Google タグマネージャの概要

Google タグマネージャとは、ウェブサイトやモバイルアプリに含まれるタグやコード スニペットを素早く簡単に更新できるタグ管理システムです。タグマネージャのスニペットをウェブサイトやモバイルアプリに追加すると、他のコードを変更したり設置したりすることなく、ウェブベースのユーザー インターフェースからタグを設定することができます。これによりエラーを減らせるほか、タグを変更する際にデベロッパーに頼る必要もなくなります。

ウェブ向けのタグマネージャでは、ウェブサイトのコードに追加する独自のコンテナタグを利用します。Android および iOS 向けのタグマネージャは、Firebase SDK と同時に導入されます。サイトやアプリに手動でコーディングされたその他すべてのタグ(AdWords、Google アナリティクス、Floodlight、サードパーティのタグなど)は、タグマネージャのコンテナに置き換えられます。

タグマネージャ アカウントでは、複数のウェブサイトやモバイルアプリのタグを管理できます。 1 つの Google アカウントで複数のタグマネージャ アカウントを設定できますが、通常は、会社または組織ごとにタグマネージャ アカウントが 1 つあれば十分です。詳細については、設定とワークフローをご覧ください。

タグマネージャにアップグレードした場合、すべてのタグを移行する必要がありますか?

おすすめの方法は、すべてのタグを一度に移行する方法です。ただし、他の方法も使用できます。タグマネージャでは、移行したタグを、タグマネージャで管理されていないタグとともに配信できます。

ウェブ向けの設定

ウェブサイトでタグマネージャを使用するには:

  1. tagmanager.google.com にアクセスしてアカウントを作成します(または既存のアカウントにアクセスします)。
  2. アカウントでサイト用のコンテナを作成します。
  3. コンテナ スニペットをサイトに追加します。
  4. ハードコーディングされたタグ(AdWords のタグや DoubleClick のタグなど)を、サイトのソースコードからタグマネージャへ移行します。

モバイルアプリ向けの設定

Google タグマネージャは Firebase と統合されています。Firebase は、総合的な開発ツールと解析機能を提供する Google のモバイルアプリ プラットフォームです。タグマネージャをアプリに追加すると、コードを編集したり、更新されたバージョンのアプリを公開したりすることなく測定に必要な設定を適宜変更できます。

モバイルアプリ向けタグマネージャを設定するには:

  1. tagmanager.google.com から、タグマネージャ アカウントを作成するか、既存のアカウントにログインします。
  2. アカウントでアプリ向けのコンテナを作成します([モバイルアプリ] を選択します)。
  3. 適切なコンテナの種類(Android または iOS)と適切な SDK バージョン(Firebase または以前の SDK)を選択します。
モバイル向けのコンテナの場合、最初のコンテナがダウンロードされるまでは、既定のコンテナを使用してタグの初期設定が行われます。アプリがインターネットに接続されてコンテナをダウンロードすると、デフォルトのコンテナは二度と使用されません。アプリではコンテナの最新情報が定期的に確認されます(通常は 12 時間おき)。

詳細については、タグマネージャのデベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。