動画のベスト プラクティス

Google 検索で見つかるような動画にする

Google 検索は日々、何十億回も行われており、動画コンテンツを探すユーザーも少なくありません。ご自分の動画が検索結果に返される可能性を高めるには、ここで紹介するベスト プラクティス(および、通常のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン))を参考にすることをおすすめします。

Google 検索では、統合された検索結果と動画検索結果の両方に動画が表示されます。検索結果の動画をユーザーがクリックすると、リンク先のページが表示され、そこで動画を視聴できます。

 

Google で動画がクロールされる仕組み

Google は検索結果に動画を公開するにあたり、その動画についてある程度把握しておく必要があります。動画についての情報を Google は以下の方法で抽出できます。

  • 動画を(サポートしている動画エンコード方式であれば)クロールして、サムネイルとプレビューを抽出することができます。そのファイルの音声や映像から、限られた範囲ですが、意味を抽出することもできます。
  • 動画をホストしているページ上のテキストやメタタグなどから情報を抽出できます。
  • その動画に関する構造化データ(VideoObject)または動画サイトマップを利用できます。
YouTube コンテンツ: YouTube 動画は常にクロールできます。それでも、動画サイトマップや構造化データが提供されれば、ページに埋め込まれた YouTube 動画を Google が検出するのに参考になります。サイトマップと構造化データは、動画に関する追加情報を得るためにも役に立ちます。

動画の検索結果について

検索結果に動画が表示されるかどうか、またはどのように表示されるかは、Google にどの程度情報を提供しているかによります。Google の検索結果に動画を公開するのに必要な情報は、その動画のサムネイル画像と、実際の動画ファイルへのリンクの 2 つです。ただし、それ以外にも提供する情報が多いほど、その検索結果の便宜性は高まります。

動画検索での見え方には、次のように 2 つの基本的なレベルがあります。

  • 基本表示: Google に最小限の情報しか提供していない場合、統合された検索結果と動画検索結果に、動画のサムネイル画像とリンクが表示されます。動画のプレビューやコンテンツの解析のような拡張機能は利用できません。サムネイル画像と動画ファイルへのリンクが、最小限の必須情報です。


    動画検索結果の基本表示例

  • 拡張表示: 詳細情報を適用すると、その動画の特徴が追加で表示されるようになります。たとえば、動画のプレビュー機能、動画の長さや、日付、動画をアップロードした主体に関する情報の表示、ユーザーの国や検索する端末に応じて検索結果を制限する機能があります。

    Sample desktop video search result
    パソコンでの動画検索結果の拡張例

    Sample mobile video search result
    モバイルでの動画検索結果の拡張例

 

ベスト プラクティス

動画検索結果に表示される最小要件:

ご自分の動画を Google 検索結果の対象にするには、次のガイドラインに準拠している必要があります。

  • Google がその動画を見つけられるようにする必要があります。 動画がページ上で識別されるのは、<video><embed><object> などの HTML タグがある場合です。ページが読み込まれるのに、複雑なユーザー操作や特定の URL フラグメントの条件は不要にします。こうした条件が必要な場合、動画が検出されない可能性があります。ヒント: ページに埋め込まれた動画は通常のクロールでも検出されますが、動画のサイトマップがあれば、より検出されやすくなります。
  • 動画の高画質のサムネイル画像を提供する必要があります。
  • 一般に公開されているページに各動画を配置するようにします。ログインは不要なページでなければなりません。さらに、robots.txtnoindex を使ってページをブロックしてはなりません(Google がページにアクセスできる必要があります)。
  • 動画の内容は、そのホストページの内容に厳密に即している必要があります。 たとえば、ピーチパイのレシピのページに一般的なパイに関する動画を埋め込まないでください。
  • 動画のサイトマップやマークアップで提供する情報はすべて、実際の動画の内容と一致させます。


最適な結果を表示するための手順

下記の対策をとると、Google での動画の検索結果がさらに改善されます。

動画の高画質なサムネイルを提供する

動画が Google の動画検索結果への表示対象となるには、検索結果に表示できるサムネイル画像が必要です。

サムネイルを提供する(有効にする)複数の方法:

