Meet のタッチスクリーンを使用する

Google カレンダーを使って作成した会議の招待状に特定の会議室を追加すると、その会議室にある Google Meet ハードウェアまたは Chromebase for meetings のタッチスクリーンに会議が表示されます。タッチスクリーンを使用して会議に参加したり、音声と動画を操作したりできます。

必要に応じて、Chromebase デバイスにキーボードとマウスを接続し、タッチスクリーンと併用することもできます。

すべて開く  |  すべて閉じる

タッチスクリーンを使って会議に参加する、参加者を追加する

予定されている会議に参加する

予定されている会議に参加するには、タッチスクリーンで会議の名前とコードをタップします。

タッチスクリーンに会議の名前またはコードが表示されない場合:

  1. 会議の招待状で、会議の名前またはコードを確認します。
  2. タッチスクリーンでコードまたは会議名を入力し、[参加] をタップします。
予定されていない会議を開始する
  1. [会議に参加または開始] 次に [参加] をタップします。
  2. 参加に必要な情報を参加者と共有します。
ビデオ会議にユーザーを追加する
  1. ユーザーを追加アイコン "" をタップします。
  2. 新しい参加者のメールアドレスを入力し、[招待状を送信] をタップします。
電話でユーザーを追加する

電話でユーザーを追加する場合、次の条件があります。

  • G Suite 管理者が Google 管理コンソールで発信機能を有効にする必要があります。詳しくは、すべてのデバイスの設定を変更するをご覧ください。
  • お使いのハードウェアが、特定の国または地域に設置されている必要があります。
  • 米国またはカナダへの通話のみサポートされます。
  • 緊急サービスへの発信には使用できません。

電話で招待されたユーザーは、音声のみで参加することになります。

電話で他のユーザーをビデオ会議に追加するには:

  1. ユーザーを追加アイコン "" 次に 通話アイコン をタップします。
  2. 電話番号を入力します。
  3. (省略可)キーパッドを開いて内線番号などの番号を追加で入力するには、参加者リストから電話番号を選択 次に ダイヤル アイコン 発信 をタップします。
  4. 通話を終了する場合は、参加者リストから電話番号を選択 次に [通話を終了] をタップします。
ユーザーに会議への参加を許可する

参加者は、会議コード、参加用電話番号、または PIN コードを使用して会議に参加できます。現在行われている会議に関するこうした情報を表示するには、[ミーティングの詳細を表示] をタップします。

タッチスクリーンを使用して音声と動画を調整する

参加者を表示、管理する

ビデオ会議中、タッチスクリーンには参加者のリストが表示されます。参加者の会議への参加とタッチスクリーンへの表示を管理するには、参加者をタップし、次のいずれかを行います。

  • 参加者をミュートするには、ミュート アイコン ミュート をタップします。参加者をミュートした場合、ミュートを解除することはできません。ミュートされた参加者が自分自身のミュートを解除する必要があります。
  • 誰が発言中であれ、特定の参加者を会議室のディスプレイに表示するには、固定アイコン をタップします。
  • ビデオ会議から参加者を削除するには、削除アイコン 削除 をタップします。削除した参加者に再度参加してもらうには、もう一度招待する必要があります。
音量を調整する、ミュートする
  • 会議室のスピーカーの音量を調整するには、音量コントロールをドラッグします。
  • 会議室をミュートするには、マイクをオフにするアイコン Turn off microphone をタップします。
  • 会議室のミュートを解除するには、マイクをオンにするアイコン Turn on microphone をタップします。
カメラを制御する
  • 会議室のカメラをオフにするには、カメラをオフにするアイコン Turn off camera をタップします。
  • 会議室のカメラをオンにするには、カメラをオンにするアイコン Turn on camera をタップします。
  • カメラを手動で制御するには、カメラを制御するアイコン Control camera をタップし、次のカメラの操作方法を参照して操作してください。
カメラの操作 操作方法
左右に振る(パン) 左矢印 Back または右矢印 右矢印 をタップします。
上下に振る(ティルト) 上矢印 上矢印 または下矢印 下矢印 をタップします。
ズームイン / ズームアウト ズームイン アイコン 拡大 またはズームアウト アイコン 縮小 をタップします。
カメラの位置を中央に戻す

