クロールの頻度とサイトの更新

Google ニュースで最新のコンテンツを提供できるように、Google ニュースではサイトを定期的にクロールします。クロールのプロセスはアルゴリズムによるものです。各サイトをクロールする頻度は、コンピュータ プログラムによって決まります。1 日に何度も新しい記事を追加しているサイトであれば、Google ニュースに速やかに記事が表示されるはずです。サイトが Google ニュースのインデックスに登録され、ランク付けされやすくするための方法については、ウェブマスター向けガイドラインをご覧ください。

新しい記事が見つかった時点から、クロールが繰り返されて変更が確認されます。記事の変更は公開直後に行われることが多いため、記事の検出後 24 時間は特に頻繁に確認されます。その後、記事の確認頻度は低くなります。

Google ニュースでは、サイトを繰り返しスキャンして新しく更新された記事を確認しますが、誤りの修正後も Google ニュースの記事に反映されない場合がまれにあります。大規模な更新(見出しや記事の主要段落の大幅な変更など)が行われると、システムで更新が検出、表示される可能性が高くなります。

システムができる限り多くのコンテンツをクロールできるように、サイトが技術的なガイドラインに準拠していることを確認してください。また、サイトの構造を変更した場合は、Google ニュース パブリッシャー センターサイト情報のレコードを更新することをおすすめします。最新記事をサイトの主要部分にリンク付けしたり、Google ニュース サイトマップを送信したりすると、Google ニュースが最新記事を発見しやすくなります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。