AMPHTML 広告

AMP(Accelerated Mobile Pages)で作成された広告は、通常の広告よりも高速で負荷が軽く、かつ安全です。AMP HTML 広告の詳細については、AMP プロジェクトの公式ウェブサイトをご覧ください。

Google Web Designer の AMPHTML 広告

Google Web Designer で AMPHTML 広告を作成するには、新しいドキュメントを作成する際に広告タイプとして [AMPHTML バナー] を選択します。AMP ファイルから AMP 以外のファイルへの変換はできません(その逆も同様です)。

[ファイル] > [最近開いたファイルを開く] により表示されるリスト内の AMPHTML 広告には、AMP アイコン が付いています。

AMP HTML 広告には、信頼性の高いパフォーマンスを確保するためにいくつかの制限が設けられています。Web Designer で AMP HTML 広告を作成する場合、リッチなインタラクティブ広告は作成できますが、AMP でサポートされていない一部の機能についてはインターフェースが無効になっています。

制限

以下の Web Designer 機能は AMPHTML 広告では使用できません。

  • AMP と AMP 以外のドキュメント間でのコピーと貼り付け
  • transformvisibilityopacity 以外のアニメーション要素プロパティ( では要素を移動、回転、拡大縮小したり、歪めたりできます)
  • マスクのアニメーション化
  • グループ
  • amp-carousel コンポーネント以外のコンポーネント
  • レスポンシブ機能(パーセンテージ ベースのサイズ、[レスポンシブ] パネル、メディアルールなど)
  • メインページの設定
  • 動的データ バインディング
  • カスタム JavaScript(イベントのカスタム アクションなど)
  • スタジオまたはディスプレイ&ビデオ 360 への公開

検証

広告検証ツールが AMPHTML 広告の追加検証を行います。詳しくは、AMP ドキュメントの検証についての説明をご覧ください。

プラットフォームの仕様

AMPHTML 広告を使用する場合、広告プラットフォームによっては追加の要件が適用されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。