通知

Duo と Meet が新しい Meet アプリに統合されました。Meet(従来)のユーザーは新しいアプリをダウンロードできます。

画質と音質の改善

映像と音声の設定を変更して、相手に自分の声がはっきり聞こえるようにしたり、自分の映像がはっきり見えるようにしたりできます。

ヒント: 会議に参加する前に、どの周辺機器が接続されていて利用可能であるかを簡単に確認できます。詳しくは、Google Meet で映像と音声を確認する方法をご覧ください。

パソコンのカメラとビデオの画質を変更する

次の状況では、ビデオの画質を下げることをおすすめします。

  • 動画や音声が遅れる
  • ネットワーク接続が不安定になっている
  • 電池残量が少なくなっている
  • 利用できるデータ量が制限されている
  • その他の品質問題

カメラまたは動画の解像度を変更する

  1. ウェブブラウザで、meet.google.com/ を開きます。
  2. 設定アイコン 設定 次へ [動画] をクリックします。
  3. 変更する設定を選択します。
    • [カメラ] - 使用するカメラを選択します。カメラが正常に動作していれば、[動画] セクションの右端に動画フィードが表示されます。
    • [送信時の解像度] - 他の参加者に表示される自分の映像の画質。
    • [受信時の解像度] - 自分に表示される他の参加者の映像の画質。
  4. [完了] をクリックします。
解像度の設定オプションの詳細

送信時の解像度(最高)

  • フル HD(1080p) - このオプションは、1080p のカメラと十分なコンピューティング能力を備えたパソコンでのみ使用できます。使用するデータ量は最も多くなりますが、カメラから高画質の画像が送信されます。
  • 高解像度(720p) - 使用するデータ量は多くなりますが、カメラから高画質の画像が送信されます。
  • 標準解像度(360p) - 使用するデータ量は少なくてすみますが、カメラから送信される映像の画質は低下します。

受信時の解像度(最高)

  • フル HD(1080p) - 使用するデータ量は最も多くなりますが、最高画質になります。
  • 高解像度(720p) - 使用するデータ使用量は多くなりますが、高画質になります。
  • 標準解像度(360p) - (単一フィード)参加者のサムネイルをオフにして、使用するデータ量をさらに減らします。
  • 音声のみ - 映像を表示せず、使用するデータ量を最小限にします。
1080p の動画に対応している Google Workspace の各エディション

1080p の動画は、対応デバイスがあれば誰でも視聴できます。1080p の動画を送信できるのは、以下のエディションのみです。

  • Business Plus
  • Business Standard
  • Education Plus
  • Enterprise Essentials
  • Enterprise Plus
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Starter
  • Google One メンバーシップ(保存容量が 2 TB 以上)
  • Google Workspace Individual
  • Teaching & Learning Upgrade

動画のフレーム処理をオンにする

動画のフレーム処理は、以下の Google Workspace エディションでご利用いただけます。
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Starter
  • Enterprise Essentials
  • Enterprise Standard
  • Enterprise Plus
  • Education Plus
  • Teaching and Learning Upgrade アカウント
  • Workspace Individual
  • Google One メンバーシップ(保存容量が 2 TB 以上)
動画のフレーム処理に必要なもの

必要なもの:

  • 動画のフレーム処理に対応しているブラウザ バージョン:
  • WebGL 対応のブラウザ。
  • ハードウェア アクセラレーションがオンになっている。

ハードウェア アクセラレーションを有効にする

Windows または Mac の場合:

  1. Chrome ウィンドウの右上にあるメニュー アイコン 次に [設定] をクリックします。
  2. 左側の [詳細設定] の横にある下矢印 下向き矢印 をクリックします。
  3. [システム] Wrench をクリックします。
  4. 可能な場合は、「ハードウェア アクセラレーションを使用する」を有効にします。
  5. Chrome を再起動します。

WebGL に対応していることを確認する

ご利用のブラウザが WebGL に対応しているかどうかを webglreport.com でチェックし、[Major Performance Caveat] が [No] とマークされていることを確認します。

デバイスが不安定になったり、クラッシュしたりする場合は、ブラウザが WebGL を無効にすることがあります。不安定な WebGL デバイスで WebGL を強制適用することはできません。場合によっては、グラフィック カード ドライバを更新したり、ブラウザを再起動したりすると問題が解決することがあります。WebGL 対応に関する詳細