  • <video> HTML タグを使用する場合は、poster 属性を指定します。
  • 動画サイトマップの場合は <video:thumbnail_loc> を指定します。
  • 構造化データの場合は VideoObject.thumbnailUrl を指定します。
  • クロール可能な形式で動画を提供すると、Google でサムネイルが生成されます。

推奨形式: JPG、PNG

サイズ: 160x90~1,920x1,080 ピクセル

保存場所: プレビュー用のサムネイルは、Googlebot がアクセスできるようにする必要があります(robots.txt またはログイン要求によってブロックしてはなりません)。

動画をクロール可能にする

Google が動画をクロールできる場合は、サムネイル画像が生成され、動画のプレビューが可能になり、他にも機能が提供されます。

動画をクロールできるようにするための手順

  • 動画をサポートされている形式で作成する必要があります。
  • 動画のホストページとストリーミング ファイルの本体に Google がアクセスするのをブロックしてはなりません(ブロックとは、ページやファイルをペイウォールで保護する、ログインを要求する、または noindexrobots.txt でアクセスを阻止することです)。
  • 動画のホストページと実際に動画をストリーミングするサーバーにはクロール可能な帯域幅が必要です。たとえば、example.com/puppies.html にあるリンク先ページに、somestreamingservice.com から配信される子犬の動画を埋め込んでいる場合、example.comsomestreamingservice.com の両方でアクセスをブロックしてはならず、サーバーの読み込みを可能にする必要があります。

サポートされている動画エンコード

Google でクロール可能な動画ファイル形式は、.3g2、.3gp2、.3gp、.3gpp、.asf、.avi、.divx、.f4v、.flv、.m2v、.m3u8、.m4v、.mkv、.mov、.mp4、.mpe、.mpeg、.mpg、.ogv、.qvt、.ram、.rm、.vob、.webm、.wmv、.xap です。

Flash は、モバイル ウェブブラウザのほとんどでサポートされなくなっており、2020 年に Adobe でのサポートも終了する予定です。Flash 形式の動画については、モバイル ブラウザでサポートされている別の形式に変換することをご検討ください。

構造化データまたは動画サイトマップを使って動画について記述する

構造化データと動画サイトマップのいずれかまたは両方を使って、動画についての追加情報を Google に提供することができます。このように追加情報を提供すると、検索結果で利用できる機能が増えるだけでなく、Google が正確に動画を把握してランクを判断できるようになります。

どちらの方法でも同じ情報を Google に提供できますが、動画サイトマップのほうが新しいコンテンツや更新されたコンテンツの Google による検出を早めるためには便利です。一方、構造化データのほうがサイトマップよりも馴染みやすい人もいて、リッチリザルトを有効にする構造化データをウェブサイトで利用する場合は一貫性があると考えられます。ウェブサイトで両方を利用することもできますが、その場合は必ず、双方のデータが一致するようにしてください。

構造化データ

動画について記述する構造化データをホストページに追加します。構造化データとは、タグまたは JSON を使って、明確に定義された形式に沿って提供する情報です。Google はページをクロールする際、その形式を読み取って理解し、動画についての正確な情報を抽出することができます。

使用できる形式は複数ありますが、schema.org の JSON-LD 形式による VideoObject 構文を強くおすすめします。

Schema.org の VideoObject(推奨

VideoObject のコードをページに埋め込みます。VideoObject は、一致するソース URL を持つ埋め込み動画に関連付けられます。

各動画について VideoObject による説明をページに埋め込む方法をご確認ください。

VideoObject JSON-LD の例

<html>
<head>
  <title>1 時間でできるシュニッツェル</title>
</head>
<body>
  <script type="application/ld+json">
  {
    "@context": "http://schema.org",
    "@type": "VideoObject",
    "name": "Schnitzel Stories",
    "description": "How to make fantastic schnitzel in just one hour",
    "thumbnailUrl": "https://example.com/imgs/schnitzel-small.jpg",
    "uploadDate": "2015-02-05T08:00:00+08:00",
    "duration": "PT1M33S",
    "contentUrl": "https://streamserver.example.com/schnitzel.mp4"
  }
  </script>
  <h1>誰にでも愛されるシュニッツェル</h1>

  ... シュニッツェルに関するページ コンテンツは省略...

