検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

データフィードの概要

データフィードとは、商品のリストをファイルにしたもので、さまざまな属性を指定することで各商品を一意的に定義できます。'状態' [condition] や '在庫状況' [availability] といった属性には、標準化された値を定義して選択肢から選ぶことができます。一方、'id' [id] や '商品名' [title] のように、値を自由に入力できる属性もあります。これらの属性を使用して商品アイテムを正確に定義することで、ユーザーが商品を見つけやすくなります。

各属性の使用方法や商品データの更新頻度については、いくつかのポリシーが定められています。Google ショッピングのポリシーをよく読んで、要件を理解しておいてください。

適切なファイル形式の選択

新しいデータフィードを作成する際は、ショップのニーズに適したファイル形式を選択することが重要です。サポートされている形式は、テキスト形式(.txt)と XML 形式(.xml)の一般的な 2 種類の形式です。小規模なショップの場合は、技術的な知識がそれほど必要ない .txt 形式をおすすめします。.txt 形式のデータフィードは Microsoft Excel などのスプレッドシート エディタを使って簡単に作成できます。Google スプレッドシートを使用する場合は、ユーザーが入力したテンプレートを基に自動生成されるスプレッドシートを利用するか、既存のスプレッドシートをアップロードします。

詳しくは、サポートされているファイル形式をご覧ください。

データフィードの必須属性については、フィード仕様をご覧ください。フィードのルールを使用して、商品データベースをそのままの形式でエクスポートして送信してから、直接 Google Merchant Center 内で属性や値をフィード仕様要件に合わせて変換できる場合もあります。

注: データフィード ファイルは Merchant Center に商品データを送信する方法の一例です。Google Content API for Shopping や、サポートされている e コマース プラットフォームからのインポートを使用して商品データを送信することもできます。

この記事は役に立ちましたか?