Google アナリティクスの e コマース

Google アナリティクスの e コマースの主な実装方法には、次の 2 種類があります。

Google アナリティクスの標準の e コマース レポートでは、お客様のサイトやアプリでの購入行動を分析できます。商品やトランザクションに関する情報、平均注文額、e コマースのコンバージョン率、購入まで期間などのデータが表示されます。

拡張 e コマースでは、Google アナリティクス レポートに機能が追加され、ユーザーによるショッピング カートへの商品の追加、決済手続きの開始、購入の完了が発生したタイミングを確認できます。また、ショッピングの目標到達プロセスから離脱したユーザーのセグメントを識別することもできます。

いずれの方法もタグ マネージャーを使って設定できます。

標準の e コマース

標準の Google アナリティクス e コマースタグを設定するには:

  1. Google アナリティクス レポートで e コマースを有効にします。
  2. ユニバーサル アナリティクス タグを作成し、トラッキング タイプトランザクションに設定します。
  3. 必須フィールドに入力してタグを設定します。
  4. タグを配信するタイミングを指定します。

すべてのトランザクション情報は、データレイヤーを介して次の変数名で渡される必要があります。

トランザクション データ

変数名 説明
transactionId(必須) トランザクションに固有の識別子 文字列
transactionAffiliation(省略可) パートナーや販売店 文字列
transactionTotal(必須) トランザクションの合計 数値
transactionShipping(省略可) トランザクションの配送料 数値
transactionTax(省略可) トランザクションの税額 数値
transactionProducts(省略可) トランザクションで購入されたアイテムのリスト 商品オブジェクトの配列

商品データ

変数名 説明
name(必須) 商品の名前 文字列
sku(必須) 商品の SKU 文字列
category(省略可) 商品のカテゴリ 文字列
price(必須) 単価 数値
quantity(必須) 商品アイテム数 数値

JavaScript でのデータレイヤー コードの設定方法の例は次のとおりです。

<script>
window.dataLayer = window.dataLayer || []
dataLayer.push({
   'transactionId': '1234',
   'transactionAffiliation': 'Acme Clothing',
   'transactionTotal': 38.26,
   'transactionTax': 1.29,
   'transactionShipping': 5,
   'transactionProducts': [{
       'sku': 'DD44',
       'name': 'T-Shirt',
       'category': 'Apparel',
       'price': 11.99,
       'quantity': 1
   },{
       'sku': 'AA1243544',
       'name': 'Socks',
       'category': 'Apparel',
       'price': 9.99,
       'quantity': 2
   }]
});
</script>
	

Google アナリティクス タグが配信されたときにデータレイヤーの準備ができるよう、このコードを Google タグ マネージャーのコンテナ スニペットの上に挿入します。

なんらかの理由でタグ マネージャーのコンテナ スニペットの上に e コマースデータを挿入できない場合は、次のいずれかを行います。

  • ページの下のカスタム イベントに基づいてタグが配信されるように設定する(例: デベロッパー向けドキュメントの説明の従い、データとイベントのプッシュを組み合わせる)
  • トリガータイプを「DOM Ready」に設定する

詳しくは、Google アナリティクスの e コマースの詳細をご覧ください。

拡張 e コマース

タグ マネージャーを使って拡張 e コマースを実装するには、次の 2 つの方法があります。

  • データレイヤー: おすすめの方法です。e コマースのデータをコードからデータレイヤーにプッシュします。
  • カスタム JavaScript: タグ マネージャーでカスタム JavaScript 変数を作成します。この変数では、データレイヤーを使用する場合にプッシュするものと同じ情報を含むオブジェクトを返す必要があります。

重要: 拡張 e コマースの実装時に利用できる特定の情報があります。サポートされているデータの種類の一覧については、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

データレイヤーの実装

  1. コード内で、「ecommerce」というデータレイヤー オブジェクトに e コマース情報を追加します。データレイヤーの実装方法について詳しくは、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。
  2. タグ マネージャーでユニバーサル アナリティクス タグを作成し、タグの [トラッキング タイプ] を [ページビュー] または [イベント] に設定します。
  3. [詳細設定] 次へ [e コマース] で、[拡張 e コマース機能を有効にする] チェックボックスをオンにします。
  4. [データレイヤーを使用する] を選択します。

変数を使用する

  1. カスタム JavaScript 変数を作成します。この変数では、e コマース オブジェクトを含むオブジェクトを返す必要があります。コードの例は次のとおりです。
     
    function() {
     var ecommerceData = {
       'ecommerce' : {
         currencyCode : 'EUR',
         // 必要に応じてパラメータを追加してください...
       }
     };
     return ecommerceData;
    }
    			
    この変数では、このデータをデータレイヤーにプッシュする場合と同じ構文を使用します。詳しくは、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。
  2. ユニバーサル アナリティクス タグを作成し、タグの [トラッキング タイプ] を [ページビュー] または [イベント] に設定します。
  3. [詳細設定] 次へ [e コマース] で、[拡張 e コマース機能を有効にする] チェックボックスをオンにします。
  4. [データレイヤーを使用する] を選択します。

関連資料

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。