デバイスにカレンダーを割り当てる

Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイスを登録すると、そのデバイスを Google カレンダーの会議室のカレンダーまたは個人のカレンダーに関連付けることができます。会議室のカレンダーを 1 つのデバイスに関連付けることも、個人用カレンダーを複数のデバイスに関連付けることもできます。 

デバイスをワイプして再登録した場合は、カレンダーをデバイスにもう一度割り当てる必要があります。臨時の会議にのみ使用するデバイスには、カレンダーを割り当てる必要はありません。

ビデオ会議にカレンダーを使用する

アカウントの種類 カレンダー 説明
G Suite Google カレンダー

個々の Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイスを会議室のカレンダーまたは特定のユーザーのカレンダーに関連付けます。

Google カレンダーのビデオ会議に会議室やユーザーを追加すると、指定した時間にデバイスの画面に会議名が表示されます。

その他のサービス Microsoft Outlook 用の Google Meet アドイン Microsoft Outlook の予定にビデオ会議名を追加します。タッチスクリーンやリモコンを使ってビデオ会議名を入力することで、Google ミーティング ルーム ハードウェアからビデオ会議に参加できます。

会議室またはユーザーのデバイスを指定する

Google カレンダー 説明
会議室のカレンダー

Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイスが会議室に設置されている場合は、そのデバイスを会議室に関連付けます。ユーザーがカレンダーの予定を作成する際に、会議室を招待状に追加すると会議室を予約できます。指定された時刻になると、デバイスの画面に会議名が表示されます(限定公開の会議の場合は除きます)。

個人のカレンダー

自宅や組織以外の場所などで 1 人のユーザーのみがデバイスを使用する場合は、デバイスとそのユーザーのカレンダーを関連付けることができます。予定の主催者がユーザーをカレンダーの予定に追加すると、ユーザーのデバイスに会議名が表示されます。

個人のカレンダーは複数の Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイスと関連付けることができます。

注: 管理者のアクセス権が与えられたユーザーが Google 管理コンソールにアクセスできるまでに、最長で 24 時間ほどかかることがあります。24 時間経過しても管理コンソールにアクセスできない場合は、サポートにお問い合わせください。

カレンダーを割り当てる

デバイス登録の最後の画面に、管理コンソールにあるデバイス ページの URL が表示されます。後でこの URL が必要になった場合は、デバイスの [設定] で確認できます。ノートパソコンなどのデバイスでこの URL をコピーし、ウェブブラウザに貼り付けます。または、次の手順で操作します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[デバイス] 次に [Google Meet ハードウェア] に移動します。

    一部の機能の利用には、Google ミーティング ルーム ハードウェアでカレンダーを使用する権限が必要な場合があります。

  3. 次のいずれかを行います。
    • 組織部門やその他の条件でデバイスをフィルタします。
    • デバイス名をクリックして選択します。
      デバイスが表示されていない場合は、リストを下にスクロールして探します。次のページに移動するか、絞り込み検索が必要になることもあります。
  4. [カレンダーの割り当て] で [カレンダーを割り当てる] をクリックします。 
    注: デバイスにカレンダーが割り当てられていない場合は、[カレンダーを割り当てる] のみが表示されます。
  5. (省略可)割り当てられたカレンダーを編集するには、[カレンダーの割り当て] で下矢印 "" をクリックします。

  6. 次のいずれかを行います。
    • 会議室のカレンダー - オンにすると、会議室のカレンダーがデバイスに関連付けられます。
      • デバイスが設置されている会議室を選択して、[保存] をクリックします。
        目的の会議室がリストに表示されない場合は、[リソースを管理] をクリックして会議室名を入力し、[保存] をクリックします。その会議室を含むカレンダーの予定がデバイスに表示されるようになります。詳しくは、会議室の名前、種類、説明を編集するをご覧ください。
    • 個人のカレンダー - オンにすると、デバイスに 1 人のユーザーのカレンダーが関連付けられます。
      該当するユーザーの名前またはメールアドレスを入力し、[保存] をクリックします。
      そのユーザーを含むカレンダーの予定がデバイスに表示されます。
    • カレンダーの割り当てなし - オンにすると、割り当てられていたカレンダーがこのデバイスから削除されます。

デバイスのカレンダーを変更する

  • Google ミーティングルーム ハードウェア デバイスを別の会議室に移動する場合や、別のユーザーに渡す場合は、上記の手順でデバイスをその会議室のカレンダーやユーザーのカレンダーに割り当てます。
  • デバイスのカレンダーを削除するには、上記の手順に沿って [カレンダーの割り当てなし] を選択します。


Google、Google Workspace、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。