Search Console のスタートガイド

Google 検索でのサイトの表示を改善することに関心をお持ちの方や、検索エンジン最適化(SEO)と Search Console の学習に少し時間を費やす意欲のある方は、こちらのスタートガイドをご覧ください。
HTML やコーディングについて理解する必要はありませんが、サイトがどのように構成され、作成されているかを把握し、サイトに変更を加えることについて前向きに考える必要があります。
少しの努力で検索結果の改善に大いに役立つ場合があります。
  1. Google アカウントをお持ちでない場合は、Google アカウントを取得してください。それが Search Console を使用する唯一の要件です。
  2. Search Console を開きサイトの所有権を追加して確認します。Search Console にはサイト所有者のみが確認できるサイトの情報が表示されるほか、Google 検索でのサイトの表示に影響する可能性のある変更を実行できるため、あなたがウェブサイトの所有者であることを証明する必要があります。
  3. ヘルプを最大限に活用する方法を学習してください。埋め込みヘルプ ウィンドウがドラッグ可能であることはご存じですか?
  4. Search Console の基本的な使用方法についてのガイドをご覧ください。Google から問題検出の通知を受けた場合を除いて、ほとんどのユーザーは月に 1 回サイトの簡単なチェックを実施すれば十分です。
  5. Google 検索の基本をご覧ください。レポートとデータについて理解するには、基本を把握する必要があります。
  6. 以下の検索に関する重要なコンセプトを確認してください。
  7. 以下のレポートを確認してください。
    • 必須
      • プロパティのダッシュボードの確認プロパティのダッシュボード ページでは、セキュリティの問題や手動による対策などの重大な問題に加えて、Google におけるパフォーマンスの概要を示すグラフやインデックス カバレッジなどを確認できます。概要ページでは、対応を要する問題があるかどうかをすぐに確認できます。
      • Google でのパフォーマンスの確認サイトに適したパフォーマンス レポートを使用してください。ウェブ検索、ニュース検索結果、Discover 用のパフォーマンス レポートが利用できます。
      • ハッキングと不正使用[セキュリティの問題] レポートを開いて、サイトがハッキングされた証拠を Google が検出したかどうかを確認できます。こうしたハッキングはユーザー エクスペリエンスを悪化させ、またユーザーに害を及ぼす可能性があるほか、ページが検索から除外されることもあります(セキュリティの問題のステータスはサイトのダッシュボードにも表示されます。新しい問題が発生した場合はメール通知が届くため、プロパティ ダッシュボードにセキュリティの問題が表示されていない場合は、このレポートを確認する必要はありません)。
      • Google ポリシーに対する違反について[手動による対策] レポートでは、サイトで許容可能な挙動に関連して、スパムに関する Google のポリシーにサイトが違反していないかどうかを確認できます。違反がある場合、コンテンツが検索結果から除外される可能性があります(プロパティ ダッシュボードに手動による対策が表示されない場合、このレポートを確認する必要はありません。これは、サイトが手動による対策を受けた場合、サイトのダッシュボードに通知が表示され、またイベントの発生時にメール通知が送信されるためです)。
    • 省略可
  8. 基本を学んだ後、SEO や Search Console に関するより高度なトピックについて学習したい場合は、上級ユーザー向けセクションに進んでください。

検索に関する重要なコンセプト

以下のコンセプトは、レポートやドキュメントで一貫して使用される重要なものであり、レポートを理解するために不可欠です。

  • プロパティ
    Search Console アカウントに追加したウェブサイトの総称です。プロパティのリストはアカウントのホームページに表示されます。
  • 所有者の確認
    Search Console アカウントで、該当するウェブサイトの所有者であることを証明します。プロパティ データの確認、Search Console でプロパティへのアクセスには、プロパティの所有者の確認が必要です。
  • クリック数 / 表示回数 / CTR - Google 検索におけるパフォーマンスを測定するための基本的な指標です。これらの指標について詳しくは、こちらをご覧ください。
    • クリック数: Google 検索や Discover など、指標が測定されている場所でサイトへのリンク(あるいは画像や動画)をクリックしたユーザーの数です。
    • 表示回数: Google 検索や Discover など、指標が測定されている場所でサイトへのリンク(あるいは画像や動画など)を閲覧したユーザーの数です。
    • CTR: クリック率(クリック数 ÷ 表示回数)です。
  • クロール
    Google のウェブクローラがリンクやサイトマップをたどり、ユーザーにとって有益となり得る一般公開 URL のリストを作成します。これは Google の検索結果に表示されるためのプロセスの最初の手順です。
  • 取得
    Google はクロール時にリソース(ページ、画像、動画)を取得またはバイトをリクエストします。
  • インデックス登録
    各ページのコンテンツと意味を分析して、Google のリポジトリに保存するプロセスです。これにより、Google はユーザーの検索クエリに対して最適な検索結果を判断できます。
  • Googlebot
    Google のウェブクローラです。Google の各種 Googlebot は、ページを別々のデバイスタイプ(スマートフォン、フィーチャー フォン、デスクトップ パソコン)としてリクエストし、これらのデバイスで検索するユーザーについて別個に検索結果を計算します。
  • 正規
    同じページを複数の異なる URL でホストしていると、検索結果がそれら重複するページ全体に分散される可能性があります。たとえば、http://example.com/dogs と http://www.example.com/dogs のページが同じ場合、検索のランキング結果が 2 つのページで異なり、ページが 1 つのみの場合よりもランキングが低下する可能性があります。このような場合、2 つのページが同じであることを Google に示し、検索結果に表示する正規ページ(公式ページ)を選択する必要があります。正規のページまたはサイトは、サイトマップ、HTML タグ、Search Console の設定を使って指定します。
  • robots.txt
    サイト上に置いて、インデックス登録をリクエストしないページをサイトから Google に知らせるためのファイルです。
  • サイトマップ
    Google がサイトのクロールを開始する場所として使用する、サイト内の URL のリストです。サイトマップは 1 つ以上のファイルに含まれ、ウェブサイトに保存されます。
  • リソース
    ウェブページは通常、数多くの追加リソース(CSS、JavaScript、画像など)を読み込みます。Googlebot がインデックス登録を行うときに、ページの意味に影響を及ぼすリソースへのアクセスをブロックしないようにしてください。
  • レンダリング
    Google では、ユーザーにページがどのように表示されるかを確認するため、インデックス登録されたすべてのページを表示するよう努めています。レンダリングとは、Google がページの意味を分析できるように画像やレイアウトと合わせてページを表示するプロセスです。
  • 手動による対策
    スパム行為のあるコンテンツなど、Google の品質に関するガイドラインに違反しているページは、手動による対策の対象となり、Google 検索の検索結果での順位が下げられることがあります。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
4885990814814633545
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true
true
true
83844