Pixel スマートフォンでバッテリー セーバーを使用する

スマートフォンの電池残量が少なくなったら自動的にバッテリー セーバーがオンになるよう設定できます。また、バッテリー セーバーはいつでも手動でオンにできます。Pixel 3 以降のスマートフォンでさらに電池を長持ちさせるには、スーパー バッテリー セーバーをオンにします。

重要: バッテリー セーバーがオンの場合、5G 版 Pixel スマートフォンは 4G サービスを使用します。詳しくは、バッテリー セーバーがオンになると何が変わるかについての説明をご覧ください。

注: この手順の一部は、Android 11 以降でのみ動作します。詳しくは、Android のバージョンの確認方法をご覧ください。

バッテリー セーバーをオンまたはオフにする

バッテリー セーバーがオンになっている場合、画面上部のバッテリー セーバー アイコン バッテリー セーバー有効 がオンになります。バッテリー セーバーをオンまたはオフにする手順は次のとおりです。

  1. 画面を上から下にスワイプします。
  2. バッテリー セーバー アイコン バッテリー セーバー をタップします。

バッテリー セーバーを自動的にオンにする

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] 次に [バッテリー セーバー] 次に [スケジュールの設定] をタップします。
  3. バッテリー セーバーをオンにするときの設定を選択します。
    • スケジュールなし: バッテリー セーバーを手動でオンにした場合のみ。
    • ルーティンに基づく: 次回のいつもの充電前に電池が切れる可能性がある場合。
    • 残量に基づく: 電池が一定の充電率に達したとき。
ヒント: スマートフォンの充電中、バッテリー セーバーはオフになります。

スマートフォンが充電されたらバッテリー セーバーがオフになるよう設定する

スマートフォンの電池残量が 90% に達したら自動的にバッテリー セーバーをオフにすることができます。

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] 次に [バッテリー セーバー] をタップします。
  3. [フル充電で無効] をオンにします。

スーパー バッテリー セーバーで電池をさらに長持ちさせる

Pixel 3 以降のスマートフォンでスーパー バッテリー セーバーをオンにすると、電池をさらに長持ちさせることができます。スーパー バッテリー セーバーがオンになると、バッテリー セーバーによって、より多くの機能がオフになり、ほとんどのアプリが一時停止し、処理速度が遅くなり、次に充電するまでの時間を引き延ばすことができます。

スーパー バッテリー セーバーを使用するタイミングを選択すると、オンにするたびに通知されます。

重要: 一時停止中のアプリからは通知が送信されなくなります。スーパー バッテリー セーバーがオンになると何が変わるかについての説明をご覧ください。

スーパー バッテリー セーバーを使用するタイミングを選択する
  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] 次に [バッテリー セーバー] 次に [スーパー バッテリー セーバー] 次に [使用するとき] をタップします。
  3. スーパー バッテリー セーバーをオンにするタイミングを選択します。
    • 毎回確認: バッテリー セーバーがオンになったときに、スーパー バッテリー セーバーもオンにするかどうかを確認するメッセージが表示されます。
    • 常に使用: バッテリー セーバーがオンになったときに、スーパー バッテリー セーバーもオンになります。
    • 使用しない: スーパー バッテリー セーバーはオンになりません。
スーパー バッテリー セーバーがオンの場合も常に有効にしておくアプリを選択する

スーパー バッテリー セーバーがオンの間も引き続き実行するアプリを指定できます。電池を最も長持ちさせるには、重要なアプリのみを選択してください。

  1. スマートフォンの設定アプリを開きます。
  2. [電池] 次に [バッテリー セーバー] 次に [スーパー バッテリー セーバー] 次に [必須アプリ] をタップします。
  3. 一時停止を解除したままにするアプリを選択します。
スーパー バッテリー セーバーで一時停止中のアプリを一時的に使用する

スーパー バッテリー セーバーがオンの間、ほとんどのアプリは一時停止します。一時停止中のアプリを使用するには、一時停止を解除します。

  1. 一時停止中のアプリをタップします。
  2. メッセージが表示されたら、[一時停止を一時的に解除] をタップします。
  3. 数分後に通知が届きます。
    • アプリを一時停止に戻すには、何もしないか、通知をスワイプします。
    • 一時停止の解除時間を延長するには、[[時間] まで待機] をタップします。
    • アプリの一時停止を解除したままにするには、[アプリを一時停止しない] をタップします。スーパー バッテリー セーバーを次に使用するまで、このアプリは一時停止に戻りません。

バッテリー セーバーとスーパー バッテリー セーバーがオンになると何が変わるか

電池を長持ちさせるため、バッテリー セーバーによりアプリや機能の使用が制限されます。Pixel 3 以降のスマートフォンでスーパー バッテリー セーバーがオンになると、バッテリー セーバーによる制限に加えて、ほとんどのアプリが一時停止し、機能がオフになり、処理速度が遅くなります。

なお、バッテリー セーバーとスーパー バッテリー セーバーによって、電話、メッセージ、時計、設定などの必須システムアプリがオフになることはありません。

バッテリー セーバーによる制限
  • アプリでのコンテンツ(メールやニュースなど)の更新は、アプリを開いたときにのみ行われます。
  • 画面をオフにすると、位置情報サービスは停止します。
  • 電池の最適化をオフにしない限り、アプリはバックグラウンドで実行されません。
  • スマートフォンは「OK Google」を認識しないため、続けて会話することができなくなります。代わりに、毎回、Google アシスタント アイコン アシスタント をタップします。
  • ダークテーマがオンになります。
  • 通知が遅延することがあります。
  • ロック画面で時間や情報の常時表示がオフになります。
  • Active Edge 搭載の Pixel スマートフォンがスクイーズに反応しなくなります。
  • Pixel 3、Pixel 4、およびそれ以降の Pixel スマートフォンで、自動車事故検出がオフになります。
  • Pixel 4 スマートフォンで、Motion Sense がオフになります。
  • Pixel 4 以降の Pixel スマートフォンで、スムーズ ディスプレイがオフになります。
  • 5G 版 Pixel スマートフォンは 4G サービスに切り替わります。
スーパー バッテリー セーバーによる制限(Pixel 3 以降)

スーパー バッテリー セーバーがオンになると、バッテリー セーバーによる制限に加えて、さらに以下の項目が制限されます。これらの設定は設定アプリでいつでもオンに戻すことができます。

  • ほとんどのアプリが一時停止します。一時停止中のアプリからは通知が送信されなくなります。
  • スマートフォンの処理速度(CPU)が遅くなります。
  • Wi-Fi と Bluetooth は動作しますが、位置情報のための Wi-Fi スキャンと Bluetooth スキャンはオフになります。
  • 仕事用プロファイルがオフになります。
  • スマートフォンの画面消灯が 30 秒に短縮されます。
  • 現在のアクセス ポイントやテザリングはすべて停止します。
  • 左端のホーム画面を使用するには、Google アプリの一時停止を解除します。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。