価格競争力レポートについて

: この機能を使用するには、マーケット インサイトを有効にする必要があります。

価格競争力レポートには、お客様が販売する商品と同じものを、他の販売者がいくらで販売しているかが示されます。各商品について平均価格が表示されるため、広告で他の広告主がクリックを獲得している商品価格を把握できるほか、ベンチマーク価格の推移の指標を集計できます。

レポートでは、2 つの方法でデータを分割および表示できます。

  • カテゴリ、ブランド、商品タイプでデータを表示している場合は、ショッピング広告オークションでの競合状況をトラッキングできます。
  • 商品ごとにデータを表示している場合は、ベンチマーク指標を使用できる商品個別の情報が表示されます。

この記事では、Merchant Center の価格競争力レポートの仕組みについて説明します。

メリット

広告の入札や商品の価格設定をする際に、料金の検討機能を使用して参考にできます。

  • 入札単価の競合状況: 価格ベンチマーク レポートを活用して、ショッピング広告で価格競争力に優れた商品の入札単価を引き上げます。
  • 価格の競合状況: 価格に関する決定を行い、マーケティング戦略を設定する際には、価格ベンチマークを入力値として使用します。これには、価格が高すぎる商品、商品カテゴリ、ブランド、カテゴリの特定や、プロモーション戦略やスペシャル オファーの設定などがあります。

仕組み

価格競争力レポートは、商品、商品カテゴリ、カテゴリ、ブランドに基づいて分類できます。商品ごとにグループ化するか、[商品を表示] をクリックすると、各商品データの詳細な表が表示されます。

指定した期間でレポート結果を絞り込めます。

販売する販売者が少ない商品やショッピング広告でクリック数が多くない商品は、このレポートには表示されませんのでご注意ください。また、このレポートはショッピング広告にのみ対応しているため、ローカル在庫広告や Shopping Actions などの他のプログラムのデータは含まれません。

このレポートの商品ビューには、現在 Merchant Center アカウントに登録済みで、ベンチマーク指標が利用可能な商品のデータのみ表示されます。カテゴリ、ブランド、商品カテゴリの各ビューでは、商品の全履歴が考慮されます。

カテゴリ、ブランド、商品カテゴリ別にデータを表示すると、次の 2 つの指標が表示されます。

指標 表示される情報
ベンチマークより高い、ベンチマークの範囲内、ベンチマークよりも低い 商品とベンチマーク価格との差が 1% 以上高い、上下 1% 以内、1% 以上低いオークションの割合。
ベンチマークなし この商品のベンチマーク価格を計算するのに十分なデータがないオークションの割合。
 

商品ごとにデータを表示すると、次の指標が表示されます。

指標 表示される情報
価格(お客様) price [価格] で定義される商品の現在価格、または利用可能かつアクティブな場合は Sale price [セール価格] 属性の価格。
現在のベンチマーク価格 ショッピング広告で同じ商品を宣伝している全販売者の、広告クリック数で重み付けした商品価格の平均値。商品は GTIN に基づいて照合されます。

ベンチマーク価格は、レポートの作成より 1~7 日前のデータを使用して計算されます。ショッピング広告でクリック数が多い商品は、ベンチマークが更新され、データがより新しいものになります。

ベンチマークはクリック数で重み付けされているため、人気のある商品のほうがベンチマーク価格でより重み付けされます。
現在のベンチマーク価格との差 商品の現在価格と現在のクリック加重平均ベンチマーク価格の差の割合。
ベンチマーク価格の履歴との差 選択した期間におけるベンチマーク価格との価格差の割合の平均値。

レポートの確認方法

価格競争力レポートを表示する手順は次のとおりです。

  1. Merchant Center アカウントを開きます。
  2. [成長] タブに移動します。
  3. [価格競争力] をクリックします。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。