キャンペーンをコピーする

Microsoft Advertising へのコピー

Google 広告から Microsoft Advertising へのコピー

検索広告 360 でのコピー操作で新しいキャンペーン、広告グループ、広告キーワード、除外キーワードが作成されるとき、下記に説明するように、コピー元のキャンペーンから一部の設定だけがコピーされます(既存のコピーで更新できる設定の一覧を参照)。

Microsoft Advertising のキャンペーン設定

コピー先のエンジン アカウントに同じ名前のキャンペーンが含まれていない場合、検索広告 360 では新しいキャンペーンが作成され、下記の設定がコピーされます。

Google 広告の設定の中には、コピー先のキャンペーン内で名前が異なるものや、検索広告 360 による調整が必要になるものがあります。

コピー元の Google 広告 コピー先の Microsoft Advertising のキャンペーン設定

名前

名前

1 日の予算

1 日の予算:

  • 1 日の予算は必要に応じて、検索広告 360 によりコピー先エンジンの通貨に換算されます。
  • 1 日の予算が Microsoft Advertising の最低額(0.05 米ドル)を下回っている場合は、検索広告 360 により Microsoft Advertising の最低額が設定されます。

広告配信方法

予算タイプ

開始日と終了日

Microsoft Advertising のキャンペーンでは、開始日と終了日は指定されません。

  • コピー元で指定された開始日と終了日が、検索広告 360 によりコピー先 Microsoft Advertising キャンペーンの各広告グループにコピーされます。
  • コピー元の開始日または終了日が過去の日付である場合、コピー先キャンペーンでは検索広告 360 によりコピー当日の日付が設定されます。

キーワード マッチ

Microsoft Advertising キャンペーンには適用されません。

地域ターゲティング

地域ターゲティング:

  • 地域

  • 都市

検索広告 360 では、Microsoft Advertising のキャンペーンに大都市圏のターゲティングはコピーされません

その他のタイプでは、検索広告 360 により、Google 広告で使用される地域コードが Microsoft Advertising で使用される同等の地域コードに変換されます(可能な場合)。Microsoft Advertising に同等の地域コードがない場合、そのコードがターゲットを含めるのに使用されているのか、除外するのに使用されているのかによって、検索広告 360 の対処が異なります。

ターゲティング: Google 広告のコードを使用すると、Microsoft Advertising キャンペーンに含める範囲がコピー元の Google 広告キャンペーンよりも広くなる場合、そのコードはコピーされません。この Microsoft Advertising キャンペーンは一時停止され、結果の一括送信シートにメッセージが出力されます。

Google 広告のコードを使用すると Microsoft Advertising キャンペーンに含める範囲がコピー元の Google 広告キャンペーンよりも狭くなる場合、そのコードはコピーされ、結果の一括送信シートにメッセージが出力されます。この Microsoft Advertising キャンペーンは一時停止されません。

除外ターゲティング: Google 広告のコードを使用すると、Microsoft Advertising キャンペーンで除外する範囲がコピー元の Google 広告キャンペーンよりも狭くなる場合、そのコードはコピーされません。この Microsoft Advertising キャンペーンは一時停止され、結果の一括送信シートにメッセージが出力されます。

Google 広告のコードを使用すると Microsoft Advertising キャンペーンで除外する範囲がコピー元の Google 広告キャンペーンよりも広くなる場合、そのコードはコピーされ、結果の一括送信シートにメッセージが出力されます。この Microsoft Advertising キャンペーンは一時停止されません。

検索広告 360 は、新しいキャンペーンに対してのみ地域ターゲティングのコピーを行います。既存のキャンペーンのコピーでは、地域ターゲティングは更新されません。

言語

Microsoft Advertising のキャンペーンではターゲット言語は指定されません。代わりに、検索広告 360 により、コピー元で指定されたターゲット言語がコピー先の Microsoft Advertising キャンペーンの各広告グループにコピーされます。

複数言語を対象とする Google 広告キャンペーンを Microsoft Advertising エンジン アカウントにコピーする場合、いずれかの言語が選択されて Microsoft Advertising キャンペーンの各広告グループに指定されたうえで、キャンペーンが一時停止されます。どの言語が選択されるかを指定したり予想したりすることはできません。コピー先のキャンペーンの言語は手動で変更できます。

ネットワーク

Microsoft Advertising キャンペーンには適用されません。

モバイルの入札単価調整

モバイルの入札単価調整

Microsoft Advertising のモバイル デバイスの入札単価調整は -100%~+900% の範囲で指定できます。Google 広告の入札単価調整は -91%~-99% の範囲には設定できません。コピー先のキャンペーンで入札単価調整を -91%~99% の範囲にする場合は、コピー操作が終わった後に入札単価調整を手入力で設定する必要があります。

