Google タグ マネージャーの概要

Google タグ マネージャーとは、ウェブサイトやモバイルアプリに含まれるタグやコード スニペットを素早く簡単に更新できるタグ管理システムです。タグ マネージャーのスニペットをウェブサイトやモバイルアプリに追加すると、他のコードを変更したり設置したりすることなく、ウェブベースのユーザー インターフェースからタグを設定することができます。これによりエラーを減らせるほか、タグを変更する際にデベロッパーに頼る必要もなくなります。

ウェブ向けのタグ マネージャーでは、サイトやモバイルアプリのコードに追加する独自のコード スニペットを利用します。このコードによってサイトやアプリとタグ マネージャーのサーバーが接続されます。続いて、ウェブベースのユーザー インターフェースを使用してトラッキング タグを設定し、特定のイベントが発生したときにタグを起動させるトリガーを確立し、タグ設定を簡単かつ自動で行うために使用できる変数を作成します。

特定のサイトやモバイルアプリにインストールされたタグ、トリガー、変数、および関連する構成の集合をコンテナと呼びます。AdWords タグや Google アナリティクス タグ、Floodlight タグ、サードパーティ タグなど、サイト上のすべてのタグは、コンテナに置き換えられます。

サイトやアプリをタグ マネージャーにアップグレードする際のおすすめの方法は、すべてのタグを一度に移行する方法です。ただし、他の方法も使用できます。タグ マネージャーでは、移行したタグを、タグ マネージャーで管理されていないタグとともに配信できます。

タグ マネージャー アカウントでは、複数のウェブサイトやモバイルアプリのタグを管理できます。 1 つの Google アカウントで複数のタグ マネージャー アカウントを設定できますが、通常は、会社または組織ごとにタグ マネージャー アカウントが 1 つあれば十分です。詳細

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。