索結果に表示されなくなります。違反には、クローキング(検索エンジンと訪問者に対してそれぞれ異なる URL を表示する)やコンテンツの無断複製(別のサイトのコンテンツを付加価値を付けずに再利用する)などがあります。    
法律に基づく削除 Google への法的要請により削除されたページ。    
セーフサーチ

セーフサーチとは、不適切な画像や露骨な表現を含む画像を検索結果で通知せずにブロックする、アカウント内の個人設定です。セーフサーチはアカウント設定で有効または無効にすることができます。

* ユーザーがセーフサーチをオンにしているときに除外された検索結果。

✔*    
マルウェアや望ましくないソフトウェア パソコン、パソコンで実行されているソフトウェア、またはそのユーザーに危害を加えることを目的としたソフトウェア。  
ハッキングされたコンテンツ 1 つ以上のページが手動でハッキングされていたことが判明した場合、Google の検索結果を削除できます。ページを再登録するには、ウェブサイトの所有者が手動でリクエストする必要があります。ハッキングがプログラムによって検出された場合、通常の再クロールでクリーンなコンテンツとして検出されると再登録されます。    
フィッシング、ソーシャル エンジニアリング 信頼できる当事者のふりをして、ユーザーをだまして機密情報(クレジット カード番号など)を漏洩させたり、なんらかの危険な行為やコストのかかる行為をさせたりしようとするページ。  
Google のポリシー 漏洩した金融口座情報や同意なく共有された露骨な写真など、特定の個人情報を含んでいるため検索結果から除外されたページ。    

 

問題の修正方法

ウェブサイトに対する編集権限を持っている場合、問題を修正できます。

  1. 問題を確認して理解する(このプロセスに意図的に関わっている場合は、この手順をスキップできる可能性があります)
  2. 問題を修正する
  3. 再審査をリクエストする
  4. 警告をトリガーしなくなったことを確認する
1. 問題を確認して理解する

問題を修正しようとする前に、サイトが Google によってラベル付けされていることを確認します。

ウェブサイトの所有者の場合は、Search Console に登録することを強くおすすめします。Search Console でサイト所有者として確認を済ませておくと、所有するサイトがハッキングされている疑いがある場合や、サイトがフィッシングやソーシャル エンジニアリングなどの有害な行為に関わっていると報告された場合に、通知が届くようになります。

ブラウザの警告ページを確認する

  1. Chrome でリンクにアクセスして、サイトにアクセスするかどうかを尋ねるインタースティシャルな警告(Chrome のポップアップ ページまたは警告ページ)が表示されるかどうかを確認します。Chrome はセーフ ブラウジングと呼ばれるプログラムに参加しており、マルウェアを含んでいる、ハッキングされている、フィッシングなどの不正行為に関わっているといった疑いがあるサイトにユーザーがアクセスする前に警告します。
  2. 警告が表示された場合、Search Console でサイトの [手動による対策] レポート[セキュリティの問題] レポートを開き、警告を確認します。Search Console の確認済みのサイト所有者でない場合は、Google セーフ ブラウジングに関する透明性レポートにアクセスしてサイトの URL を入力できます。危険なサイトとしてマークされている場合は、サイトを修正する必要があります。
  3. 警告が表示されない場合、最近行った修正によって問題が解決されている可能性があります。

ラベルが付けられた検索結果を確認する

  1. Google で特定のページの URL を検索し、そのページにラベルが付いているかどうかを確認します。
  2. サイト制限付き検索を実行して、サイトの検索結果に警告が表示されるかどうかを確認します。サイト制限付き検索とは、検索結果を特定のサイトに制限する検索です。ヒットするはずがないスパム キーワード(扱っていない医薬品や高級ブランドの名前、ポルノ用語、「ローン」などのその他のスパムワードなど)でサイト制限付き検索を実行してみてください。たとえば、site:example.com viagra を検索すると、サイト www.example.com でワード「viagra」が検索されます。
  3. サイトが Search Console に登録されている場合:
    • サイトの [手動による対策] レポート[セキュリティの問題] レポートを開きます。これらのレポートでは、サイトまたはページがスパムに関するポリシー ガイドラインに違反しているかどうか、またはハッキングされているかどうかを確認できます。通常、このようなページに関する警告の一覧を掲載したメールがサイト所有者に送信されます。メールが届かない場合は、今までどおりメッセージを受信するように構成されていること、メール内のメッセージをフィルタしていないことを確認してください(メッセージを確認できないようにするためにアカウントの設定を変更するハッカーもいます)。

      警告が表示されない場合は、アルゴリズムで検出された問題である可能性があります。その場合、Search Console で警告が表示されない可能性があります。それでも問題を修正する必要がありますが、問題を修正した後に個別審査をリクエストする必要はありません。Google が次にサイトをクロールしたときに修正が検出され、サイトからラベルが削除されます。
  4. サイトが Search Console に登録されていない場合は、セーフ ブラウジングのサイトで危険なサイトとして表示されるかどうかを確認します。
2. 問題を修正する

ラベルが付けられた検索結果

Google 検索結果に警告のラベルが付いている場合、ページまたはサイトがどのように表示されるかをテストし、ヒットするはずがないスパム キーワード(「バイアグラ」などの医薬品、扱っていない高級ブランドの名前、ポルノ用語、「ローン」など)でサイト制限付き検索を実行します(例: site:www.example.com viagra)。