  <video width="420"
      src="https://streamserver.example.com/schnitzel.mp4"
      poster="https://example.com/imgs/schnitzel-small.jpg"/>
</body>
</html>

 

シンプルな VideoObject ではなくテレビや映画のリッチリザルトを表示する

テレビ番組や映画の内容とレビューや出演者の情報などを記述する場合、または購入やレンタルのような複雑な操作を動画が必要とする場合は、ウェブサイトにテレビ番組や映画の構造化データを実装してください。テレビ番組や映画の構造化データを指定すると、検索にリッチリザルトを表示できるようになり、レーティング、レビュー、出演者の情報だけでなく、無料または有料のストリーミング サービスへのリンクを提供できます。リッチリザルトは、統合された検索結果ペインにのみ表示されます。

 
オープングラフ プロトコル

schema.org の VideoObject 構文の代わりにオープングラフ プロトコル メタデータの一部も使用できます。ページ上のメインの最も目立つ動画について、タグに記載する必要があります。

動画サイトマップ

動画サイトマップは、サイト上の動画を Google が探す際に使用する XML サイトマップであり、動画の内容についての情報も Google に提供できます。動画サイトマップで動画について記述するエントリは、VideoObject 構造化データ要素と同様の形式です。動画サイトマップを使用する利点は、新しい動画や更新された動画を Google が検出する際にも役立つことと、1 つのファイルに多数の動画について記載できるので各ページを Google がクロールして個々に変更を見つける必要がないことです。

動画サイトマップの作成方法についてご確認ください。

コンテンツを更新する

Notifying Google of Video Updates

 

動画を変更したことを Google が認識できるかどうかは、Google でのコンテンツの検出や読み取りのためにどのような措置がなされているかによります。動画の URL やソースファイルを入れ替えて、他に何も変更しない場合、Google は変更に気づかないことがあります。

  • 構造化データ: ページ上の動画の構造化データを変更すると、Google は次回のクロール時に変更を確認します。通常のサイトマップや動画サイトマップを使って変更したページを Google に通知することもできます。
  • 動画サイトマップと mRSS: 動画サイトマップを送信すると、Google は定期的にサイトマップを再クロールして、変更された動画データがあれば検索結果を更新します。サイトマップを再送信したり、変更したサイトマップを Google に通知してすぐに再クロールするようにリクエストしたりすることもできます。詳しくは、サイトマップの送信と HTTP リクエストを使ったサイトマップの更新についての説明をご覧ください。

動画を削除する

サイトから動画を削除するには以下の方法をおすすめします。

  • 削除した動画または期限の切れた動画を含むリンク先ページの HTTP ステータス コードとして 404(見つからない)を返します。404 レスポンス コードだけでなく、通常のユーザーにエラーを意識させないようなページの HTML を返すこともできます。
  • schema.org の構造化データ、動画サイトマップ(<video:expiration_date> 要素を使用)、または mRSS フィード(<dcterms:valid> タグ)内で有効期限を明示します。例として次に、2009 年 11 月に期限が切れた動画についての動画サイトマップを示します。
    <urlset xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9"
            xmlns:video="http://www.google.com/schemas/sitemap-video/1.1"> 
      <url> 
        <loc>http://www.example.com/videos/some_video_landing_page.html</loc>
        <video:video>
          <video:thumbnail_loc>
              http://www.example.com/thumbs/123.jpg
          </video:thumbnail_loc> 
          <video:title>
              夏のステーキの焼き方
          </video:title>
          <video:description>
              いつでも完璧にステーキを焼く方法をボブが紹介します
          </video:description>
          <video:player_loc>
              http://www.example.com/videoplayer?video=123
          </video:player_loc>
          <video:expiration_date>2009-11-05T19:20:30+08:00</video:expiration_date>
        </video:video> 
      </url> 
    </urlset>
    
