検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

DoubleClick Rich Media iframe ソリューション

この記事では、DoubleClick Rich Media の iframe ソリューションとその実装方法について説明します。サイト運営者はこのソリューションを使用して、サイトの iframe でエキスパンド クリエイティブやフローティング クリエイティブを配信できます。

さらによい方法として、IAB の SafeFrame の使用する方法もあります。SafeFrame とは API に対応した iframe であり、広告主とサイト運営者コンテンツの間で通信を行うための統合された枠組みです。SafeFrame 技術により、ページ コンテンツと広告の間の透過的でリッチな通信が実現します。サイト運営者側ではこの通信を管理でき、機密データへの外部からのアクセスを防止できます。

SafeFrame を入手する

概要

ウェブブラウザでは、異なるドメインに属するページ間のデータのやり取りについて制限が設けられています。これはセキュリティ機能であり、ドメインが異なるページ間でデータの読み取りが行われないようにすることを目的としています。ブラウザでは、iframe 内のコンテンツが、周囲のページ コンテンツとは別のドメインに属するものと見なされます。

ウェブサイトで iframe 広告タグが使用されている場合、広告を囲む枠として iframe が作成されます。たとえば、www.mysite.com というサイトで ad.doubleclick.net からの広告を表示する iframe 広告タグが設定されている場合、その広告から iframe 外のデータへのアクセスは制限されます。このアクセス制限のため、フローティング クリエイティブとエキスパンド クリエイティブは、iframe 広告タグで配信することができません。しかし、第三者配信事業者から配信される広告と同様に、サイト運営者が iframe 環境から信頼するドメインへのデータ通信を許可したい場合もあります。

iframe ソリューションの使用

DoubleClick Rich Media の広告に iframe でアクセスできるようにするには、サイト運営者は自分のドメインに特別なファイルを置く必要があります。このファイルは、広告サーバーのドメインとサイト運営者のドメインの橋渡し役になります。

Rich Media の iframe ソリューションは、入れ子になった iframe タグには対応していません。この記事で説明する方法に沿って DoubleClick の iframe タグをサイトの iframe に配信しようとすると、エラーが発生します。
  1. Download the iframe solution fileDARTiframe.html ファイルを保存します。
  2. DARTIframe.html ファイルを、ウェブサーバー上のウェブサービスのルート ディレクトリにある /doubleclick フォルダに追加します。たとえば、www.example.com というウェブサイトでは、DARTIframe.html ファイルを www.example.com/doubleclick に置きます。
  3. 広告の配信先とするすべてのドメインとサブドメインに iframe ソリューション ファイルを配置します。

このソリューションは、DoubleClick Rich Media を使用して配信される広告にのみ有効です。

iframe ソリューションの別のサーバー フォルダへの保存

DARTIframe.html ファイルのデフォルトの保存先は、ウェブサーバーのルート ディレクトリにある doubleclick というディレクトリです。たとえば、www.mysite.com というサイト運営者のドメインでは、DARTIframe.html の URL は次のようになります。

  • http://www.mysite.com/doubleclick/DARTIframe.html  

ファイルを別の場所に置く場合は、ファイルの場所を示す Key-Value ペアを広告タグに追加します。Key-Value ペアは mtfIFPath=[directory] 形式で指定します(ここで、[directory] はサーバーのルート ディレクトリのフォルダパスです)。たとえば、ファイルの場所が次の URL であるとします。

  • http://www.mysite.com/iframe_files/dcrm/DARTIframe.html

この場合は、次の Key-Value ペアを使用します。

  • mtfIFPath=/iframe_files/dcrm/;

使用するサーバー ソフトウェアによっては、DARTIframe.html ファイル名の大文字と小文字を区別する必要があります。ファイルをサーバーに置く際は、元のスペル、大文字と小文字が維持されるようにしてください。

関連トピック

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。