透明性とプライバシー

Google カスタマー レビューの参加者が下記のポリシーに違反していると思われる場合は、詳しくお調べいたしますので、Google カスタマー レビュー違反報告フォームに必要事項を記入してお知らせください。

不当表示と誤解を招く表示

Google カスタマー レビューでは、商品やサービス、重大な事実を偽っている内容は認められていません。Google カスタマー レビューの参加者は、商品やサービスに関する不正確な説明を表示したり、商品やサービスに関する重要な情報を故意に省いたりすることはできません。これは、品質、価値、値段、来歴など、商品に関するあらゆる情報に適用され、これらに限定されません。

Google では、販売者が別の販売者や組織であるかのように偽ることは認められていません。

アフィリエイト関係の示唆

Google カスタマー レビューでは、Google からの明示的な承認を得ずに、Google との間にアフィリエーション、提携関係、その他の特別な関係があることを示唆することを禁止しています。参加者は、Google の事前の承認を得ずに、プログラムへの参加に関するいかなるプレスリリース、お知らせ、その他の宣伝材料を表示しないものとします。そのような承認に関するリクエストはすべて、press@google.com まで直接お問い合わせください。また、関係のない第三者との間にアフィリエーション、提携関係、その他の特別な関係があることを示唆することも認められていません。

情報収集サイト

Google カスタマー レビューでは、個人情報の収集を主な目的とするウェブサイトは認められていません。こうしたウェブサイトには、個人情報と引き換えに無料プレゼントなどの特典を提供するウェブサイトが含まれます(ただし、このようなウェブサイトに限定されるわけではありません)。このような行為は「情報のハーベスティング」と呼ばれます。無料プレゼントや特典としては、賞品、クーポン、動画、電子書籍、クイズの解答、アンケート結果などが挙げられます。

ユーザーから情報のハーベスティングを行わない場合でも、取り扱いに注意を要する個人情報(銀行口座情報やクレジット カード番号など)を収集するウェブサイトでは、こうした情報を収集する際にセキュリティで保護されたサーバー(https://)を使用する必要があります。

参加者は、プライバシーとデータ保護に関する地域の法律や規制に準拠できるように責任を持って管理する必要があります。Google のポリシーや法律への違反が確認されたアカウントやキャンペーンは、強制停止となる場合があります。

ソフトウェア原則

Google カスタマー レビューでは、不正なソフトウェアを配信するウェブサイトは認められていません。また、配信するソフトウェアについて誤解を招くような説明や、虚偽の説明を掲載しているウェブサイトも認められません。

このポリシーは、Google のソフトウェア原則で次のように規定されています。

  • インストール: ユーザーを欺いてソフトウェアをインストールさせてはなりません。
  • 直接的な通知: アプリケーションをインストールまたは有効化する際には、その主な機能をユーザーに通知する必要があります。
  • 簡単な削除: アプリケーションは簡単に無効化または削除できる必要があります。
  • 明確な動作: アプリケーションがユーザーの利便性に影響または変化を及ぼす場合は、それを明示する必要があります。
  • 情報収集: アプリケーションでアドレスなどの個人情報を収集または送信する場合は、必ずユーザーに通知する必要があります。
  • 良好な関係の保持: アプリケーション プロバイダは、自身のアプリケーションがこのガイドラインに準拠しないアプリケーションとバンドル(同梱)されないようにする必要があります。

不正行為を意図していないアプリケーションの中にも、ユーザーの明示的な承認を得ることなくアプリケーションのバンドル、ユーザー情報の送信、コンピュータの設定変更を行うものがあります。このタイプのソフトウェアは、個人情報や金融情報が盗まれる、アンインストールや削除が難しい、ブラウザの設定が変更される、ユーザーの同意なしに外部とデータがやり取りされる、などの危険性があるためユーザーにとって有害と見なされます。

個人情報の取り扱い

参加者は、個人を特定できる情報を含め、情報の収集、使用、公表に関する方針を明確に示したプライバシー ポリシーを掲載する必要があります。

プライバシー ポリシーには次の情報を掲載してください。

  • Google を含むサードパーティ ベンダーが、Cookie を使用して参加者のウェブサイトにバッジを設置すること、およびユーザーが以前に訪問したウェブサイトに基づいて広告を配信すること。
  • 以前に訪問したウェブサイトに基づく広告掲載を希望しない場合は、Google の広告設定ページにアクセスして Google による Cookie の使用を無効にできること。また、Network Advertising Initiative のオプトアウト ページにアクセスして、インタレスト ベースの広告におけるサードパーティ ベンダーの Cookie の使用を無効にできること。

広告主様のサイトや法律は国や地域ごとに異なるため、Google でプライバシー ポリシーに関する定型文を示すことはできませんが、Network Advertising Initiative(NAI)などのガイドラインを参照して、プライバシー ポリシーを作成することをおすすめします。

個人情報

広告主様は、ユーザーがオンラインで商品を安全に購入できる環境を整え、プライバシーとセキュリティのおすすめの方法に従ってシステムを運用する必要があります。ユーザーの個人情報を収集するウェブサイトは、必ず SSL(https)対応のセキュリティ保護されたサーバー上で運営してください。次の情報はすべて「取り扱いに注意を要する個人情報」とみなされます。

  • クレジット カード番号およびデビットカード番号
  • 銀行および投資先の口座番号
  • 当座預金口座番号
  • 電信送金番号
  • 住民基本台帳番号、基礎年金番号、健康保険被保険者番号
  • 該当する法律で重要な個人データ / 個人情報と定められているその他すべての情報

取り扱いに注意を要する個人情報を取集、保存するウェブページは、必ず SSL(https)対応のセキュリティ保護されたサーバー上で運営してください。また、将来の購入時に繰り返し使えるように支払い方法を保存しておく機能の有効化と無効化についても明記しておく必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。