動画を検索結果から直ちに削除する必要がある場合削除リクエストを申請することも必要です。こうしたリクエストが正常に処理されるために、動画を Google に提示しない、またはアクセスを禁止する(404 を返す、またはログインを必須とする)ようにします。

動画の読み込みに複雑な条件を設定するのは避ける

サイトを設計する際、動画ページでの動画の読み込みに、複雑すぎるユーザー操作や条件を必須とすることは避けます。たとえば、特定の条件(URL 内でハッシュタグを使用するなど)でのみ JavaScript 内から動画オブジェクトを埋め込むような複雑な JavaScript を使用している場合、Google が一部の動画を探せない可能性もあります。サイトマップに動画のリストを指定しない場合、これは特に重要です。

動画ページでユーザーに高い利便性を提供する

優れた動画を提供するだけでなく、コンテンツを表示する HTML ページのデザインについても検討します。たとえば、次の点を考えます。

  • 動画ごとに個別のページを作成し、関連情報をすべてまとめて記載できるようにします。その際、説明となるタイトルやキャプションなど、ページごとに固有の情報を提供するようにします。
  • 各ページでユーザーができるだけ動画を見つけて再生しやすいようにします。幅広くサポートされている動画形式を使用し、動画プレーヤーをわかりやすく埋め込むと、ユーザーに一層アピールできます。また、Google がインデックスに登録しやすくなります。

プラットフォームごとにユーザーを制限する

検索ユーザーのプラットフォームに応じて、動画の検索結果を制限することができます。プラットフォームには、パソコン ブラウザ、モバイル端末ブラウザ、テレビのブラウザがあります。

Video Platform Restrictions

動画サイトマップを使ってプラットフォームごとに制限する

動画にプラットフォームの制限がない場合は、プラットフォームの制限タグは省略する必要があります。

動画サイトマップでは <video:platform> タグを使って、指定した端末に対して検索結果での動画の表示を許可または拒否することができます。<video:platform> タグは動画エントリごとに 1 つだけ指定できます。このタグには必須の relationship 属性があり、リストに指定したプラットフォームを除外するか必須とするかを指定します。

以下の動画サイトマップの例では、パソコンとモバイルのブラウザでのみこの動画が表示されます。

<url>
  <loc>http://www.example.com/videos/some_video_landing_page.html</loc>
  <video:video>
    <video:thumbnail_loc>
        http://www.example.com/thumbs/123.jpg
    </video:thumbnail_loc>
    <video:title>夏のステーキの焼き方</video:title>
    <video:description>
        いつでも完璧にステーキを焼く方法をボブが紹介します
    </video:description>
    <video:player_loc>
        http://www.example.com/videoplayer?video=123
    </video:player_loc>
    <video:platform relationship="allow">web mobile</video:restriction>
  </video:video>
</url>

構造化データまたは mRSS を使ってプラットフォームごとに制限する

VideoObject と mRSS フィードにはプラットフォームを制限するタグはありません。

国ごとにユーザーを制限する

検索ユーザーの地域に応じて、動画の検索結果を制限することができます。動画に国による制限がない場合は、国の制限タグは省略する必要があります。

Video Country Restrictions

動画サイトマップを使って国ごとに制限する

動画サイトマップでは <video:restriction> タグを使って、特定の国で動画の表示を許可または拒否することができます。<video:restriction> タグは動画エントリごとに 1 つだけ指定できます。

<video:restriction> タグには ISO 3166 国コードをスペースで区切って指定します。必須の relationship 属性に、制限の種類を指定します。

  • relationship="allow" - 指定した国でのみ動画が表示されます。国を 1 つも指定しないと、その動画はどの国でも表示されません。
  • relationship="deny" - 指定した国以外で動画が表示されます。国を 1 つも指定しないと、その動画はすべての国で表示されます。

