商品データに関する通知について

商品データに関する通知とは、特定の商品グループで有効な商品アイテムの数が大幅に減少するなど、商品データで予期しないことが起きたときに受け取るメールです。

この記事では、商品データに関する通知の仕組みとそのトリガーについて説明します。

メリット

商品データに関する問題は、Merchant Center アカウントの [診断] セクションで確認できますが、エラーが発生してから確認するまでにかなりの時間が経過してしまう可能性があります。商品データに関する通知を有効にすると、対象商品の問題が検出されてからすぐに Google からメールで通知を受け取れます。

仕組み

デフォルトでは、国(2 文字の国コード)と掲載先の組み合わせ(たとえば、US + ショッピング広告)で有効な商品アイテムが大幅に減少したことが検出されると、通知がトリガーされます。メールには発生した問題に関する説明と、関連する診断ページへのリンクが記載されているため、すぐに商品データを確認できます。

注: 商品の大幅な減少が意図的なものであっても、通知の要因となります。商品アイテムのステータスが「有効」から「まもなく期限切れ」に変わったときも、通知がトリガーされる場合があります。このステータス変更は、商品アイテムの有効期限が切れる 3 日前に行われます。

その他の種類の商品データアラート(商品の保護など)はオプトインのみで、通知の受信を開始する前に有効にしておく必要があります。

こうした通知を有効にするかどうかは、メール設定で変更できます。Merchant Center のメール設定の詳細

対応状況

商品データに関する通知は、フィードの種類にかかわらず、次の配信先で利用できます。

  • ショッピング広告
  • ローカル在庫広告
  • Google で購入
  • ディスプレイ広告

注: マルチクライアント アカウントの場合、最上位のアカウントで商品データに関する通知を有効にすることができます。現時点では、サブアカウントには商品データに関する通知のオプションは表示されません。

関連リンク

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
71525
false
false