動画のフレーム処理と露出の自動最適化

自動最適化は、ハイパースレッディングを搭載した 2 コア以上のデバイスでのみ利用できます。

以下の場合、通話が開始してフレーム処理がオンになると、Meet で動画の再フレーム処理または中央合わせが行われます。

  • カメラから遠すぎる。
  • 中央に配置されていない。画面中央にない場合は、自分を中央に表示し直すこともできます。

ご利用のデバイスが自動最適化に対応している場合:

  • Meet でこの機能を有効にするように求められます。
  • フレーム処理の調整を Meet に任せたくない場合は、この機能を無効にします。

動画のフレーム処理をオンにするには:

  1. パソコンで Google Meet を開きます。
  2. ビデオ会議を選択します。
  3. 通話に参加する前、または通話中に、その他アイコン 次に [ビジュアル エフェクトを適用] アイコン をクリックします。
  4. [表示] 次に をクリックし、[フレーミング] アイコン を有効にします。

動画を中央に表示し直す

参加者の気が散らないよう、Meet では最初のフレーム処理の後にユーザーを中央に表示し直すことはありません。会議中に自分を中央に表示し直す方法は次のとおりです。

セルフビュー タイル

  1. セルフビュー タイルにカーソルを合わせます。
  2. その他アイコン 次に [再フレーム] をクリックします。

その他のオプション メニュー

  1. その他アイコン 次に [ビジュアル エフェクトを適用] アイコン をクリックします。
  2. [表示] 次に [再フレーム] をクリックします。

映像の自動露出調整をオンにする

重要: この設定はパソコン、iPhone、iPad でのみご利用いただけます。Gemini EnterpriseGemini BusinessGoogle One AI プレミアムをご利用の場合、または Workspace Labs の Trusted Tester である場合は、スタジオライトを使用してください

映像の自動露出調整をオンにすると、Meet が露出不足の有無を検出して、露出が不足しているときは明るさを自動的に調整します。露出が不足していて、ご利用のデバイスが自動最適化に対応している場合、この機能をオンにすることをおすすめするメッセージが Meet に表示されます。露出が自動調整されないようにするには、映像の自動露出調整をオフにしてください。

リアルタイム動画がデバイスでスムーズに実行されるようにするには、背景の露出調整がクラウド上で処理されるようにしてください。この機能は、バッテリーとプロセッサの消費電力を節約し、ビデオ会議の品質を最適化します。

パソコンでビジュアル エフェクトを適用するための要件
  • WebGL と映像の自動露出調整に対応しているブラウザのバージョン:
  • ハードウェア アクセラレーションをオンにします。

ハードウェア アクセラレーションを有効にする

Windows または Mac でハードウェア アクセラレーションをオンにするには:

  1. Chrome ウィンドウの右上にあるメニュー アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  2. 左側の [詳細設定] の横にある下矢印 下向き矢印 をクリックします。
  3. システム アイコン Wrench をクリックします。
  4. [ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する] をオンにします。
  5. Chrome を再起動します。

WebGL に対応していることを確認する

ご利用のブラウザが WebGL に対応しているかどうかを webglreport.com でチェックし、[Major Performance Caletat] が [No] とマークされていることを確認します。デバイスが不安定になったり、クラッシュしたりする場合は、ブラウザが WebGL を無効にすることがあります。不安定な WebGL デバイスで WebGL を強制適用することはできません。場合によっては、グラフィック カード ドライバを更新したり、ブラウザを再起動したりすると問題が解決することがあります。WebGL 対応に関する詳細

Meet によってデバイスとクラウドベース間で処理が調整される

デバイスとクラウドベース間でのエフェクト処理の調整は、Meet によって自動的に行われます。以下のデバイスではクラウドベースのエフェクト処理が優先されます。

  • 4 コア以下の CPU(論理コアは 8 個未満)を搭載している
  • 仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)を使用している

ヒント: VDI を使用しているものの GPU を使用できない場合は、クラウドベースのエフェクト処理が使用されます。その結果、ご利用いただける機能が制限される場合があります。詳しくは、会議用にネットワークを準備する方法をご覧ください

