会議に参加する

Google Meet を使用してビデオ会議に参加できます。

ビデオ会議に参加できるユーザー

個人アカウント ユーザー

Gmail や他の無料アカウントで Google Meet を使用しているユーザーが個人用アカウント ユーザーです。

個人用アカウント ユーザーは以下に参加できます。

  • 個人用アカウントを持つユーザーに招待されたすべての会議
  • Google Workspace アカウントを使用しているユーザーに招待された会議の一部。 
    • ヒント: 個人の Google アカウントで他のユーザーを招待できるかどうかは Google Workspace 管理者が制御するため、あなたは、個人用アカウント ユーザーを招待することを管理者によって許可されている Workspace ユーザーが主催する会議にのみ参加できます。
重要: 参加できない会議の招待状が届く場合があります。参加しようとするとエラー ページが表示されます。

Google Workspace Individual 加入者

有料の Workspace Individual アカウントで Google Meet を使用する場合は、Google Workspace Individual 加入者とみなされます。

Workspace Individual 加入者は以下の会議に参加できます。

  • 個人用アカウントまたは Workspace Individual 加入者アカウントを持つユーザーに招待されたすべての会議
  • 別の Google Workspace アカウント ユーザーから招待された一部の会議
    ヒント: 会議の主催者が Workspace Individual アカウントで他のユーザーを招待できるかどうかは Google Workspace 管理者が制御します。このため、Workspace Individual 加入者は、Workspace Individual 加入者アカウント ユーザーを招待することを管理者によって許可されている Workspace ユーザーが主催する会議にのみ参加できます。
Google Workspace for Education ユーザー

有料の学校用アカウントで Google Meet を使用しているユーザーが Google Workspace for Education ユーザーです。

Google Workspace for Education をご利用の場合は、Google Workspace 管理者が、あなたが参加できる会議を管理します。デフォルトでは、Google Workspace ユーザーが主催するすべての会議に参加できますが、管理者が、あなたが以下の会議にのみ参加できるように設定することもできます。

  • 組織内のユーザーが主催する会議
  • Google Workspace または個人のユーザーが主催する会議

デフォルトでは、2021 年 5 月 9 日以降に作成されたアカウントを使用している高等教育機関のユーザーは、Google Workspace ユーザーが主催するすべての会議に参加できます。2021 年 5 月 9 日より前に作成されたアカウントを持つ高等教育機関のユーザーは、デフォルトで、Workspace と個人のアカウントの両方のユーザーが主催するすべての会議に参加できます。

重要: 参加できない会議の招待状が届く場合があります。参加しようとするとエラー ページが表示されます。
その他すべての Google Workspace ユーザー

有料の仕事用アカウントで Google Meet を使用しているユーザーが Google Workspace ユーザーです。

Google Workspace をご利用の場合は、Google Workspace 管理者が、あなたが参加できる会議を管理します。デフォルトでは、Google Workspace ユーザーまたは個人のユーザーが主催するすべての会議に参加できますが、管理者が、あなたが以下の会議にのみ参加できるように設定することもできます。

  • 組織内のユーザーが主催する会議
  • Google Workspace ユーザーが主催する会議のみ
重要: 参加できない会議の招待状が届く場合があります。参加しようとするとエラー ページが表示されます。

ビデオ会議への参加をリクエストする必要があるユーザー

個人アカウント ユーザー

個人用アカウントをご利用の場合は、以下のユーザーがあなたの会議に参加できます。

  • あなたが招待した個人用アカウントを使用しているユーザー
  • あなたに招待され、且つ個人の Google アカウント ユーザーが主催する会議に参加することを管理者によって許可されている Google Workspace ユーザー

Google アカウントにログインしていないユーザーは会議に参加できません。

重要: 会議に参加できないユーザーを招待した場合も、招待状が届くことがあります。会議に参加できないユーザーが参加しようとすると、エラー ページが表示されます。
Google Workspace Individual 加入者

Workspace Individual の加入者が作成した会議には、デフォルトで誰でも参加できます。個人用アカウントまたは Workspace アカウントにログインしているユーザー、Google アカウントにログインしていないユーザー、会議にダイヤルインしているユーザーはすべて参加可能です。

注: Workspace Individual 加入者が主催する会議に参加するには、あらかじめ管理者がドメイン外から会議に参加するユーザーを許可する必要があります

Google Workspace for Education ユーザー

Google Workspace for Education をご利用の場合は、デフォルトで、Google アカウント(個人用または Workspace)にログイン中か、電話でダイヤルインするユーザーなら誰でもあなたの会議に参加できます。ただし、Google Workspace 管理者の方はこの設定を変更できます。

