[タブレット入札単価調整比] 列

Google 広告、Microsoft Advertising、Yahoo! Gemini のみ

Google 広告、Microsoft Advertising、Yahoo! Gemini のキャンペーンや広告グループのタブレット入札単価調整を表示します。

上記のエンジン アカウントのキャンペーンや広告グループでは、タブレット デバイスを対象とする入札単価を調整できます。タブレットの入札単価調整をキャンペーン単位で設定した場合、すべての広告グループやキーワードに継承されます。ただし、個々の広告グループやキーワードに対してキャンペーンとは異なる設定を指定した場合、キャンペーン単位の設定はオーバーライドされます。

広告グループ単位でタブレット入札単価調整を設定した場合:

  • 広告グループ内のすべてのキーワードは、キャンペーンの設定ではなく広告グループの設定を使用します。
  • [広告グループ] タブで、この列には広告グループの設定が表示されます。

Google 広告のキャンペーンや広告グループでは、タブレット入札単価調整を -90%~+900% の範囲で指定できます。タブレット入札単価調整を 0% に設定した場合、このデバイスの入札単価調整はキーワードの入札単価と同じになります。

Microsoft Advertising のキャンペーンや広告グループでは、タブレット入札単価調整は -100%~+900% の範囲で指定できます。デバイスに広告を表示しない場合にのみ、-100% を指定します。

Yahoo! Gemini のキャンペーンや広告グループでは、タブレット入札単価調整を -20%~300% の範囲で指定できます。

タブレット入札単価調整は、次のいずれかの方法で設定します。

この列は数式列では使用できません。

この列をレポートに追加する
  1. 広告主に移動するか、それより下位の対象に移動します。

  2. [キャンペーン] タブまたは [広告グループ] タブをクリックします。

  3. 掲載結果の概要グラフの上にある [] ボタンをクリックします。

  4. 検索ボックスに列名を入力します。

  5. 列名の横にある [+] をクリックして、選択済み列のリストに追加します。

  6. [適用] をクリックします。

キャンペーン行または広告グループ行にある鉛筆アイコン をクリックすると、入札単価調整を編集することができます。ただし、検索広告 360 入札戦略やコンバージョン目標で入札単価調整を設定している場合は、入札単価調整をオーバーライドしないことをおすすめします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。