[ホーム] をタップします。

カメラの自動ズームを使用する(ベータ版)

Google Meet ハードウェアに 2 台のカメラを接続している場合、自動ズームは使用できません。ビデオ会議で自動ズーム機能を使用するには、G Suite 管理者が事前にこの機能をオンにする必要があります。

会議室内のすべての参加者に自動的にズームインするようにカメラを設定できます。室内にいる参加者全員が間近に見えるため、表情を読み取ったり、視線を合わせたり、交互に発言して会話を円滑に進めたりできます。

自動ズームをオンまたはオフにするには、カメラを制御アイコン Control camera次に [オフにする] または [オンにする] をタップします。

会議を録画する(Google Meet のみ)

ビデオ会議で録画機能を使用するには、G Suite 管理者が事前に Google 管理コンソールでこの機能をオンにする必要があります。詳しくは、Meet の録画を有効または無効にするをご覧ください。

  1. 会議を開始します。
  2. [ミーティングを録画] をタップします。
  3. すべての参加者の承諾を得てから、[録画を開始] をタップします。
  4. 会議の参加者リストまたはプレゼンテーションを表示するには、[閉じる] をタップします。
  5. 会議が終了したら [録画を停止] をタップします。もう一度 [録画を停止] をタップして確定します。会議の主催者に録画へのリンクがメールで送信されます。

タッチスクリーンで共同作業を行う

HDMI ケーブルを使用してプレゼンテーションを表示する

緑色の HDMI ケーブルを使用してタッチスクリーンにノートパソコンを接続し、会議室のディスプレイにコンテンツ(スライド、アニメーション、動画、音声など)を表示できます。

コンテンツを共有するには、HDMI ケーブルをデバイスに接続します。HDMI コネクタを経由して画面と音声が会議室内の参加者にすぐに共有されます。

自分が会議に参加している場合は、画面共有を開始アイコン Present to meeting をタップして、会議の参加者全員にプレゼンテーションを行うことができます。

チャット メッセージを表示する(Google Meet のみ)
  • 新しいチャット メッセージは、通知としてディスプレイ(タッチスクリーンではない)に表示されます。
  • 会議中にチャットを表示するには、[チャット] をタップします。
  • [チャットの履歴] をタップすると、会議中のそれまでのチャット メッセージが会議室のディスプレイ画面に表示されます。ディスプレイでチャット メッセージを確認することはできますが、タッチスクリーンを使用してこれに応答することはできません。

Meet ハードウェアの設定を管理する

設定アイコン 設定 をタップすると次の項目が表示されます。

設定 説明
音声 マイクまたはスピーカーを変更するには、下矢印アイコン 下矢印 をタップして、目的のマイクまたはスピーカーを選択します。

動画

カメラを選択するには、下矢印 下矢印 をタップして表示されたリストから選択します。

ユーザー補助

自動字幕起こしまたは音声フィードバックをオンまたはオフにするには、各設定の横にあるオン オン またはオフ オフ をタップします。

ヒント:音声フィードバックのオンとオフはいつでも切り替えることができます。2 本の指で、画面上の任意の場所を 2 秒間長押ししてください。画面上のボタンなどの特定の項目を選択するには、1 本の指でその項目を長押しし、別の指でタップします。

全般
  • ディスプレイとタッチスクリーンを更新するには、[更新] をタップします。
  • Meet ハードウェア キットを再起動するには、[再起動] をタップします。
  • オープンソースのライセンスを表示するには、[表示] をタップします。

フィードバックを送信する

タッチスクリーンに関するフィードバックを送信するには、[フィードバック] をタップします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。