Google+ コミュニティのプライバシー設定

コミュニティを利用して、プロジェクト、関心事、特定のグループについて話し合ってみましょう。たとえば、拡張したワークグループ、クラス プロジェクト、組織内の慈善活動、自社と G Suite アカウントを持つ外部ユーザーとの共同プロジェクトなどのコミュニティを開設できます。詳細

コミュニティを作成する前に、プライバシー設定の確認と選択を行います。ここでは、コミュニティを検索して参加できるユーザー、コンテンツやメンバーを閲覧できるユーザーを検討し、さらにメンバーになるためにリクエストが必要かどうかを検討します。G Suite 管理者による Google+ の設定や、ユーザーが作成するコミュニティの種類に応じて、次のことができる場合があります。

  • 会社や学校のユーザーだけにアクセスを限定する
  • すべての G Suite ユーザーにコミュニティの表示と参加を許可する
  • 招待を必須とする、またはユーザーによるアクセスのリクエストを必須とする
  • Google+ の検索結果にドメイン限定のコミュニティを表示する、または表示しない

プライバシー設定のほとんどはコミュニティの作成後に変更できないため、慎重に選択してください。

コミュニティを作成するには、以下の情報を確認してください。

プライバシーを設定する

プライバシー設定の概要

プライバシー設定 - 組織外のユーザー

社外や学外の G Suite ユーザーがコミュニティに参加できるようにするには、次の設定を行います。G Suite 管理者が許可した場合にのみ、ドメイン外のユーザーに公開されるコミュニティを作成できます。

プライバシー設定 参加できるユーザー 投稿やメンバーを表示できるユーザー Google+ 検索でコミュニティを検索できるユーザー

一般公開 > 参加をリクエスト

注: 2019 年 4 月 24 日をもって、一般公開コミュニティは作成できなくなりました。2019 年 4 月 24 日より前に作成された一般公開コミュニティは残りますが、「参加をリクエスト」することになります。

すべての G Suite ユーザーが参加をリクエストできるが、メンバーになるには管理メンバーの承認が必要 すべての G Suite ユーザー すべての G Suite ユーザー

限定シェア

招待された G Suite ユーザーのみ コミュニティのメンバーには投稿とメンバーが表示され、招待されたユーザーにはメンバーのみが表示される コミュニティのメンバー*

注: 2019 年 4 月 2 日より前に作成された一般公開コミュニティは、2019 年 4 月 2 日以前のデータで検索エンジンの結果に表示される場合があります。

**検索結果に表示されない限定シェア コミュニティの名前と写真は、G Suite ユーザーがコミュニティの URL を入力した場合や、リンクをクリックした場合には引き続き表示されます。

プライバシー設定 - 制限付きのアクセス

社内や学内のユーザーのみがコミュニティを検索、参加できるようにするには、次の設定を行います。

プライバシー設定 参加できるユーザー 投稿やメンバーを表示できるユーザー Google+ 検索でコミュニティを検索できるユーザー
[ドメイン名] 内で一般公開 組織内のすべてのユーザー 組織内のすべてのユーザー 組織内のすべてのユーザー
[ドメイン名] 内で一般公開 > 参加をリクエスト 組織内のすべてのユーザーが参加をリクエストできるが、メンバーになるには管理メンバーの承認が必要 組織内のすべてのユーザー 組織内のすべてのユーザー

[ドメイン名] 内で限定シェア

組織内の招待されたユーザーのみ コミュニティのメンバーには投稿とメンバーが表示され、招待されたユーザーにはメンバーのみが表示される Google+ の検索結果に表示されない*

限定シェア > 検索結果に表示

組織のドメイン内のすべてのユーザーが参加をリクエストできるが、メンバーになるには管理メンバーの承認が必要 コミュニティのメンバーには投稿とメンバーが表示され、招待されたユーザーにはメンバーのみが表示される 組織内のすべてのユーザー

*「ドメイン内で限定シェア」のコミュニティの名前と写真は、組織内のユーザーがコミュニティの URL を入力した場合や、リンクをクリックした場合には引き続き表示されます。名前や写真は組織外のユーザーには表示されません。

組織のドメイン外のユーザーにアクセスを許可する

注: ドメイン外のコミュニティは、メンバーでない限り Google+ の検索結果には表示されません。G Suite 管理者が許可した場合にのみ、ドメイン外のユーザーに公開されるコミュニティを作成できます。

社外や学外の G Suite ユーザーがコミュニティに参加できるようにするには:

  1. コミュニティを作成します。
  2. [[ドメイン名] 内限定] を無効にします。
  3. [完了] をクリックまたはタップします。
  4. コミュニティにユーザーを招待します。
組織内のユーザーのみにアクセスを制限する

社内や学内のユーザーのみがコミュニティを検索して参加できるようにするには:

  1. コミュニティを作成します。
  2. [[ドメイン名] 内限定] を有効にします。
    デフォルトでは、コミュニティは [[ドメイン名] 内で一般公開] に設定されています。これは、社内や学内のすべてのユーザーが表示できることを意味します。
  3. (省略可)その他の制限を設定するには:
    • [[ドメイン名] 内で一般公開] の下矢印 下矢印 をクリックして [限定シェア] を選択すると、招待したメンバーのみが参加できます。
    • [検索結果に表示] をオンにすると、ユーザーがコミュニティを検索して参加をリクエストできるようになります。
  4. [完了] をクリックまたはタップします。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。