引き下げ率として 100% を指定すると、モバイルの入札単価が無効になります。

タブレットの入札単価調整

タブレットの入札単価調整

 

Microsoft Advertising のモバイル デバイスの入札単価調整は -100%~+900% の範囲で指定できます。Google 広告の入札単価調整は -91%~-99% の範囲には設定できません。コピー先のキャンペーンで入札単価調整を -91%~99% の範囲にする場合は、コピー操作が終わった後に入札単価調整を手入力で設定する必要があります。

引き下げ率として 100% を指定すると、モバイルの入札単価が無効になります。

パソコンの入札単価調整

パソコンの入札単価調整

 

Microsoft Advertising のモバイル デバイスの入札単価調整は -100%~+900% の範囲で指定できます。Google 広告の入札単価調整は -91%~-99% の範囲には設定できません。コピー先のキャンペーンで入札単価調整を -91%~99% の範囲にする場合は、コピー操作が終わった後に入札単価調整を手入力で設定する必要があります。

引き下げ率として 100% を指定すると、モバイルの入札単価が無効になります。

 

URL テンプレート

URL テンプレート

ステータス

ステータス

コピー元のキャンペーンのステータスを [削除済み] に変更しても、コピー先では更新されません。コピー先のキャンペーンが削除されるように手動で設定する必要があります。

サイトリンク

サイトリンク

Google 広告のアカウント単位の表示オプション設定は、Microsoft Advertising にはコピーされません。代わりに、サイトリンクがキャンペーンに適用されます。手動でサイトリンクをアカウント単位のサイトリンクに変換できます。

次の設定はコピー先のキャンペーンにコピーされません。

  • 入札戦略

  • ラベル

  • カスタム パラメータ
     検索広告 360 では、このタイプのエンジン アカウントのカスタム パラメータを表示したり管理したりすることはできません。このようなエンジンにログインしてカスタム パラメータを追加した場合、それを検索広告 360 に同期することは可能ですが、作成したカスタム パラメータは検索広告 360 内では無視されます。そのエンジンでは、広告の配信時にカスタム パラメータが適用されます。
  • 最終ページ URL のサフィックス
  • 広告のローテーション
Microsoft Advertising の広告グループ設定

コピー先のキャンペーンにコピー元と同じ名前の広告グループがまだない場合、検索広告 360 では新しい広告グループが作成され、下記の設定がコピーされます。

Google 広告の設定の中には、コピー先の広告グループ内で名前が異なるものや、検索広告 360 による調整が必要になるものがあります。

コピー元の Google 広告 コピー先の Microsoft Advertising の広告グループの設定

名前

名前

検索ネットワークのデフォルトの CPC

検索単価

モバイルの入札単価調整

モバイルの入札単価調整

Microsoft Advertising のモバイル デバイスの入札単価調整は -100%~+900% の範囲で指定できます。Google 広告の入札単価調整は -91%~-99% の範囲には設定できません。コピー先のキャンペーンで入札単価調整を -91%~99% の範囲にする場合は、コピー操作が終わった後に入札単価調整を手入力で設定する必要があります。

引き下げ率として 100% を指定すると、モバイルの入札単価が無効になります。

タブレットの入札単価調整

タブレットの入札単価調整

Microsoft Advertising のモバイル デバイスの入札単価調整は -100%~+900% の範囲で指定できます。Google 広告の入札単価調整は -91%~-99% の範囲には設定できません。コピー先のキャンペーンで入札単価調整を -91%~99% の範囲にする場合は、コピー操作が終わった後に入札単価調整を手入力で設定する必要があります。

引き下げ率として 100% を指定すると、モバイルの入札単価が無効になります。

パソコンの入札単価調整 Microsoft Advertising 広告グループには適用されません。

URL テンプレート

URL テンプレート

サイトリンク

サイトリンク

以下の設定は、コピー先の広告グループにコピーされません。

  • 入札戦略

  • ラベル

  • カスタム パラメータ
     検索広告 360 では、このタイプのエンジン アカウントのカスタム パラメータを表示したり管理したりすることはできません。このようなエンジンにログインしてカスタム パラメータを追加した場合、それを検索広告 360 に同期することは可能ですが、作成したカスタム パラメータは検索広告 360 内では無視されます。そのエンジンでは、広告の配信時にカスタム パラメータが適用されます。
  • 最終ページ URL のサフィックス

 

Microsoft Advertising の広告設定

コピー先の広告グループに、コピー元の広告グループと同じ名前の拡張テキスト広告がない場合は、検索広告 360 によって新たに広告が作成されます。Google 広告の設定のうち、Microsoft Advertising で使用できない設定、あるいは別の名前で使用可能な設定については、検索広告 360 により下記のように調整されます。

