検索広告 360 のヘルプセンターへようこそ。検索広告 360 は検索マーケティング キャンペーンを管理するためのプラットフォームです。 このヘルプセンターはどなたでもご利用いただけますが、検索広告 360 サービスにアクセスするには登録済みのお客様によるログインが必要です。ご登録や詳細情報については、Google のセールスチームまでお問い合わせください

アトリビューション モデルを管理する

アトリビューション モデルについて

デフォルトでは、検索広告 360 は、ユーザーをお客様のサイトに導いたラストクリックに対して、すべてのコンバージョン クレジットを割り当てます。しかし、コンバージョン経路には複数のインタラクションが含まれていることが多くあります。ディスプレイ広告に対するクリックのほか、ショッピング キャンペーンや汎用キーワード、ブランド キーワードなど、単価調整可能な項目から発生した有料検索広告に対するクリックも、コンバージョンに貢献している可能性があります。このようなインタラクションを分析することで、キーワードなどの単価調整可能な項目がコンバージョン達成に向けて果たした役割について、単純なラストクリック アトリビューションでは解明できない部分を把握できるようになります。以前は過小評価されていたキーワードの入札単価を引き上げることで、広告費用の効率を改善できる可能性があります。

コンバージョン経路内のすべての単価調整可能な項目を対象に、貢献分に応じてクレジットを分配するには、キャンペーン マネージャー 360 または Google アナリティクスからアトリビューション モデルをインポートするか、検索広告 360 内でデータドリブン モデルを作成します。そして、検索広告 360 内でカスタム コンバージョン列にモデルを適用し、モデルの 1 つによってレポートされたコンバージョンの数と、ラストクリック アトリビューション モデルによってレポートされたコンバージョンの数を比較します。Floodlight によって記録されたコンバージョンには、キャンペーン マネージャー 360 または検索広告 360 のアトリビューション モデルを適用できます。Google アナリティクスによって記録されたコンバージョンには、Google アナリティクスのモデルを適用できます。

次の点に注意してください。

  • デフォルトでは、検索広告 360 はラストクリック アトリビューション モデルを使用します。また、キャンペーン マネージャー 360 の時間減衰モデルもあらかじめ追加されています。

    キャンペーン マネージャー 360 や Google アナリティクス内で別のアトリビューション モデルを使用している場合、検索広告 360 内で使用するには、代理店マネージャーか広告主マネージャーがそのモデルを検索広告 360 に追加する必要があります。

  • 入札戦略では、キャンペーン マネージャー 360 から追加したアトリビューション モデルか、検索広告 360 内で作成したアトリビューション モデルに限り使用することができます。

事前定義済みのモデル

キャンペーン マネージャー 360 と Google アナリティクスには、検索広告 360 に追加できる基本的なアトリビューション モデルが用意されています。また、キャンペーン マネージャー 360 や Google アナリティクス内でカスタムモデルを作成し、検索広告 360 に追加することもできます。

基本アトリビューション モデル

キャンペーン マネージャー 360 と Google アナリティクスには、検索広告 360 に追加できる基本アトリビューション モデルの共通セットが用意されています。

  • 時間減衰: コンバージョンに近いインタラクションほど、割り当てられるクレジットが多くなります。減衰の半減期は 7 日間です。つまり、コンバージョンの 7 日前に発生したクリックには半分のクレジットが与えられ、それより早いクリックには半分未満のクレジット、それより後のクリックには半分以上のクレジットが与えられます。このモデルは、広告やキャンペーンの期間が短く、プロモーションを目的とする場合に使用します。キャンペーン マネージャー 360 の時間減衰モデルは自動的に追加されています。

  • 線形: コンバージョンのクレジットはコンバージョン経路の各接点クリックに均等に割り当てられます。たとえば、ユーザーがコンバージョンの前にディスプレイ広告、有料検索広告、オーガニック検索結果をクリックした場合、アクション数が表示される Floodlight アクティビティ列または Google アナリティクス アクティビティ列では、有料検索のクリックにつながったキーワードにアクションの 33% のクレジットが割り当てられます。その列でこのコンバージョン以前はキーワードにアクション数 200 が割り当てられていた場合、コンバージョン後のアクション数は 200.33 になります。このモデルは、販売サイクル全体を通じて接触や認知を維持することが、広告やキャンペーンの目標である場合に使用します。

  • 起点: コンバージョンへの目標到達プロセスでの最初のクリックが有料検索広告のクリックである場合、そのクリックにコンバージョンのクレジットの 100% が割り当てられます。最初のクリックがディスプレイ広告またはオーガニック検索結果のクリックである場合、そのコンバージョンはレポートされません。

  • 有料検索の起点: 有料検索広告の最初のクリックにコンバージョンのクレジットの 100% が割り当てられます。ユーザーが有料検索広告をクリックする前にディスプレイ広告またはオーガニック検索結果をクリックした場合でも、有料検索広告にすべてのクレジットが与えられます。目標到達プロセス中に有料検索のクリックがない場合、そのコンバージョンはレポートされません。つまり、目標到達プロセスにディスプレイ広告とオーガニック検索結果のクリックしか含まれていない場合、コンバージョンはレポートされません。このモデルは、コンバージョンの目標到達プロセスにおいて、有料検索のクリックの役割を重視する場合に使用します。

