Rich Media クリエイティブ

一般的なレポート

利用できるレポート

レポートで利用可能な指標には、標準とカスタムの 2 つのタイプがあります。

  • 標準指標については通常、デザイナーによる追加の作業は必要ありません(ただし、[Rich Media 手動クローズ] 指標は例外です)。標準指標は適用可能な場合に自動的に有効になり、測定とレポートが行われます。たとえば、[Rich Media エキスパンド] 指標はエキスパンド広告の場合に限り適用されます。
  • カスタム指標は、デザイナーが Google Web Designer コンポーネントや Studio API を使用して有効にします。カスタム指標では、1 つのクリエイティブにつき最大で 400 件の異なるユーザー インタラクションを測定できます。

最初の作成時にトラッキングが実装されていない場合、キャンペーンの完了時に必要なデータを取得することができません。そのため、ポストプロダクション チームが Studio でユニットのパッケージ化を始める前に、キックオフ コール時に必ずトラッキングについて話し合うようにしてください。

入稿担当者は、ユニットの掲載が開始された後にレポートを取得できます。キャンペーン マネージャー入稿システムの場合はレポートビルダーで、Google アド マネージャーの場合はクエリツールで指標をレポートできます。

キャンペーン マネージャーレポート ビルダー Google アド マネージャーレポートの基本

指標の値の意味

デフォルトでは、指標が 1 回のインプレッションに対して重複することはありません。つまり、1 回表示された広告が 2 回エキスパンドされた場合は、1 回のエキスパンドのみが記録されます。これにより、エキスパンド率(インプレッションあたりのエキスパンド数)やインタラクション率(インプレッションあたりのインタラクティブ インプレッション数)など、簡単にインプレッション単位で結果を把握できるようになります。デザイナーは必要に応じて、インプレッション単位の制限を解除してカスタム イベントを記録するよう指定できます。

指標を確認する方法

リッチメディア デベロッパーが作成し送信してきた Studio のプレビューを使用して、Google アド マネージャーリッチメディア ユニットの指標を確認できます。そのためには、Studio ウェブ管理画面の [プレビュー] タブで「詳細を表示」アイコン Show details をクリックして、[イベント サマリー] をクリックします。発生したイベントと記録されたイベントがすべて表示されます。

  • 発生したイベント: プレビュー ウィンドウでクリエイティブを操作したときに発生した指標。
  • 記録されたイベント: レポートに記録された指標。

この 2 つのイベントの主な違いは、記録されたイベントが通常、インプレッションごとに 1 回だけに制限されている点です。つまり、イベントが複数回発生しても、記録されるのは 1 回のみです。記録される各種指標を確認するには、ユニットのあちこちをクリックしてみてください。

どのような指標が実行されたかを示すため、指標は色分けされています。

  • 青: タイマー
  • 緑: カウンタ
  • 赤: exit

また、プレビュー リンクの「詳細を表示」アイコン Show details をクリックして、[イベント] を選択すると、クリエイティブに追加されているカスタム指標がすべて表示されます。標準指標は常にトラッキングされるため、ここには表示されません。

キャンペーン マネージャー入稿システムや Google アド マネージャーでも、同じようにクリエイティブをプレビューできます。スタジオの [イベント サマリー] と同様、この機能では、クリエイティブ上の各所をクリックすることで、実行される指標を確認でき、クリエイティブの指標や命名規則についてアイデアを得ることができます。指標や指標名は、キャンペーン マネージャー入稿システムや Google アド マネージャー内で、対象クリエイティブの [イベント] タブをクリックすると全体を確認できます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。