キャンペーンをコピーする

キャンペーンのコピーについて

同様の情報を含む複数のキャンペーンを作成する場合、それぞれを手動で作成する代わりに、検索広告 360 を使用して、サポートされている検索エンジン アカウント間でキャンペーンをコピーすることができます。その後で、コピー元のキャンペーンに新しい広告グループ、広告、キーワードを追加した場合や、一部のキャンペーン、広告グループ、キーワードの設定を変更した場合は、それらの追加や変更をコピー先のキャンペーンにコピーできます。

Google 広告キャンペーンは、Google 広告アカウントだけでなく、他の検索エンジン アカウントにもコピーできます。

Microsoft Advertising、Yahoo! JAPAN、バイドゥ、Yahoo! Gemini のキャンペーンの場合、コピーできるのは同じエンジン アカウント内に限られます。たとえば、Microsoft Advertising キャンペーンは、同じ Microsoft Advertising アカウントにコピーできます。

新しいキャンペーンをコピーして一時停止する

キャンペーンのコピーについては、一時停止の状態で作成されるように指定することが可能です。こうすることで、広告を配信する前に設定を確認して更新できるようになります。たとえば、コピーごとに異なるターゲット地域やキーワードのマッチタイプを指定することもできます。

準備が完了したら、キャンペーンを 1 つずつ有効にするか、自動化ルールを使用して特定の時間にすべてのキャンペーンを有効にすることができます。

コピーされるのは一部の設定だけ

Google 広告エンジン アカウントから他のタイプのエンジン アカウントにコピーする場合、コピーできるのは適用可能な設定のみです。たとえば、Google 広告キャンペーン内でターゲット ネットワークを指定しても、Microsoft Advertising キャンペーンには該当する設定がないため、この設定は Microsoft Advertising アカウント内のキャンペーンにはコピーされません。

検索広告 360 によって各エンジン アカウント タイプにコピーされる項目や設定については、こちらをご確認ください。

既存の項目を更新する、新しい項目を作成する

検索広告 360 は、キャンペーン名や広告グループ名などの設定を基に、キャンペーン、広告グループ、広告、キーワードのコピーが作成済みかどうかを判断します。コピーがすでに存在している場合は、特定の設定をコピー元の項目から既存のコピー先の項目にコピーするかどうかを選択できます。コピー先の項目を無視して、すべての設定を現状のままにしておくことも可能です。詳しくは、既存の項目の照合と更新についての説明をご覧ください。

手動キャンペーンのみ

コピーできるのは、手動キャンペーンに限られます。在庫管理キーワード キャンペーンやショッピング キャンペーンはコピーできません。

項目は 100 万件まで

最大で 100 万件のアイテムを含んでいるキャンペーンを、コピー元として選択できます。個別のアイテムとしてカウントされるのは、各キャンペーン、広告グループ、キーワード、サイトリンクなどです。

たとえば、以下のキャンペーンを選択したとします。

  • 1 つのキャンペーン(以下のアイテムを含む)
    • 1 つの広告グループ(以下のアイテムを含む)
      • 10 件のキーワード

この場合、コピー元の項目数の合計は「12」になります。

選択したコピー元の項目数の合計が 100 万件を超えている場合、コピーは行われません。その場合、どの項目もコピーされません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。