ビデオ会議を録画する

この機能は G Suite Enterprise と G Suite Enterprise for Education でご利用いただけます。詳細については、G Suite の各エディションの比較をご覧ください。

青色の線

ビデオ会議の主催者および主催者と同じドメイン内のユーザーは、会議を録画して、後で他のユーザーに見てもらうことができます。

録画について:

  • 録画されるのはメイン ウィンドウと参加者のフィルムストリップで、発言者と表示されたドキュメントも記録されます。その他のウィンドウと通知は録画されません。参加者を固定表示しても、録画に表示されるユーザーには影響しません。
  • 録画は主催者の Google ドライブとカレンダーの予定に保存されます。また、主催者には録画のリンクが記載されたメールが届きます。
  • 組織外のゲストと、モバイルアプリまたは電話からの参加者には、録画が開始または停止されたときに通知が届きます。ただし、これらのユーザーが録画を制御することはできません。

  • チームのプレゼンテーションを録画し、後から同僚と共有できます。
  • トレーニング用教材を録画し、オンデマンドで生徒や新しい従業員が視聴できます。
  • ユーザーが物理的に出席できない会議を録画できます。

録画を開始、停止する青色の線

  1. Meet を開き、ビデオ会議を開始するか、ビデオ会議に参加します。
  2. その他アイコン その他 次に [ミーティングを録画] をクリックします。
  3. 録画が始まるのを待ちます。 
    他の参加者には、録画の開始時と停止時に通知が届きます。
  4. 録画を終了するときは、その他 次に [録音を停止] をクリックします。
    • 全員が会議から退出した場合にも録画が停止します。
  5. もう一度 [録音を停止] をクリックして確認します。
  6. 10 分ほど待つと録画ファイルが生成され、主催者の [マイドライブ] > 「Meet の録画」用フォルダに保存されます。会議の主催者と録画を開始したユーザーには、録画へのリンクが記載されたメールも届きます。

注: この機能はパソコン版でのみご利用いただけます。モバイルアプリをご利用の場合、録画の開始時と終了時に通知が届きますが、録画を制御することはできません。

録画を再生、共有、ダウンロード、保存する青色の線

Google ドライブ

録画は予定の主催者の Google ドライブのフォルダ([マイドライブ] > 「Meet の録画」用フォルダ)に保存されます。ただし、主催者が変更された場合、またはカレンダーの予定以外の日時に会議が行われた場合は、会議へのリンクが予定の元の作成者に送信されます。

  1. ドライブを開き、録画ファイルをダブルクリックして再生します。
  2. 必要に応じて次の操作を行います。
    • 録画を共有するには、目的のファイルを選択し、共有アイコン 共有 をクリックします。または、リンクアイコン リンク をクリックして、メールやチャット メッセージにリンクを貼り付けます。
    • 録画をダウンロードするには、目的のファイルを選択し、その他アイコン その他 次に ダウンロード アイコン ダウンロード をクリックします。
    • 録画をマイドライブに追加するには、ファイルを選択してマイドライブに追加アイコン マイドライブに追加 をクリックします。

メールに記載されたリンク

会議の主催者と録画を開始したユーザーに、録画へのリンクが記載されたメールが届きます。

  1. メール内のリンクをクリックします。
  2. 録画が開くのを待ちます。
  3. 次のいずれかの項目を選択します。
    • 録画を再生するには、再生アイコン 再生 をクリックします。
    • 録画を共有するには、その他アイコン その他 次に 共有アイコン ユーザーを追加 をクリックします。ユーザー名またはメールアドレスを入力し、[完了] をクリックします。

      : リンクをコピーして共有することもできます。

    • ファイルをダウンロードするには、ダウンロード アイコン Download をクリックします。
    • 録画を現在のフォルダに追加するには、マイドライブに追加アイコン マイドライブに追加 をクリックします。

カレンダーの予定

録画は会議のカレンダーの予定に自動的にリンクされます。会議の主催者と同じドメインの参加者には、自動的に録画へのアクセス権が付与されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。