ヒットするページが見つかった場合、サイトがハッキングされている可能性があります(次のセクションを参照)。

ハッキングされたウェブサイト

ハッキングされていた場合は、サイトをシャットダウンし、問題のあるページを見つけて修正とクリーンアップを行い、サイトをオンラインに戻す前にセキュリティ保護する必要があります。Google では、すべての人にハッキングを回避するためのおすすめの方法を理解することを推奨しています。しかし、最近のハッキング攻撃の多くは非常に高度なため、.htaccess ファイルを確認したりディスク イメージを作成したりするのに不安を感じる場合は、サイトを完全にクリーンアップして問題を修正し、さらなる攻撃からサイトを守ることが可能な信頼できるプロフェッショナルを見つけることをおすすめします。ハッキングされたウェブサイトの修正に関するガイドラインについては、こちらをご覧ください

マルウェア

マルウェアや望ましくないソフトウェアに関する Google の定義を確認し、サイト内の問題をすべて修正します。

ポリシーに関する問題、法律に基づく削除、低品質のページまたはスパムページ

コンテンツ違反がある場合は、Google の品質に関するガイドラインを確認し、ガイドラインと Google のポリシーの両方を遵守するようにサイトを修正します。 法律上の問題については、弁護士に相談することをおすすめします。Google では通常、法的な理由による削除リクエストの根拠を Search Console で通知します。

3. 再審査をリクエストする

サイトが Search Console に登録されている場合

法的な理由やポリシー違反が原因で除外されているページ、低品質のページ、スパムページ:

  1. Google は最終的に、ページを再クロールして再評価します。Google による再審査をリクエストする必要はありません。

 

サイトの [セキュリティの問題] レポートにアクセスし、[再審査をリクエスト] を選択します。再審査を送信するときに、サイトからハッカーの被害が消去されたことを示す詳細情報の入力を求められます。たとえば、[セキュリティの問題] の各カテゴリについて、サイトをどのようにクリーンアップしたかを説明する文を入力できます(例: 「コンテンツ インジェクション タイプのハッキング URL については、スパム コンテンツを削除し、古くなったプラグインを更新して脆弱性を修正しました」)。

再審査をリクエストする前に、問題が本当に修正されたかどうかを確認します。問題が残っているのに再審査をリクエストした場合、サイトに問題があると表示される期間がさらに長くなってしまいます。
  • マルウェアに感染したサイトの再審査の処理には数日かかります。再審査が完了すると、Search Console の [メッセージ] に回答が表示されます。
  • スパムでハッキングされたサイトの再審査の処理には、最大で数週間かかる場合があります。スパムの再審査には、手動による調査やハッキングされたページの完全な再処理が含まれるためです。再審査が承認されると、[セキュリティの問題] には、ハッキング カテゴリのタイプやハッキングされた URL のサンプルは表示されなくなります。
  1. サイトが正常であることが Google で確認されると、通知を受け取ってから数日以内にブラウザや検索結果から警告が削除されます。

 

警告システムに対する更新は、少し遅れることがよくあります。これは、Google セーフ ブラウジングのデータベース、Chrome ブラウザ、Search Console の [セキュリティの問題] レポートまたは [手動による対策] レポートの間で更新データが送信されるのに数日かかる場合があるためです。つまり、透明性レポートでサイトのエラーが報告されなくなっても、ブラウザには引き続きサイトの警告ページが表示されます。透明性レポートで危険なサイトとして表示されなくなったサイトの警告ページがブラウザでまだ表示されるかどうかを確認する場合は、1 日待ってからにしてください。

 

サイトが Search Console に登録されていない場合

  • 法的な理由やポリシー違反が原因で除外されているページ、低品質のページ、スパムページについては、Google が定期的に再クロールし、ページの変更内容を自動的に認識します。
  • フィッシングの問題については、こちらで再審査をリクエストしてください。

 

警告システムに対する更新は、少し遅れることがよくあります。これは、Google セーフ ブラウジングのデータベース、Chrome ブラウザ、Search Console の [セキュリティの問題] レポートまたは [手動による対策] レポートの間で更新データが送信されるのに数日かかる場合があるためです。つまり、透明性レポートでサイトのエラーが報告されなくなっても、ブラウザには引き続きサイトの警告ページが表示されます。透明性レポートで危険なサイトとして表示されなくなったサイトの警告ページがブラウザでまだ表示されるかどうかを確認する場合は、1 日待ってからにしてください。

4. 修正を確認する

Google による修正の確認と、ラベルの削除には数日かかる場合があります。さらに、ラベルが付いている場合、しばらくの間、検索ランキングに影響が及ぶ可能性があります。そのため、最初のページでは結果を確認できない場合があります。

  1. 検索結果が除外またはラベル付けされている場合: サイト制限付き検索を実行して、ページが表示されるかどうかを確認するか、正確なページ URL を検索します。1 週間経っても変化が見られない場合は、手順 1 に戻って、問題が確かに修正されていることを確認してください。
  2. ブラウザに警告が表示される場合: 再審査のリクエストが承認された後、1~2 日待ってから Chrome ブラウザでページにアクセスし、サイトに関する警告が表示されるかどうかを確認します。Google セーフ ブラウジングのデータベース、Chrome ブラウザ、Search Console の [セキュリティの問題] レポートまたは [手動による対策] レポートの間で更新データが送信される場合、警告システムに対する更新が 1~2 日遅れることがよくあります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
7143635067621317596
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true