動画のフレーム処理と照明の自動最適化

自動最適化は、ハイパースレッディングを搭載した 2 コア以上のデバイスでのみ利用できます。

クラウドベースのエフェクト処理の要件

デバイスとクラウドベース間でのエフェクト処理の調整は、Meet によって自動的に行われます。以下のデバイスではクラウドベースのエフェクト処理が優先されます。

  • 4 コア以下の CPU(論理コアは 8 個未満)を搭載している
  • 仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)を使用している

この機能は現在、デバイスベースの処理要件を満たしている Windows、ChromeOS、Linux パソコンでご利用いただけます。

現在、クラウドベースの処理が可能なエフェクトは以下のとおりです。

  • キュレートされた静止背景画像(VDI では使用できません)
  • ぼかし
  • 露出調整

重要: クラウド アクセラレータを使用するビジュアル エフェクトは、以下の地域の Google Workspace Business Standard、Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Workspace Individual でご利用いただけます。

  • 中央アジア
  • ヨーロッパ
  • アフリカ大陸北部
  • 北米
  • 東南アジア

今後、対応地域を拡大していく予定です。

  1. パソコンで meet.google.com を開きます。
  2. ビデオ会議に参加します。
  3. 会議に参加する前、または会議中に、その他アイコン  次に 設定アイコン をクリックします。
  4. 左側にある [動画次へ 「映像の露出を調整する」アイコン  をクリックします。 

露出の自動調整を有効にすると、デバイスの動作が遅くなることがあります。パソコン上の他のアプリの動作速度を上げるには、この機能をオフにすることをおすすめします。

ポートレート レタッチをオンにする

会議前や会議中に、顔の映りを軽くレタッチできます。次の中から選択できます。

  • 軽微なレタッチ: 美肌効果、目袋を明るくする、白目の軽微な美白。
  • スムーズ: 美肌効果、目袋を明るくする、白目のよりはっきりとした美白効果。
  1. 会議に参加する前に、セルフビューの下部にある「ビジュアル エフェクトを適用」アイコン をクリックします。
    • 会議中にセルフビューにカーソルを合わせます。中央の「ビジュアル エフェクトを適用」アイコン をクリックします。 
  2. [表示] 次へ をクリックして [ポートレート レタッチ] を有効にします
  3. プルダウンからオプションを選択します。
    • 軽微なレタッチ
    • スムーズ
ポートレート レタッチ対応エディションについて
  • Google One
  • Google Workspace Individual
  • Enterprise Essentials
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise Starter
  • Enterprise Standard
  • Enterprise / ESKU(従来版)
  • Enterprise Plus
  • G Suite ESKU
  • Teaching and Learning Upgrade
  • Education Plus
パソコンでビジュアル エフェクトを適用するための要件
  • WebGL と映像の自動露出調整に対応しているブラウザのバージョン:
  • ハードウェア アクセラレーションをオンにします。

ハードウェア アクセラレーションを有効にする

Windows または Mac でハードウェア アクセラレーションをオンにするには:

  1. Chrome ウィンドウの右上にあるメニュー アイコン その他 次に [設定] をクリックします。
  2. 左側の [詳細設定] の横にある下矢印 下向き矢印 をクリックします。
  3. システム アイコン Wrench をクリックします。
  4. [ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する] をオンにします。
  5. Chrome を再起動します。

WebGL に対応していることを確認する

ご利用のブラウザが WebGL に対応しているかどうかを webglreport.com でチェックし、[Major Performance Caletat] が [No] とマークされていることを確認します。デバイスが不安定になったり、クラッシュしたりする場合は、ブラウザが WebGL を無効にすることがあります。不安定な WebGL デバイスで WebGL を強制適用することはできません。場合によっては、グラフィック カード ドライバを更新したり、ブラウザを再起動したりすると問題が解決することがあります。WebGL 対応に関する詳細

true
Android 向けの新しい Meet アプリを入手する

Google Meet は、あらゆるデバイスでビデオ通話とビデオ会議を利用できるアプリです。楽しいフィルタやエフェクト、全員が参加できる開始時間の設定といった、ビデオ通話用の各種機能をご利用いただけます。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
15639348364818798089
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true