コピー元の広告グループ内の拡張テキスト広告はすべて、コピー先でも拡張テキスト広告になります。

2017 年 7 月 31 日に、Microsoft Advertising での標準テキスト広告の作成と編集のサポートが終了したため、コピー操作で標準テキスト広告がコピーされなくなりました。

Microsoft Advertising アカウントでは、改良版 URL 管理システムに移行している場合のみ、拡張テキスト広告を作成および編集できます。

Microsoft Advertising では引き続き標準テキスト広告が配信され、検索広告 360 では引き続き標準テキスト広告の指標がレポートされます。

拡張テキスト広告

コピー元の Google 広告 コピー先の Microsoft Advertising の拡張テキスト広告設定

広告名

広告名

広告見出し
広告見出し 2

広告見出し
広告見出し 2

説明文 1

説明文 1

リンク先 URL

リンク先 URL

パス 1
パス 2

パス 1
パス 2

URL テンプレート URL テンプレート

ステータス

ステータス

次の設定はコピー先の広告にコピーされません。

  • ラベル

  • カスタム パラメータ
     検索広告 360 では、このタイプのエンジン アカウントのカスタム パラメータを表示したり管理したりすることはできません。このようなエンジンにログインしてカスタム パラメータを追加した場合、それを検索広告 360 に同期することは可能ですが、作成したカスタム パラメータは検索広告 360 内では無視されます。そのエンジンでは、広告の配信時にカスタム パラメータが適用されます。
  • 最終ページ URL のサフィックス

 

重複する広告

コピー元の Google 広告キャンペーン内の重複する広告は、コピー先の Microsoft Advertising キャンペーンにはコピーされません。つまり、コピー元の Google 広告キャンペーンに重複する広告が含まれている場合、そのうちの 1 つのみがコピー先の Microsoft Advertising キャンペーンにコピーされます。

 

キーワード設定

コピー先の広告グループにコピー元の広告グループと同じ名前で同じマッチタイプのキーワードがまだない場合、検索広告 360 では新しいキーワードが作成され、下記の設定がコピーされます。つまり、コピー先の広告グループにまったく同じキーワードがない場合、その広告グループに新しいキーワードが作成されます。

 

コピー元の Google 広告 コピー先の Microsoft Advertising のキーワード設定

テキスト

テキスト

Microsoft Advertising と Google 広告では、キーワードが重複しているかどうかを判断するルールが少し異なります。たとえば、「shoe」と「Shoe」(最初の文字が大文字)は Microsoft Advertising では重複とみなされますが、Google 広告では重複とはみなされません。

そのため、コピー操作の後で Microsoft Advertising で重複キーワードに関するエラーが表示されることがあります。エラーになった場合、重複キーワードの 1 つは Microsoft Advertising に正常に入稿されますが、その他は対象となるエンジン アカウントに設定されません。

マッチタイプ

マッチタイプ

最小単価

最小単価

上限単価

上限単価

URL テンプレート

URL テンプレート

ランディング ページ URL

ランディング ページ URL
Google 広告 キーワードに対してランディング ページ URL が指定されていない場合、コピー先キャンペーンの新しいキーワードに対してもランディング ページ URL は指定されません(元のキーワードと同様)。

URL パラメータ

URL パラメータ

ステータス

ステータス

以下の設定は、コピー先のキーワードにコピーされません。

  • 入札戦略

  • ラベル

  • ランディング ページのテストのメンバーシップ

  • カスタム パラメータ
     検索広告 360 では、このタイプのエンジン アカウントのカスタム パラメータを表示したり管理したりすることはできません。このようなエンジンにログインしてカスタム パラメータを追加した場合、それを検索広告 360 に同期することは可能ですが、作成したカスタム パラメータは検索広告 360 内では無視されます。そのエンジンでは、広告の配信時にカスタム パラメータが適用されます。
  • 最終ページ URL のサフィックス

 

Microsoft Advertising の除外キーワードの設定

コピー先のキャンペーンや広告グループにコピー元と同じ名前(かつ Google 広告の場合は同じマッチタイプ)の除外キーワードがまだない場合、検索広告 360 では新しい除外キーワードが作成され、下記の設定がコピーされます。

Microsoft Advertising では部分一致タイプの除外キーワードはサポートされていないため、検索広告 360 によって除外キーワードが Microsoft Advertising のキャンペーンや広告グループにコピーされることはありません。代わりに、部分一致タイプの除外キーワードは Microsoft Advertising へのコピーの際にフレーズに変更されます。Google 広告へのコピーの際には、検索広告 360 により部分一致タイプの除外キーワードもコピーされます。

コピー元の Google 広告 コピー先の Microsoft Advertising

テキスト

テキスト

マッチタイプ

マッチタイプ

部分一致タイプの除外キーワードの場合、検索広告 360 により、Microsoft Advertising ではマッチタイプがフレーズに変更されます。

ステータス

ステータス

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。