モバイルアプリ向け Google アナリティクス

Google アナリティクスおよび Firebase とタグ マネージャーを併用します。

Google アナリティクスの最新のモバイルアプリ レポート機能を使用するには、Android または iOS アプリで Firebase SDK を使用します。Firebase がアプリで有効になると、組み込みのイベントユーザー プロパティが自動的に収集されてレポートが作成されます。カスタム イベントのログを記録することや、カスタム ユーザー プロパティを設定することもできます。

モバイルアプリへのタグ マネージャーの導入は Firebase SDK を使用して行いますが、その際はタグ マネージャー コンテナの作成が必要となります。Google アナリティクスのイベント、パラメータ、ユーザー プロパティは、いずれもタグ マネージャー内で設定の入力値として取得できます。

タグ マネージャー、Firebase、Google アナリティクスを併用する

Firebase を使用しているアプリでは、ログ情報が自動的に Google アナリティクスに記録されます。Firebase SDK の Firebase 向け Google アナリティクス サービスでは、アプリの利用状況に関するデータが自動的に収集されます。レポートは、Google アナリティクスのほか、Firebase コンソールにも表示されます。すでに Firebase SDK を使用している場合は、新たなコードを追加しなくても、自動的に収集されるイベントが有効になります。

追加の Google タグとサードパーティのタグを設定する必要がある場合は、Firebase 対応アプリにタグ マネージャーを追加してください。

モバイル プロジェクトにタグ マネージャーを導入するには:

  1. 次の手順でアプリに Firebase を設定します。
  2. タグ マネージャー アカウントを作成して、タグ マネージャー コンテナを設定します。
  3. プロジェクトにタグ マネージャーを追加します(Android の場合 | iOS の場合)。

特定のタグを配信するイベントを定義するには、トリガーとイベント名およびイベント パラメータの変数を組み合わせて使用します。トリガーの条件は、アプリでイベントのログが記録されるたびに評価されます。詳細については、タグ マネージャーのデベロッパー向けドキュメント(Android 用、iOS 用)をご覧ください。

注: Firebase SDK で生成されて Google アナリティクスで自動的に収集されるイベントは、修正できません。

Google アナリティクス(Firebase)タグを作成する

Google アナリティクス(Firebase)タグを作成する方法は次のとおりです。

  1. Android または iOS で使用する Firebase 向け Google アナリティクスのコンテナを作成します
  2. [タグ] 次に [新規] をクリックします。
  3. [タグの設定] をクリックして [Google アナリティクス(Firebase)] を選択します。
  4. [アクション] メニューを使用して、イベントを修正、追加、ブロックします。
    • イベントをブロック: 手動でログが記録されたイベントをブロックするには、このオプションを使用します。たとえば、重複するイベントのログを誤って記録した場合や、記録すべきではないイベントのログを記録した場合、またはログが記録されている一意のイベント名が多すぎる場合に使用します。ブロックしたイベントのデータは、Firebase アナリティクスに送信されなくなります。
    • イベントを追加: 1 つのイベントを別のイベントと同時に測定する場合は、このオプションを使用します。
      • パラメータ名は [イベント名をオーバーライド] で編集します。
      • キーの名前と値を追加するには、[追加または編集するパラメータ] を使用します。[行を追加] ボタンをクリックすると、該当のキーの名前と値を入力できます。
      • タグが配信されたらキーの名前を破棄するには、[破棄するパラメータ] を使用します。
    • イベントを修正: アプリのバージョン間でパラメータ名を統一するには、このオプションを使用します。たとえば、Android 版では「画像の保存」 というイベントを使用し、iOS 版では「新規画像の保存」 を使用している場合などです。
      • パラメータ名は [イベント名をオーバーライド] で編集します。
      • キーの名前と値を追加するには、[追加または編集するパラメータ] を使用します。[行を追加] ボタンをクリックすると、該当のキーの名前と値を入力できます。
      • タグが配信されたらキーの名前を破棄するには、[破棄するパラメータ] を使用します。
    • [トリガー] をクリックして、このタグを配信する適切なイベント トリガーを指定します。

  5. タグ設定を保存して公開します。

タグ マネージャーを使用して Firebase プロジェクトでユニバーサル アナリティクスを有効にする

Firebase を使ってアプリでタグ マネージャー コンテナを有効にすると、タグ マネージャーを使用して、ユニバーサル アナリティクス タグやサポートされている第三者タグを簡単に設定、導入できます。

タグ マネージャーでユニバーサル アナリティクス タグを設定する方法は次のとおりです。

  1. 次の手順でアプリに Firebase を設定します。
    1. Firebase SDK をインストールします(Android の場合 | iOS の場合)。
    2. Firebase console で、Firebase プロジェクトにアプリを追加します。
    3. Firebase 向け Google アナリティクスをアプリに追加します(Android の場合 | iOS の場合)。
  2. タグ マネージャー アカウントを作成して、タグ マネージャー コンテナを設定します。
  3. プロジェクトにタグ マネージャーを追加します(Android の場合 | iOS の場合)。
  4. タグ マネージャーで Google アナリティクス タグを作成します

アプリに Firebase とタグ マネージャーを設定しておくと、アプリを作り直さなくても、タグ マネージャーの管理画面から新しいトラッキング タグを追加できます。

タグ マネージャーで使用可能な自動的に収集されるイベント(Android または iOS の場合)

タグ マネージャーからアクセス可能な、Firebase 向け Google アナリティクスで自動的に収集されるイベントの一覧(Android の場合と iOS の場合)を次の表にまとめています。

イベント Android iOS
app_exception  
app_update  
firebase_campaign
first_open  
in_app_purchase  
notification_dismiss  
notification_foreground
notification_open
notification_receive  
os_update
session_start
user_engagement

イベントを修正、ブロックする

タグ マネージャーでは、Google アナリティクス(Firebase)タグを使用して、カスタム イベントを(アプリの公開後も)修正、追加、ブロックできます。デフォルトでは、Firebase SDK を設定したアプリでログに記録されたイベントは、タグ マネージャーの使用時でも Google アナリティクスに送信されます。この機能は、アプリのビルドによって名前の異なるイベントについて、アプリの旧バージョンを使用しているユーザーからも同じイベント名でデータを収集したい場合などに役立ちます。

重要: Google アナリティクス(Firebase)タグを使用するのは、Firebase でログを記録するカスタム イベントを修正、追加、ブロックする場合のみにしてください。自動的に収集されるイベントを修正することはできません。

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。