Merchant Center 用の構造化データのマークアップについて

この記事では、構造化データのマークアップを使用して、商品データを Google Merchant Center と共有する方法について説明します。構造化データのマークアップとは、サイト上の商品データを機械が直接読み取ることができる表現形式です。HTML に加えられたマークアップによって、Google やその他の検索エンジンがコンテンツを確実に理解して処理できるようになります。詳しくは、Merchant Center 用の構造化データをサイトに設定する方法をご覧ください。

Simplify product feed management using structured data on your website

schema.org の構造化されたアノテーションを使用すると、Google が直接ウェブサイトから最新の情報を確実に取得できるようになります。Merchant Center では、構造化されたアノテーションを使用して商品データを更新し、商品フィードの作成とメンテナンスを簡素化できます。

有効な構造化マークアップによって、Google は商品データを読み取り、次の 2 つの機能を有効にすることができます。

構造化データのマークアップの仕組み

構造化データのマークアップは、ウェブサイトに追加できるアノテーション システムです。構造化データを使用すると、Google などのウェブ プラットフォームが自動的にサイトを読み取り、HTML から直接商品データを取得できるようになります。Schema.org とは構造化データのマークアップとアノテーションをまとめたもので、Google などの主要な検索エンジンやウェブ プラットフォームによってサポートされています。詳しくは、構造化データの設定についての記事をご覧ください。

構造化データのマークアップによる商品アイテムの自動更新

商品アイテムの自動更新によって、価格や在庫状況の不一致が原因で発生する一時的な不承認を防止できます。このツールを使用すると、情報が古くなることのあるフィードベースの商品データではなく、ウェブサイト上の構造化データに基づいて、Merchant Center が商品アイテムを更新できるようになります。

構造化データのマークアップを使用したフィードの構築

ウェブサイトを構造化データでアノテーション付けすると、Google スプレッドシートの Merchant Center アドオンがウェブサイトをクロールし、サポート対象の属性をウェブサイトの商品ランディング ページから直接フィードに入力したり更新したりできるようになります。

Merchant Center のアカウントに Google スプレッドシートを使用したフィードが含まれる場合は、Google Merchant Center アドオンをインストールし、[ウェブサイトから更新] タブを選択すると、ランディング ページ内のマークアップを使用してスプレッドシートを更新できます。また、アドオンから直接データを検証したり送信したりできます。詳しくは、Merchant Center に Google スプレッドシートを登録する方法をご覧ください。

構造化データのマークアップの要件

  • 構造化データのマークアップは、ウェブサーバーから返される HTML に含まれている必要があります。構造化データのマークアップは、ページが読み込まれた後に JavaScript で生成することはできません。
  • ユーザーの IP アドレスやブラウザの種類によって価格を調整するなど、ユーザーに関する情報に基づいてランディング ページを変更することはできません。
  • 構造化データは、ユーザーに表示される値と一致する必要があります。商品のランディング ページに正しくないデータを掲載すると、Google のウェブマスター向けガイドラインの違反となります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。