Fetch as Google ツールを使ったクロールとレンダリング

URL の再クロールを Google にリクエストする

サイト内の URL に変更を加えた場合、Fetch as Google ツールの 「インデックスに送信」機能を使用して、Google 検索結果に表示されるウェブページを更新することができます。この機能では、指定した URL をクロールしてインデックスに登録するよう Google にリクエストします。

URL を送信する前に、URL を取得(または取得してレンダリング)して、ページのクロールやレンダリングに関するエラーがないかどうかを診断し、エラーがあればデバッグしてください。Fetch as Google で取得処理が完了したら、[インデックスに送信] をクリックして、その URL が再クロールできる状態になっていることを Google に知らせます。なお、「インデックスに送信」機能は、取得が次の条件を満たす場合にのみ表示されます。

  • 取得ステータスが [完了]、[一部]、または [リダイレクトされました] であること。
  • Googlebot タイプを [PC] または [モバイル スマートフォン] にして取得を行ったこと。
  • 取得してから 4 時間を過ぎていないこと。
[送信] をクリックすると、Google はその URL のコンテンツをそのままクロールし、インデックスに登録します。送信リクエストが保留中になっている間に URL のコンテンツを変更した場合、再クロールした結果と最新の Fetch as Google の結果が一致しないことがあります。また、ページの再クロールは送信後に行われるため、送信した URL を Fetch as Google で取得しただけか、それとも取得してレンダリングしたかは結果に影響しません。

[インデックスに送信] をクリックすると送信プロセスが開始し、URL の再クロールとインデックスへの再登録をリクエストするためのダイアログが表示されます。詳しい手順は次のとおりです。

URL のクロールとインデックス登録を Google に依頼する

  1. 取得一覧にある最近正常に完了した取得のステータスの横にある [インデックスに送信] をクリックします。
  2. 再クロール対象として 1 つの URL のみを Google に送信する場合は、[この URL のみをクロールする] を選択します。この方法では、1 か月に 500 件まで URL を送信できます。
  3. 再クロール対象として URL とその URL がリンクしている他のすべてのページを送信する場合は、[この URL と直接リンクをクロールする] をクリックします。このタイプのリクエストは 1 か月に 10 件まで送信できます。
  4. [送信] をクリックして、リクエストが処理できる状態になっていることを Google に知らせます。

URL を送信してから、リクエストが処理され、ページがクロールされインデックスに登録されるまでにはしばらく時間がかかることがあります。さらに、Google では複雑なアルゴリズムを使ってインデックス登録されたデータの更新を行うため、必ずしもすべての変更がインデックスに登録されることを保証することはできません。

次へ: サイトのコンテンツへのアクセスをブロックする