以下の動画サイトマップの例では、カナダとメキシコでのみこの動画が表示されます。

   <url> 
     <loc>http://www.example.com/videos/some_video_landing_page.html</loc>
     <video:video>
       <video:thumbnail_loc>
           http://www.example.com/thumbs/123.jpg
       </video:thumbnail_loc> 
       <video:title>夏のステーキの焼き方</video:title>
       <video:description>
           いつでも完璧にステーキを焼く方法をボブが紹介します
       </video:description>
       <video:player_loc>
           http://www.example.com/player?video=123
       </video:player_loc>
       <video:restriction relationship="allow">ca mx</video:restriction> 
     </video:video> 
   </url>

構造化データを使って国ごとに制限する

VideoObject 構造化データを使って動画について記述する場合、VideoObject.regionsAllowed プロパティを設定して、その動画の検索結果を取得できる地域を指定します。このプロパティを省略すると、その動画はどの地域でも検索結果の対象となります。

mRSS を使って国ごとに制限する

mRSS フィード内の動画については、media:restriction タグを使い、その必須の type 属性を country に設定することで国の制限を指定できます。media:restriction でも必須の relationship 属性を allow または deny に設定することで、ISO 3166 国コードをスペースで区切ったリストについて、許可するか拒否するかを指定します。

以下の mRSS エントリの例では、米国とカナダを除くすべての国に対して動画が表示されます。

  <item xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/" xmlns:dcterms="http://purl.org/dc/terms/">
    <link>http://www.example.com/examples/mrss/example.html</link>
    <media:content url="http://www.example.com/examples/mrss/example.mp4"
                   fileSize="405321" type="video/x-flv" height="240"
                   width="320" duration="120" medium="video"
                   isDefault="true">
      <media:title>夏のステーキの焼き方</media:title>
      <media:description>
          いつでも完璧にステーキを焼く方法
      </media:description>
      <media:thumbnail
          url="http://www.example.com/examples/mrss/example.png"
          height="120" width="160"/>
    </media:content>
    <media:restriction relationship="deny" type="country">us ca</media:restriction>
  </item>

Google 動画検索で mRSS フィードを使用する方法や、media:restriction タグに関する mRSS の仕様について詳細をご確認ください。

どの URL が何を示すか

ページ上の動画ファイルに関連する URL は複数あります。その一般的な URL について概説します。

Diagram of URLs in a page

  タグ 説明
1
  • <loc>
    (動画サイトマップのタグ)

動画をホストするページの URL。次に例を示します

<loc>https://example.com/news/worlds-biggest-cat.html</loc>

2
  • VideoObject.embedUrl
    (構造化データ)
  • <video:player_loc>
    (動画サイトマップのタグ)
  • <iframe src="...">

カスタム プレーヤーの URL。これはそのページ上の <iframe> タグまたは <embed> タグの src 値と同じになることもよくあります。次に例を示します。

<video:player_loc>
https://archive.example.org/cats/1234</video:player_loc>

3
  • <video src="...">
    (HTML タグ)
  • <embed src="...">
    (HTML タグ)
  • <video:content_loc>
    (動画サイトマップのタグ)
  • VideoObject.contentUrl
    (構造化データ)

ローカルサイトまたはストリーミング サービス上にある実際のコンテンツ本体の URL。次に例を示します。

<video src="videos.example.com/cats/1234.mp4">

 

構造化データ、動画サイトマップ、または代替サイトマップを含める場合、そのフィールドに応じて、埋め込みプレーヤーまたはファイル本体を指す必要があります。

Google 検索結果から動画をブロックする

Google 検索結果から動画を非表示にするには、いくつかの方法があります。

  • ホストページと動画ファイル用のログイン画面を表示します。
  • 非表示にする動画の動画サイトマップに国の制限を追加し、次の空の許可リストを指定します。
    <video:restriction relationship="allow"></video:restriction>
  • robots.txt を使用して、ソース動画またはホストページ、あるいはその両方をブロックします。動画とホストページが同じサイトにある場合は、ソースファイルの URL(contentUrl アドレス)とホストページの URL をブロックします。動画が別の CDN でホストされている場合は、ホストまたはプレーヤーのページをブロックするだけです。
  • ホストページとファイルに対して、noindex HTTP レスポンスを返します(ページにファイルが存在する場合)。

