Meet の字幕翻訳(ベータ版)に登録すると、字幕のリアルタイム翻訳をテストできます。

動画と音声の設定を変更する

カメラとマイクを調整して、相手に自分の声がはっきり聞こえるようにしたり、自分の映像がはっきり見えるようにしたりできます。

カメラの設定を変更する

  1. パソコンで meet.google.com を開きます。
  2. ビデオ通話に参加します。
  3. 通話に参加する前、または通話中に、その他アイコン "" 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  4. 左側にある [動画次に [カメラ] をクリックします。
  5. 設定を選択します。
  6. 右上の閉じるアイコン をクリックします。
 

パソコンのカメラとビデオの画質を変更する

次の状況では、ビデオの画質を下げることをおすすめします。

  • 動画や音声が遅れる
  • ネットワーク接続が不安定になっている
  • 電池残量が少なくなっている
  • 利用できるデータ量が制限されている
  • その他の品質問題

カメラまたは動画の解像度を変更する

  1. ウェブブラウザで、meet.google.com/ を開きます。
  2. 設定アイコン 設定 次に [動画] をクリックします。
  3. 変更する設定を選択します。
    • [カメラ] - 使用するカメラを選択します。カメラが正常に動作していれば、[動画] セクションの右端に動画フィードが表示されます。
    • [送信時の解像度] - 他の参加者に表示される自分の映像の画質。
    • [受信時の解像度] - 自分に表示される他の参加者の映像の画質。
  4. [完了] をクリックします。

解像度の設定オプション

送信時の解像度(最高)

  • 高解像度(720p) - クアッドコアまたはそれ以上の CPU が搭載されたパソコンでご利用いただけます。使用するデータ量が増えますが、カメラからより高画質の映像を送信できます。
  • 標準解像度(360p) - 使用するデータ量は少なくてすみますが、カメラから送信される映像の画質は低下します。

受信時の解像度(最高)

  • 高解像度(720p) - クアッドコアまたはそれ以上の CPU が搭載されたパソコンでご利用いただけます。使用するデータ量が増えますが、映像を高画質で表示できます。
  • 標準解像度(360p) - 使用するデータ量は少なくてすみますが、表示される映像の画質は低下します。
  • 標準解像度(360p)(単一フィード) - 参加者のサムネイルをオフにして、使用するデータ量をさらに減らします。
  • 音声のみ - 映像を表示しないようにして、使用するデータ量を最小限にします。

スピーカーとマイクの設定を変更する

ヒント: マイクと外部スピーカーの組み合わせが適切でない場合、エコーが発生することがあります。音質を良くするには、ヘッドセットの使用をおすすめします。
  1. パソコンで、次の設定を行います。
    • 会議がはじまる前に Meet にアクセスします。
    • 会議がはじまったら、その他アイコン "" をクリックします。
  2. 設定アイコン "" をクリックします。
  3. [音声] 次に 変更する設定をクリックします。
    • マイク
    • スピーカー
  4. (省略可)スピーカーをテストするには、[テスト] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。

映像の自動露出調整をオンにする

重要: この設定はパソコンと iOS デバイスでのみご利用いただけます。

映像の自動露出調整をオンにすると、Meet が露出不足の有無を検出して、露出が不足しているときは明るさを自動的に調整します。露出が不足していて、ご利用のデバイスが自動最適化に対応している場合、この機能をオンにすることをおすすめするメッセージが Meet に表示されます。露出が自動調整されないようにするには、映像の自動露出調整をオフにしてください。

必要なもの

  • この機能に対応しているブラウザ バージョン:
  • ハードウェア アクセラレーションが有効になっている Chrome。
  • WebGL 対応のブラウザ。
  • 64 ビット版オペレーティング システム。

ハードウェア アクセラレーションを有効にする

Windows または Mac でハードウェア アクセラレーションをオンにするには:

  1. Chrome ウィンドウの右上にあるメニュー アイコン その他 次の操作 [設定] をクリックします。
  2. 左側の [詳細設定] の横にある下矢印 下向き矢印 をクリックします。
  3. システム アイコン Wrench をクリックします。
  4. [ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する] をオンにします。
  5. Chrome を再起動します。

WebGL に対応していることを確認する

ご利用のブラウザが WebGL に対応しているかどうかを webglreport.com でチェックし、[Major Performance Caletat] が [No] とマークされていることを確認します。デバイスが不安定になったり、クラッシュしたりする場合は、ブラウザが WebGL を無効にすることがあります。不安定な WebGL デバイスで WebGL を強制適用することはできません。場合によっては、グラフィック カード ドライバを更新したり、ブラウザを再起動したりすると問題が解決することがあります。WebGL 対応に関する詳細

自動最適化

自動最適化は、ハイパースレッディングを搭載した 2 コア以上のデバイスでのみ利用できます。

  1. パソコンで meet.google.com を開きます。
  2. ビデオ通話に参加します。
  3. 通話に参加する前、または通話中に、その他アイコン "" 次に 設定アイコン "" をクリックします。
  4. 左側にある [動画次に 「映像の露出を調整する」アイコン  をクリックします。 

露出の自動調整を有効にすると、デバイスの動作が遅くなることがあります。パソコン上の他のアプリの動作速度を上げるには、この機能をオフにすることをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false