商品データを最適化するためのおすすめの方法

商品データは、Google ショッピングでの広告の表示や掲載結果に影響します。ショッピング キャンペーンをできるだけ成功させるには、高品質な商品データを登録し、維持する必要があります。

以下のおすすめの方法を活用して、適切なデータを作成し、キャンペーンの成功にお役立てください。

見込み顧客について戦略的に考える

商品と見込み顧客について知っている情報を使って、事前に計画を立てましょう。

  • 見込み顧客がコンバージョンに至る過程を明らかにします(ショッピング広告からご購入手続きまで)。より良いショッピング体験を提供するために改善できるところを特定します。たとえば、商品データ、ランディング ページ、ご購入手続きを改善します。購入したい商品がすぐに見つかる場合や、情報に基づいた判断に役立つリッチ コンテンツを確認できる場合、簡単に購入手続きを完了できる場合は、見込み顧客が購入に至る可能性が高くなります。
  • リソースを割り当てる際には、最も価値の高い商品の優先度を高くします。 ビジネスの業績に最も影響を与える商品に焦点を合わせます。十分な商品データを提供し、これらの商品の重大な問題を修正するようにしてください。
  • テストを実施して、最適化の方法を特定します。これにより、商品とターゲット ユーザーに対して最も効果的な方法を判断します。たとえば、アパレル商品のタイトルに色の情報を追加して、広告の掲載結果の主要な指標が変化するか測定してみます。さまざまな方法を試して、何がビジネスの成果を上げるかを判断します。
  • 広告を差別化します。たとえば、プロモーション商品評価カスタマー レビューローカル在庫広告などを使用します。 ショッピング広告で独自のオファーや価値提案を強調すれば、競合他社との差別化を図ることができます。

商品の重要な詳細を強調する

見込み顧客を広告に引き付けることができる商品タイトルを使用しましょう。

  • 重要な属性を title [商品名] に含めます(アピール力のあるブランド名、年齢層、性別、サイズ、色、サイズの種類、カスタマイズ オプションなど)。見込み顧客との関連性が特に高い商品情報を提供することで、検索語句と一致しやすくして掲載結果を向上させることができます。
  • title [商品名] の先頭に重要な情報を置きます。特に、重要な情報が画像からは伝わらない場合に役立ちます。ほとんどの広告フォーマットでは商品名が途切れて表示されるため、特に関連性が高い魅力的なコンテンツはタイトルの先頭に表示して、見込み顧客が広告をクリックしてサイトを表示する前に知らせるようにします。

高品質の画像を使用する

見栄えのよい画像を使用して最高の印象を与え、商品の売り上げを向上させましょう。

  • できるだけ高品質の画像を image_link [商品画像リンク] に指定します。 高品質の画像の商品は、関連性の高い検索語句が入力された際に表示される可能性が高くなるため、特に最近の高解像度スマートフォンを使用している見込み顧客の注目を集めることができます。
  • プレースホルダ画像またはプロモーション メッセージやロゴを含む画像は使用しないでください。 プロフェッショナルな画像を使用して見込み顧客の注目を集めましょう。

最も正確な商品データを提供する

見込み顧客との信頼関係を築くために必要な、最新かつ完全な情報を使用しましょう。

  • 価格、在庫状況、税金、送料を最新の状態に維持します。それには、フィードの自動配信リアルタイム アップデートを含む)、Content API構造化データのマークアップを使用します。価格や在庫状況がわからないと、見込み顧客はサイトから離れてしまいます。また、商品データとランディング ページの不一致は不承認の原因にもなります。
  • product_type [商品カテゴリ] の値はできるだけ詳細に指定します。また、google_product_category [google 商品カテゴリ] の値は、少なくとも 2~3 レベルの深さにします。product_type [商品カテゴリ] は大まかなグループから始め、より具体的なグループで終わるようにします。類義語、検索に使われる語句、宣伝文は含めないでください。商品はタイプ別にのみ分類します。例: Apparel & Accessories > Clothing > Outerwear > Coats & Jackets > Denim Jackets [ファッション・アクセサリー > ファッション > アウター > コート・ジャケット > デニム ジャケット]。
  • 商品データのすべての商品アイテムに一意の id [ID] と title [商品名] を使用します。一貫した同じ ID を各商品アイテムに使用すると、履歴データが保持されます。また、title [商品名] を変えて各商品の詳細と特徴を示すことで、見込み顧客は探している商品を見つけやすくなります。
  • 可能な場合は、商品の gtin [gtin] を指定します。GTIN は、お客様が販売している商品を Google が正確に理解するのに役立ちます。商品が Google で正しく把握されると、その商品に関する有用な詳細情報を含むショッピング広告が、より関連性の高い方法でユーザーに表示されるようになり、広告の掲載結果向上につながります。これは、お客様の広告が Google、YouTube、パートナー サイトのより多くの場所で表示されることにもつながります。

適切な GTIN を商品データに追加した販売者のクリック数は平均で 20% 増加しています。

商品データとランディング ページを一致させる

ランディング ページの要件に沿って、見込み顧客が期待したとおりの情報が表示されるようにしましょう。

  • ランディング ページにある商品と同じ title [商品名] と description [商品説明] を使用します。商品のランディング ページに含まれていない類義語や検索に使用される語句は使用しないでください。ショッピング広告の内容がランディング ページと一致していないと、見込み顧客は混乱してしまうため、快適にショッピングできず、何も購入せずにページから離れてしまう原因となります。
  • ショッピング広告と同じ商品のバリエーションをランディング ページでも表示します。ショッピング広告で商品バリエーションをクリックした後、ランディング ページでもその商品バリエーション(色やサイズなど)を選択しなければならないのは、特にモバイルの見込み顧客にストレスを感じさせてしまいます。
  • ランディング ページと同じ色の名前を商品データで使用します。たとえば、「ミッドナイト スカイ」という色を「ダークブルー」に変更しないでください。ショッピング広告と商品のランディング ページで異なる色の名前を表示すると、見込み顧客を混乱させてしまい、アカウントが不承認となることもあります。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。