管理者は次のいずれかの設定を選択できます。

  • 組織内のユーザー、または電話を使って会議にダイヤルインするすべてのユーザー
  • Google アカウント(個人用または Workspace)を持っているユーザー、または電話を使用して会議にダイヤルインするすべてのユーザー
  • Google アカウントにログインしていないユーザーを含むすべてのユーザー
重要: 会議に参加できないユーザーを招待した場合も、招待状が届くことがあります。会議に参加できないユーザーが参加しようとすると、エラー ページが表示されます。

その他すべての Google Workspace ユーザー

Google Workspace をご利用の場合は、デフォルトで、誰でもあなたの会議に参加できます。これには、個人用アカウントまたは Workspace アカウントにログインしているユーザー、Google アカウントにログインしていないユーザー、会議にダイヤルインしているユーザーがすべて含まれますが、この設定は Google Workspace 管理者が変更できます。

管理者は次のいずれかの設定を選択できます。

  • 組織内のユーザー、または電話を使って会議にダイヤルインするすべてのユーザー
  • Google アカウント(個人用または Workspace)を持っているユーザー、または電話を使用して会議にダイヤルインするすべてのユーザー
  • Google アカウントにログインしていないユーザーを含むすべてのユーザー
重要: 会議に参加できないユーザーを招待した場合も、招待状が届くことがあります。会議に参加できないユーザーが参加しようとすると、エラー ページが表示されます。
Google カレンダーの予定からビデオ会議に参加する
  1. Google カレンダーで、参加したい予定をクリックします。
  2. [Google Meet に参加する] をクリックします。
  3. 表示されたウィンドウで [今すぐ参加] をクリックします。
Google Workspace 管理者の方が許可している場合は、他のビデオ会議システムから参加することもできます。詳しくは、相互運用の設定についてのページをご覧ください。
Meet からビデオ会議に参加する
Meet では、予定されている会議を選択するか、会議コードまたは会議のニックネームを入力すると会議に参加できます。

予定されている会議を選択する

  1. ウェブブラウザで https://meet.google.com にアクセスします。
  2. スケジュールされている予定のリストから会議を選択します。Google Meet には、Google カレンダーでスケジュール設定された会議のみ表示されます。
  3. [今すぐ参加] をクリックします。

ヒント: 最初の 5 人については、参加時にチャイム音が鳴ります。それ以降は、新しいユーザーが参加するとサイレント通知が届きます。

会議コードまたはニックネームを入力する

  1. ウェブブラウザで https://meet.google.com にアクセスします。
  2. [会議コードまたはリンクを入力] > [参加] をクリックします。
  3. 会議コードまたはニックネームを入力します。
    • 会議コードは、会議リンクの末尾にある文字列です。ハイフンを入力する必要はありません。
    • 会議のニックネームは組織内のユーザー間でのみ使用できます。この機能は現在、Google Workspace ユーザーにのみご利用いただけます。
    • 組織で Meet ハードウェア デバイスを購入して設置されている場合は、会議コードまたは会議のニックネームをそのデバイスに入力することもできます。

    • 新しいコードを使って新しい会議を開始する場合は、この欄を空白のままにします。

  4. [続行]、[今すぐ参加] をクリックします。
Gmail からビデオ会議に参加する Join a video meeting from Google Hangouts
You can join a Google Meet video meeting from within the Google Hangouts app. Learn how to Join a video call
会議リンクの URL を使用してビデオ会議に参加する
会議のスケジュールを設定したり、会議室を予約したりする時間がない場合でも、Meet があれば、テキスト メッセージまたはメールで送られてきた会議リンクの URL をクリックするだけで、臨時のビデオ会議に参加できます。
  1. チャット メッセージまたはメールで送られてきた会議のリンクをクリックします。
  2. 画面の手順に沿って会議に参加します。
スマートフォンから会議にダイヤルインする
重要: スマートフォンから電話でダイヤルインできるのは、Google Workspace ユーザーが主催している会議に限られます。

管理者がダイヤルイン機能を有効にしている場合のみ、電話番号が設定されます。

Google Workspace 管理者の方が許可している場合、Meet ビデオ会議の開始 15 分前からダイヤルインして、会議が終了するまで音声のみで会議に参加できます。すでに会議に参加しているユーザーがアクセスを許可した場合は、すぐに参加できます。

