Outlook に Meet のビデオ会議を追加する

チームでの Google Meet のご利用を希望される場合は、G Suite Essentials を 2020 年 9 月 30 日まで無料でご利用いただけます。今すぐお試しください

Microsoft Outlook 向け Google Meet アドインを使用すると、Microsoft Outlook のイベントまたはメールに Google Meet のビデオ会議を簡単に追加できます。

参加者は、Outlook のイベントに追加されているビデオ会議のリンクをクリックすると会議に参加できます。G Suite アカウントを使用して主催される会議の場合、ユーザーは記載されている電話番号を使用して、スマートフォンからダイヤルインすることもできます。会議が始まってから、他のユーザーをビデオ会議に招待することも可能です。

職場または学校で Meet を使用している場合でも、組織外の参加者を Outlook のイベントまたはメールに追加することができます。組織外のユーザーから会議への参加リクエストがあった場合は、組織内のユーザーが参加を承諾する必要があります。

すべて開く  |  すべて閉じる

始める前に

青緑色の線

Windows パソコンを使用して職場や学校で Meet を利用する場合は、Outlook 向け Meet やその他の便利な機能を含む DriveFS をインストールします。

Mac または Windows パソコンに Outlook 向けアドインのみをインストールすることもできます。

オプション 1: DriveFS と付属の Outlook プラグインをインストールする

Windows パソコンでのみサポートされています。

Windows パソコンを使用して職場や学校で Meet を利用する場合は、Google ドライブ ファイル ストリームをインストールします。付属のプラグインを使用すると、Outlook のメールやイベントに Meet のビデオ会議を追加したり、Google ドライブのファイルを添付したりできます。

Windows パソコンに DriveFS をインストールすることも、G Suite 管理者からすべてのユーザーに対して DriveFS をデプロイすることもできます。

要件

  • Windows パソコン
  • ドライブ ファイル ストリームのバージョン 39 以降
  • Google アカウント(Gmail や G Suite など)

未対応

Outlook 向け Meet アドインがサポートされていないモバイル デバイス

次のいずれかをご利用の場合は、代わりに Meet アドインをインストールしてください。

  • Mac パソコン
  • Outlook Online

関連トピック

オプション 2: Meet アドインをインストールする

個人の Google アカウント、Mac パソコン、または Outlook Online を使用して Meet を利用する場合、あるいは Google ドライブを使用せずに Meet を利用する場合は、Meet アドインのみをインストールします。

  1. AppSource で Google Meet Add-In のページにアクセスします。
  2. [今すぐ入手する] をクリックします。
  3. 手順に沿って Google Meet Add-In をインストールします。

要件

Outlook 向け Meet アドインを使用するには、以下のものが必要です。

  1. Google アカウント(Gmail や G Suite など)
  2. Windows 版 Outlook 2016 または 2019、Mac 版 Outlook 2016、または Outlook on the web を使用しているパソコン
  3. G Suite Sync for Microsoft Outlook(GSSMO)(Outlook と Google アカウント間でデータを同期)

Microsoft Exchange の要件

Exchange の管理者は、Exchange Online またはオンプレミスの Exchange に対して以下を有効にする必要があります。

  • Exchange Online、または Mailbox API 要件セット 1.4 をサポートしている Exchange 2019 のオンプレミス バージョン
  • アドインのインストール
  • Microsoft AppSource へのアクセス

組織の Exchange のバージョンについては、サーバーアカウントに関する Microsoft のドキュメントをご覧ください。

未対応

  • Outlook 向け Meet アドインに対応していないモバイル デバイスでは、Outlook のイベントを作成して Meet のビデオ会議を追加することはできません。

青緑色の線

Outlook のメールまたは予定表に Meet のビデオ会議を追加する

アドインをインストールすると、Outlook のメールまたは予定表のイベントに Meet アイコン "" が表示されます。

Meet のビデオ会議を追加するには:

  1. Meet アイコン "" をクリックします。
  2. メッセージが表示されたら、Google アカウント(Gmail や G Suite など)でログインします。

このビデオ会議に参加するために必要な情報がメールまたは予定表の招待状に追加されます。

ビデオ会議にゲストを招待して追加する

Outlook の予定表のイベントにゲストを追加すると、そのゲストも会議に参加できるようになります。

ゲストが Google Meet ハードウェアを使用している場合は、ビデオ会議コードをゲストに送信することもできます。会議コードを受け取ったゲストは、タッチスクリーンまたはリモコンを使用してそのコードを入力すると会議に参加できます。

さらに、ビデオ会議中にゲストを招待することも可能です。詳しくは、ビデオ会議のユーザーを追加または削除する手順についての記事をご覧ください。

ビデオ会議に参加する

青緑色の線

ビデオ会議に参加するには、ビデオ会議の URL をクリックします。記載されている電話番号を使用して、スマートフォンから会議にダイヤルインすることもできます。

Google Meet ハードウェアを使用している場合は、タッチスクリーンまたはリモコンを使用して会議コードを入力します。

 Outlook 向けドライブ ファイル ストリームに関するよくある質問

青緑色の線

Mac にドライブ ファイル ストリームをインストールしたのに、Outlook に Meet ボタンが表示されないのはなぜですか?

ドライブ ファイル ストリームの Meet アドインは Windows パソコンでのみサポートされます。AppSource から Meet アドインをインストールしてください。

Outlook 向け Meet アドインに関するよくある質問

青緑色の線

アドインをインストールしようとするとエラーが発生するのはなぜですか?

Google アカウントにログインしていることと、パソコンが Google Meet アドインの要件を満たしていることを確認してください。

Microsoft Exchange をご利用の場合は、Microsoft Exchange の要件について Exchange の管理者の方にお問い合わせください。

G Suite を使用していない場合でも、Microsoft Outlook 向け Meet アドインを使うことはできますか?

はい。Gmail などの Google アカウントにログインしていて、Meet アドインをインストール済みの場合は、Outlook のイベントまたはメールに Meet のビデオ会議を追加できます。

G Suite をご利用でない場合でも、招待されたビデオ会議に参加できます。参加にアドインは必要ありません。

G Suite を利用している場合、Meet アドインを使用して組織外のユーザーを招待できますか?

はい。Meet の詳細情報が含まれている Outlook のイベントまたはメールに組織外のユーザーを追加できます。

組織外のユーザーも会議への参加をリクエストすることができ、会議の参加者がそのリクエストを承諾すると、当該のユーザーが会議に追加されます。

メールと予定表に Meet アドインのボタンが表示されないようにするにはどうすればよいですか?
  1. Outlook でリボンを右クリック 次に [リボンのユーザー設定] をクリックします。
  2. [ホーム] で Meet のグループを選択し、[削除] をクリックします。
Outlook for Mac と Outlook on the Web で Microsoft Outlook 向け Meet アドインを使用できますか?

関連トピック

青緑色の線


Google、G Suite、および関連するマークとロゴは、Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は、関連各社の商標または登録商標です。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。