Google お支払いセンターについて

Google お支払いセンターでは、Google サービスで使用するお支払い方法や、Google サービスを通した支払いを受け取る方法を 1 か所で管理することができます。お支払いセンターに保存されたお支払い情報は、その他の Google サービスでのお支払い(Google Play のデジタル コンテンツ、ドライブ ストレージ容量、Google ストアでのハードウェアの購入など)にご利用いただけます。

仕組み

重要: 一部のビジネス関連サービス(Google 広告など)では、アカウントの種類が「ビジネス」ではなく「組織」になっている場合があります。

お支払いセンターでは、さまざまな方法でオンライン支払いを管理できます。次に挙げる例はその一部です。

販売者はお支払いプロファイルを使用して、Google からの支払いの受け取り(「販売者へのお支払い」)や、注文の管理、売上の確認などができます。次の販売者が対象となります。

  • Google Play で自身のアプリから収益を得ている Android アプリのデベロッパー
  • Chrome ウェブストアのデベロッパー

お客様の個人情報が保護される仕組み

Google ではユーザーの情報のセキュリティ保護に努めております。Google にとっての最優先課題は、個人や企業のお客様が販売者や Google と安全な取引を行うことができる環境を整えることです。

  • 決済の暗号化には、業界標準のセキュア ソケット レイヤ(SSL)技術を採用しています。
  • 銀行口座の詳細とクレジット カード情報は、Google の安全なサーバー内の 1 か所に保存しています。取引の完了に必要な場合を除き、これらの情報にアクセスすることはありません。
  • Google では、プライバシー ポリシーに記載されている一部の状況を除き、お客様の情報を公開することはありません

お支払いプロファイルの詳細

お支払い情報は、お支払いプロファイルにまとめて保存されています。このお支払いプロファイルを使用して、Google サービスで支払いを行ったり、Google Play や Chrome ウェブストアで販売したアプリや拡張機能に対する販売者へのお支払いを受け取ったりすることができます。お支払いプロファイルは、Google アカウントに関連付けられたお支払い方法、定期購入、取引履歴、請求情報で構成されています。

通常、お支払いプロファイルは次のような場合に作成されます。

  • 個人または企業としてお支払いセンターを使用している場合: 初めて Google で何か購入したり、有料の Google サービスに登録したりすると自動的に作成されます。
  • Google Play や Chrome ウェブストアで商品を販売する販売者としてお支払いセンターを使用している場合: アプリ、ゲーム、拡張機能を収益化する準備が整ったときに作成されます。

詳しくは、お支払いプロファイルの作成と管理の方法をご覧ください。

Google お支払いセンターにアクセスできない理由

Google お支払いセンターにアクセスしても支払いを管理するためのオプションが表示されない場合は、次のような理由が考えられます。

  • Google でまだ購入したことがない: お支払いプロファイルは、Google で何かを初めて購入するとき(または有料の Google サービスに登録するとき)に作成されます。
  • 特別な種類のアカウントを使用している: 子供向けや組織向けなど、特別な種類のアカウントは別のユーザー アカウント(通常は、親または組織の 1 名以上の代表者)によって管理されるため、お支払いセンターを直接使用しないことや、独自のお支払いプロファイルを使用していることがあります。プロファイル情報の変更についてサポートが必要な場合は、アカウントの管理者にお問い合わせください。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。