  • 有料検索の終点: 有料検索広告の最後のクリックにコンバージョンのクレジットの 100% が割り当てられます。ユーザーが有料検索広告をクリックした後でディスプレイ広告またはオーガニック検索結果をクリックした場合でも、有料検索広告にすべてのクレジットが与えられます。目標到達プロセス中に有料検索のクリックがない場合、そのコンバージョンはレポートされません。つまり、目標到達プロセスにディスプレイ広告とオーガニック検索結果のクリックしか含まれていない場合、コンバージョンはレポートされません。このモデルは、コンバージョン達成直前の有料検索の役割を重視する場合や、他のモデルと比較する場合の基準として使用します。

  • 接点ベース: コンバージョン経路の起点と終点に多くのクレジットを割り当て、それらの間の接点にはより少ないクレジットを割り当てます。具体的には、コンバージョンの 40% のクレジットを最初のクリックに、40% をラストクリックに割り当てて、残りの 20% をその間のクリックに均等に配分します。このモデルは、コンバージョンを開始した有料検索の役割を重視すると同時に、コンバージョンにつながったチャネルへのクレジットの割り当てを多くしたい場合に使用します。

  • アシスト: ラストクリックを除くすべてのクリックに均等にクレジットを割り当てます。このモデルは、コンバージョンをアシストするすべてのクリックに最高値を設定する場合に使用します。

キャンペーン マネージャー 360 モデルを使用できるのは、Floodlight 列に限られます。Google アナリティクス モデルを使用できるのは、Google アナリティクス列に限られます。たとえば、Floodlight アクティビティ列と Google アナリティクス アクティビティ列の両方で線形モデルを使用したい場合は、キャンペーン マネージャー 360 線形モデルと Google アナリティクス線形モデルの両方を追加する必要があります。

Google アナリティクスの「Google 広告のラストクリック」アトリビューション モデルと「最後の間接クリック」アトリビューション モデルは、検索広告 360 には追加できません。

Floodlight アトリビューション モデルにおけるコンバージョン データのスケーリング

キャンペーン マネージャー 360 の基本アトリビューション モデルでは、スケーリングを使用して、直接測定できないコンバージョン データが考慮されます。詳しくは、スケーリングされたコンバージョンの指標についての詳細をご覧ください。

カスタム アトリビューション モデル

キャンペーン マネージャー 360 と Google アナリティクスでカスタム アトリビューション モデルを作成し、検索広告 360 に追加できます。キャンペーン マネージャー 360 と Google アナリティクスで指定できるオプションやルールの中には、検索広告 360 に対応していないものもあります。

カスタム アトリビューション モデルには、スケーリングされたコンバージョンは含まれません。詳しくは、スケーリングされたコンバージョンの指標についての詳細をご覧ください。

カスタムモデルを作成する場合は、事前に以下をご確認ください。

過去 60 日間の掲載結果履歴を同期する

アトリビューション モデルを検索広告 360 に追加すると、そのモデルは、過去 60 日間の掲載結果データと、今後のすべての掲載結果データに適用されます。検索広告 360 は現在の日付の掲載結果データが完成して利用可能になるまで待機する必要があるため、同期はその翌日まで完了しないことがあります。

データドリブン アトリビューション モデル

検索広告 360 では、検索キャンペーンに固有の実際のデータが解析され、そのデータを使用してデータドリブン アトリビューション(DDA)モデルが生成されます。DDA モデルでは、検索キャンペーンによって引き起こされた実際のインタラクションに基づいて、コンバージョン経路内のすべてのインタラクションに対してコンバージョン クレジットを分配する方法が学習されます(キャンペーン マネージャー 360 内でもデータドリブン アトリビューション モデルを生成できますが、キャンペーン マネージャー 360 内で作成したモデルは、検索広告 360 モデルとはまったく別のものになります。キャンペーン マネージャー 360 内で作成したモデルを検索広告 360 にインポートすることはできません。キャンペーン マネージャー 360 内で作成したモデルを適用できるのはキャンペーン マネージャー 360 内の掲載結果データに限られます)。

データドリブン アトリビューションではスケーリングを使用して、直接測定できないコンバージョン データが考慮されます。詳しくは、スケーリングされたコンバージョンの指標についての詳細をご覧ください。

詳しくは、検索広告 360 の DDA モデルをご覧ください。

アトリビューション モデルとインプレッション

アトリビューション モデルでは常に、検索広告のインプレッションが無視されます。この仕様は、検索広告 360 やキャンペーン マネージャー 360 内の基本モデルとカスタムモデルに当てはまります。

検索広告 360 では、基本モデルと、検索広告 360 で使用するために作成したカスタムモデルで、ディスプレイ広告のインプレッションが無視されます。しかし、キャンペーン マネージャー 360 では、同じ基本モデルでディスプレイ広告のインプレッションが含まれます。さらに、ディスプレイ広告のインプレッションが含まれるカスタムモデルを作成することもできます。つまり、検索広告 360 とキャンペーン マネージャー 360 では、レポートが一致しない場合があります。たとえば、線形アトリビューション モデルを使用する検索広告 360 のレポートでは、ディスプレイ広告のインプレッションにクレジットは割り当てられません。線形アトリビューション モデルを使用するキャンペーン マネージャー 360 のレポートでは、ディスプレイ広告のインプレッションにクレジットが割り当てられます。

おすすめの方法: 使用していないアトリビューション モデルを削除する

データ量が多い場合に発生するレポート更新の遅延を軽減するために、使用していないアトリビューション モデルを削除することをおすすめします。

広告主ごとのアトリビューション モデルの総数

各検索広告 360 広告主は、キャンペーン マネージャー 360 と Google アナリティクスからそれぞれ最大で 5 つのアトリビューション モデルを追加し、検索広告 360 内で最大で 5 つのデータドリブン アトリビューション モデルを作成することができます(合計 15 モデル)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
263
false