DS 階層型 URL テンプレートの作成と適用

手動キャンペーンで特定のサイトリンク、キーワード、広告の URL テンプレートを作成する

作成する前に、URL テンプレートを使用する際の制限事項を必ずご確認ください。

検索広告 360 管理画面を使用して、手動キャンペーン内の特定のサイトリンク、キーワード、広告用に URL テンプレートを作成する手順の概要は次のとおりです。

  1. URL テンプレートを作成します。
  2. URL テンプレートが正しく適用されているかどうかを確認します。

URL テンプレートを作成する項目の数が多い場合は、検索広告 360 一括送信シートの利用をおすすめします。検索広告 360 管理画面は、URL テンプレートの一括編集には対応していません。

キーワードや広告の URL テンプレートを作成する

  1. 検索広告 360 URL テンプレートをサポートしているエンジン アカウントに移動します。

  2. [キーワード] タブまたは [広告] タブをクリックします。
  3. 必要に応じてフィルタを使用し、編集する項目だけを表示します。
  4. レポートの表に [URL テンプレート] 列を追加します。
  5. [URL テンプレート] 列でテンプレートのプロパティを入力します。
  6. 列の外側をクリックします。

共有テンプレートをサポートしているアカウントの場合は、検索広告 360 によって URL テンプレートがエンジンに入稿されます。他のアカウントの場合は、検索広告 360 によってテンプレートが適用され、項目のクリックサーブ URL が再生成、再入稿されます。一部のエンジンでは、広告コピーや URL を編集すると、元の広告が削除されて新しい広告が作成されます。新しい広告は、元の広告の掲載結果履歴を保持しません。ただし、削除された元の広告に関するレポートを作成することは引き続き可能です。

サイトリンクの URL テンプレートを作成する

  1. Google 広告または Microsoft Advertising のエンジン アカウントに移動します。
    エンジン アカウントへの移動手順
    1. 左パネルで、[すべてのアカウント] をクリックします。
      左パネルが表示されていない場合

    2. ナビゲーション バーをクリックしてナビゲーション オプションを表示します。

    3. [代理店] リストで、対象の広告主を含む代理店をクリックします。代理店を見つけるには、代理店名で検索するか、リストをスクロールします。

    4. [広告主] リストで、対象のエンジン アカウントを含む広告主をクリックします。

    5. [アカウント] リストで、エンジン アカウントをクリックします。

    6. [適用] をクリックするか、Enter キーを押します。

    検索広告 360 にエンジン アカウントのページが表示されます。

  2. [設定オプション ▼] タブをクリックし、[サイトリンク] を選択します。
  3. 目的のサイトリンクの横にあるチェックボックスをオンにします。
  4. Google 広告アカウントの場合は、レポートの表の上にある [サイトリンクを編集] ボタンをクリックします。
    Microsoft Advertising アカウントの場合は、レポートの表の上にある [編集] ボタンをクリックします。

    同時に選択できるのは 1 件のサイトリンク(Google 広告の場合)、または 1 件のサイトリンク表示オプション(Microsoft Advertising の場合)のみです。検索広告 360 管理画面は、URL テンプレートの一括編集には対応していません。URL テンプレートを作成する項目の数が多い場合は、検索広告 360 一括送信シートの利用をおすすめします。
  5. [URL テンプレート] に、テンプレートのプロパティを入力します。
  6. [保存] をクリックします。

検索広告 360 によって、URL テンプレートがエンジンに入稿されます。

検索広告 360 によって URL テンプレートが適用されているかどうかを確認する

URL テンプレートが正しく適用されているかどうかを確認する手順は、エンジン アカウントのタイプによって異なります。

共有テンプレートを使用しているアカウント内で URL テンプレートを確認する

共有テンプレートを使用しているアカウントの場合は、検索広告 360 によって URL テンプレートとランディング ページ URL がエンジンに入稿され、エンジンによってテンプレートが適用されます。テンプレートが正しく適用されているかどうかを確認するには、エンジン アカウントにログインして、エンジンの URL プレビュー機能を使用します(エンジンにこの機能がある場合)。

たとえば、Google 広告アカウントの場合、手順は次のようになります。

  1. Google 広告にログインします。

  2. [広告] タブまたは [キーワード] タブをクリックします。
    サイトリンクの URL を確認する方法については、サイトリンクの Google 広告 URL のテストをご覧ください。

  3. Google 広告のレポートの表にトラッキング テンプレートを表示します。

    1. [表示項目] ボタンをクリックして、[表示項目を変更] をクリックします。

    2. [表示項目を変更] ウィンドウで、[属性] をクリックします。

    3. [トラッキング テンプレート] の横の [追加] をクリックします。

    4. [適用] をクリックしてウィンドウを閉じます。

    クリックした特定の項目に URL テンプレートを作成していない場合、[トラッキング テンプレート] 列は空欄になります。

  4. [トラッキング テンプレート] 列内の鉛筆アイコンをクリックします。表示されるポップアップで [テスト] をクリックします。
    (クリックした項目に対して URL テンプレートを作成していない場合、このポップアップは空になります。)
     

  5. [テスト] ボタンの下部にあるメッセージ アイコン More information icon をクリックします。
    Click the message icon to see the full URL.

  6. 表示されたポップアップで、[トラッキング URL] の下に表示されている URL を確認します。
    これは、ユーザーが広告をクリックしたときのリクエストの送信先となるトラッキング URL です。

    ds_dest_url パラメータには、検索広告 360 がクリックをリダイレクトする際のリダイレクト先 URL が格納されます。たとえば、次のクリック URL の場合、検索広告 360 は「https://www.trackingc.com?url=http%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fblue%3Fcolor%3Dblue」にリダイレクトします。
    http://clickserve.dartsearch.net/link/click?lid=43700006138899290&ds_s_kwgid=58700000415488460&&ds_e_adid=23309172907&ds_e_matchtype=search&ds_e_device=c&ds_e_network=g&&ds_url_v=2&ds_dest_url=https://www.trackingc.com?url=http%3A%2F%2Fwww.example.com%2Fblue%3Fcolor%3Dblue

他のタイプのアカウント内で URL テンプレートを確認する

共有テンプレートをサポートしていないアカウントの場合は、次のいずれかの手順で、検索広告 360 によって URL テンプレートが適用されているか確認できます。

  • すべてのランディング ページ URL に URL 生成ツールの設定を適用しています」というステータス メッセージを探します。このメッセージは、検索広告 360 によって既存のランディング ページ URL にテンプレートが適用されている間、エンジン アカウントや、キャンペーン、広告グループ、キーワードのレポートの表の上部に表示されます。
  • エンジン アカウントや、キャンペーン、あるいはそれより下位の対象の履歴を表示します。
  • 管理画面で、レポートに [有効なランディング ページ] 列を追加します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。