ユーザー補助機能

身体に障害のあるユーザーでも、ユーザー補助機能を活用すれば Meet の主要な機能を使用することができます。

ビデオ会議で字幕を使うと、聴覚に障がいのあるユーザーが会議の内容を把握しやすくなります。

Chrome ウェブブラウザは読み上げ機能と拡大鏡をサポートしており、視力の弱いユーザーにフルページのズームや高コントラストでの表示などの機能や、拡張機能を提供しています。

ビデオ通話で使用できるキーボード ショートカットがあります。ビデオ通話のどの画面からでも、? キーを押すと一覧を表示できます。

 

詳細は Google ユーザー補助機能ガイドと参考資料に記載されています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。