上記の方法を行うことで別のページから動画やページにリンクできなくなることはありません。

動画のインデックス登録でのよくある誤り

以下は、動画のインデックス登録でよく見られる誤りと、誤りを修正して動画が検索結果に表示される可能性を高めるためのおすすめの方法です。ウェブマスター向けガイドライン(品質ガイドライン)もご確認ください。

Common Video Indexing Pitfalls

robots.txt を使ったリソースのブロック

よくある例は、robots.txt を使って、検索エンジンによる JavaScript ファイル、動画ファイル、画像ファイルのクロールを阻止してしまうことです。動画を Google のインデックスに登録するには、構造化データやサイトマップに指定されたサムネイル、動画が表示されるページ、動画本体、および動画を読み込むのに必要な JavaScript などのリソースを Google が確認できる必要があります。動画に関するこうしたリソースが robots.txt ルールでブロックされていないことを確認してください。

動画サイトマップまたは mRSS を使用している場合は、送信するサイトマップや mRSS フィードに Google がアクセスできることを確認してください。robots.txt でこれらをブロックすると、Google が読み取れなくなります。

robots.txt について詳細をご確認ください。

低画質のサムネイル画像

サムネイルの画像形式は問いませんが、.png 画像や .jpg 画像をおすすめします。画像のサイズは 160x90 ピクセル以上で 1,920x1,080 ピクセル以下にする必要があります。

サムネイル、タイトル、説明の重複

異なる動画に同じサムネイル、タイトル、または説明を使用すると、動画のインデックス登録に影響することがあり、ユーザーの混乱を招くおそれがあります。動画ごとに固有のデータを使用してください。エピソードのコンテンツの場合によくある誤りは、複数の動画で同じタイトル画面のサムネイルを使用することです。

有効期限を過去に設定

動画の有効期限が過ぎていると、Google はどの検索結果にも含めません。これには、サイトマップ、ページ上の構造化データ、およびサイトのヘッダーで設定される有効期限のメタタグが含まれます。各動画の有効期限が正しいことをご確認ください。有効期限後に動画が利用できなくなる場合、検索結果に含めないのは当然ですが、利用可能な動画に過去の日付を設定してしまう誤りはありがちなので、注意が必要です。動画に有効期限がない場合、有効期限の情報は設定しないでください。

削除した動画の扱い

埋め込みの動画をページから削除した場合、動画を再生できなくなったことを Flash プレーヤーを使ってユーザーに伝えるサイトがあります。これは検索エンジンにとって問題となるおそれがあるので、代わりに次の方法をおすすめします。

  • 削除した動画または期限の切れた動画を含むリンク先ページの HTTP ステータス コードとして 404(見つからない)を返します。404 レスポンス コードだけでなく、通常のユーザーにエラーを意識させないようなページの HTML を返すこともできます。
  • ページ上の構造化データ、動画サイトマップ(<video:expiration_date> 要素を使用)、または Google に送信する mRSS フィード(<dcterms:valid> タグ)内で有効期限を明示します。

複雑な JavaScript と URL フラグメント

サイトを設計する際、複雑すぎる JavaScript は避けて動画のページを設定することが重要です。特定の条件でのみ JavaScript 内から動画オブジェクトを埋め込むような複雑すぎる JavaScript を使用している場合、Google が動画を正しくインデックスに登録できない可能性もあります。「ハッシュマーク」やフラグメント識別子を必要とするコンテンツやページの URL はサポートされていません。また、ページ上で Flash を使用すると、効率のよいインデックス登録ができないことがあります。動画のタイトルや説明は、Flash を使用せずにプレーンの HTML マークアップで表示することをおすすめします。

ページ上の構造化データを使用する場合、Flash や他の埋め込みプレーヤーを起動せずにその構造化データが提供されるようにする必要があります。

動画が小さい、隠れている、見つけにくい

動画のページに動画をはっきりと、見つけやすく表示する必要があります。各動画専用のページに、個々の動画に固有のわかりやすいタイトルや説明を付けて表示することをおすすめします。ページ上で動画が目立つように、隠れていたり見つけにくかったりしないように配置します。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。