Merchant Center の Content API

Content API for Shopping を利用すると、アプリと Merchant Center プラットフォームを直接連動させ、規模が大きい、または複雑な Merchant Center アカウントを管理する際の効率性を大幅に高めることができます。Content API for Shopping は、Merchant Center の商品データの入力ソースとして使用できるため、サイトでデータを更新すると、そのデータが直接配信されます。

注: 多数のフィードをアップロードする場合や、商品データを頻繁に変更する場合は、フィードの代わりに Content API を使用して商品データを直接アップロードすることを強くおすすめします。

Content API を使用して商品データを登録する場合、入力フィードが用意されていないと、Merchant Center で自動的にフィードが作成されます。この新しいメインフィードを使用して、API データ用のカスタム フィードルールを作成し、Merchant Center 内で商品フィードを管理できます。また、Content API 用にプレースホルダ フィードを作成し、そのプレースホルダ フィードに API 商品データをアップロードすることもできます。

詳しくは、Content API for Shopping のスタートガイドをご覧ください。

複数の国に登録する

Content API の性質上、商品アイテムが単一のフィード内で複数の国に向けて複製されることはありません。Content API の商品データを複数の国に登録する場合は、対象となる国と言語ごとに複数の入力フィードを作成する必要があります。

補助 API フィード

Content API を通じて商品データをアップロードする際に補助フィードを使用できます。補助フィードは Merchant Center で作成し、そのフィード ID を Content API リクエストに渡す必要があります。ID は、登録済みの Content API 補助フィードの [設定] セクションにある [フィード] ページで確認できます。

メインフィードとは異なり、Content API 補助フィードは複数存在してもかまいません。たとえば、在庫状況用のデータベースと価格用のデータベースが 1 つずつある場合に、それぞれの補助フィードを作成できます。価格と在庫状況を別々に更新できるため、価格と在庫状況を組み合わせた一意の補助フィードを登録できます。

詳しくは、補助フィードを作成して関連付ける方法をご覧ください。

 

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。