主催者とは異なる組織に所属しているユーザーや、別の Google Workspace エディションを使用しているユーザーもダイヤルインできます。会議の画面には、ダイヤルインしたユーザーの名前(主催者の組織に所属しているユーザーの場合)または電話番号の一部(主催者の組織に所属していないユーザーの場合)が表示されます。

  • 他の参加者は、ダイヤルインするユーザーが正当な参加者であることを必ず確認するようにしてください。
  • ダイヤルインしたユーザーも参加者数としてカウントされます。
  • 通常の通話料金がかかります。

電話番号を使用して会議に参加する

ヒント: 会議が始まる前にダイヤルインしようとすると、PIN を認識できないというエラーが表示されることがあります。

予定されている会議時間内であれば、次のいずれかの方法でダイヤルインできます。

  • Google カレンダーの予定または会議の招待状に記載されている電話番号を入力します。
    次に、PIN と # を続けて入力します。
  • Meet アプリまたはカレンダー アプリで電話番号をタップします。
    PIN が自動的に入力されます。

Google Workspace のすべてのエディションで、参加用電話番号として米国の電話番号が表示されます。G Suite Basic、G Suite Business、Google Workspace Essentials、Enterprise、Education Plus エディションでは、Meet のビデオ通話で国際電話番号もサポートされます。

Meet グローバル ダイヤルをオンにしている組織では、さらに多くの国際電話番号を使用できます。ご利用の携帯通信会社の長距離通話料金と通信料がかかる場合があります。

電話をミュートする、ミュートを解除する

会議の他の参加者にミュートされた場合、または自分で次のいずれかの操作を行った場合、あなた自身がミュート状態になります。
  • *6 を押す
  • 電話の音量を最小にする
  • すでに 5 人以上が参加している会議に参加する
ミュートを解除するには、もう一度 *6 を押すか、音量を上げます。

会議へのダイヤルインに対応している国

ダイヤルインに対応している国で国名の一覧をご覧ください。

Google ミーティング ルームからビデオ会議に参加する
  • Google ミーティング ルーム ハードウェアのリモコンを使用して、予定されている会議のリストから会議を選択します。
  • Google ミーティング ルーム ハードウェア デバイスに会議コードまたはニックネームを入力します。
サードパーティのシステムからビデオ会議に参加する
会議を主催している組織が許可している場合、サードパーティの会議システムからビデオ会議に参加できます。
  1. Google カレンダーで、参加したい予定をクリックします。
  2. [その他の参加方法] を選択します。
  3. [サードパーティのシステム] を選択します。
  4. 手順に沿って、使用しているシステムから会議に参加します。

できないこと

サードパーティのシステムから参加する場合、Meet を使用してカメラやマイクなどの機能を制御することはできません。代わりに、サードパーティのシステムのコントロールを使用してください。たとえば、サードパーティのシステムから次の操作を行うことはできません。
  • 会議中のチャットの表示、書き込み
  • Meet の録画の開始、停止
  • 他の参加者の承認、ブロック
  • 他の参加者のミュート、ミュート解除
Meet の他の参加者があなたの会議室をミュートすることはできません。
Google アカウントを使用せずにビデオ会議に参加する
重要: 以下の情報は、Google Workspace ユーザーが主催する会議を対象としています。
Google アカウントがなくても、Meet のビデオ会議に参加できます。ただし、Google アカウントを持っていない場合は、会議の主催者または組織内の誰かに会議へのアクセスを許可してもらう必要があります。
ヒント: Google アカウントまたは Gmail アカウントにログインしていない場合、モバイル デバイスを使用して参加することはできません。

会議のリンクを使用してビデオ会議に参加する

  1. 会議のリンクが記載されたチャット メッセージまたはメールを開き、会議のリンクをクリックします。
  2. [参加をリクエスト] をクリックします。
  3. 会議の参加者がリクエストを承認すると、会議に参加することができます。

Meet からビデオ会議に参加する

  1. meet.google.com にアクセスします。
  2. [会議コードを使用] をクリックします。
  3. コードを入力して [続行] をクリックします。
  4. [参加をリクエスト] をクリックします。
  5. 会議の参加者がリクエストを承認すると、会議に参加することができます。

その他の注意事項

  • 会議に参加すると、あなたの会議用 ID(メールアドレス、またはダイヤルインする電話番号)が主催者のドメインと共有されます。この ID はトラブルシューティングと監査の目的にのみ使用されます。
  • 個人の Google アカウントを使用しているユーザーの場合: 会議で不正行為者として報告されたユーザーが別の会議に参加しようとすると、「このユーザーは、過去に不正行為を行った疑いがあります」というメッセージが管理者に届きます。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false